プラネットコースターを快適に遊ぶためのスペックとゲーミングPC

プラネットコースターはちょっと変わったテーマパーク運営シミュレーションゲームです。

これからプレイしようと考えている方に向けてプラネットコースターの特徴や、必要なゲーミングPCの動作スペック、そして快適に楽しむためのオススメゲーミングPCを紹介していきたいと思います。

出典: www.planetcoaster.com

 

プラネットコースターってどんなゲーム?

プラネットコースターは自由度の高い遊園地経営シミュレーションです。

1000種類以上のパーツを使って歩道を敷き、景観を整備して、様々なアトラクションを設置して理想の遊園地を作り上げる事が出来ます。

タイトルに「コースター」と入っているように、特にジェットコースターに関しては力が入っておりコースを自分で作成するのはもちろんの事、お客様目線で自分のジェットコースターを体験できるなど遊園地好きの人やそうでもない人も楽しめる内容になっています。

プラネットコースターはコミュニティ面にも力が入っていて、自分で作った遊園地を公開することはもちろん、他の人が作った遊園地で遊べる点も魅力の1つです。

3つのプレイモード

プラネットコースターには3つのプレイモードが収録されており、自分に合った楽しみ方が出来ます。

・キャリアモード

俗に言うシナリオモードです。
既にある程度作られた遊園地から始めて、与えられた目標を達成していくモードです。

・チャレンジモード

遊園地を経営できるシミュレーションモードです。
理想の遊園地を目指しつつ、いかに集客してお金を稼ぐかの運営手腕が試されます。
サンドボックスモードと違いアトラクションもロックされた状態から始まるので、徐々に遊園地を拡張していく楽しみ方が出来ます。

・サンドボックスモード

お金の制限がないので自由に遊園地を創造できるモードです。
アトラクションや建物もいくらでも建てれるので好きなだけ遊園地作りを楽しめます。
実在する遊園地を作るなど、遊園地作りに拘りたい方にオススメのモードです。

プラネットコースターの必要スペック考察

“最低”動作スペック

公式サイトに記載されている動作環境によると、必要スペックは以下のようです。

OS Windows 7 (SP1+)/8.1/10 64bit
CPU Intel i5-2300/AMD FX-4300
メモリー 8 GB RAM
グラフィック nVidia GTX 560 (2GB)/AMD Radeon 7850 (2GB)
DirectX Version 11
ストレージ  8 GB 利用可能

GTX560は2011年頃のエントリーモデルのグラフィックボードなので、現行モデルであればGTX1050で最低動作スペックは満たせそうです。

あくまで最低動作スペックなので高画質やfpsのスコアは望めません。
参考程度に考えましょう。

推奨動作スペック

OS Windows 7 (SP1+)/8.1/10 64bit
CPU Intel i7-4770/AMD FX-8350
メモリー 12 GB RAM
グラフィック nVidia GTX 980 (4GB)/AMD R9 380 (4GB)
DirectX Version 11
ストレージ  8 GB 利用可能

前世代のハイエンドグラフィックボードのGTX 980 (4GB)が推奨のようですね、現行モデルであればミドルクラスグラフィックボードのGTX1060と同等と言えるでしょう。

現行モデルのGTX1060の方が安価なうえ、消費電力も低いのでどちらかを選ぶのならGTX1060がオススメです。

GTX1070であればFHDで60FPS出るようなので予算があるようでしたらGTX1070以上を積みたいですね。

メモリが12GBとありますが、8GB一枚から増設などの特殊な場合を除き、新しく組む場合は8GB二枚の16GBで組めば問題ないでしょう。

おすすめゲーミングPC

最低限遊べればいい方向けのゲーミングPC

最低動作環境を満たしながら、10万円を切るモデルならツクモの「G-GEAR GA7J-B91/T2」がおすすめです。

G-GEAR GA7J-B91/T2

価格 … 8,4800円(税別)

CPU Core i5-7400
メモリ GeForce GTX 1050
グラフィック PC4-19200 DDR4 8GB (4GBx2)
ストレージ 1TB HDD

ただし、あくまで最低動作環境なのでゲーム中は画質設定を落としてプレイする必要が出てくるかと思います。

予算の余裕があればSSD化、グラフィックボードの強化、メモリの増設などのカスタマイズも出来るので求めるものにあわせてカスタマイズすると良いでしょう。

コスパ重視で快適に楽しむ為のゲーミングPC

コストパフォーマンスを重視しつつ性能の良いモデルなら15万円以下で買えるドスパラの「ガレリア XV 7500」がおすすめです。

ガレリア XV 7500

価格 … 149,980円 (税別)

CPU Core i5-7500
メモリ DDR4 SDRAM 8GB
グラフィック GeForce GTX 1070 Ti
ストレージ SSD 240GB、HDD 1TB

CPUがi5 7500、グラフィックボードにGTX1070Ti搭載でFHDでプラネットコースターをプレイするには充分な性能です。
デフォルトだとメモリが8GBなので16GBにカスタマイズすると良いでしょう。

最高環境 4K解像度で楽しむ

プラネットコースターを最高環境でプレイするのであれば、「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」搭載機のハイスペックゲーミングPCが必要です。

GTX 1080Tiを積んだおすすめPCとして「ガレリアZZ」を紹介します。

ガレリアZZ

価格 … 249,980円(税別)

CPU Intel Core i7-8700K
メモリ DDR4 SDRAM 16GB
グラフィック GeForce GTX 1080 Ti
ストレージ SSD500GB / HDD3TB

「i7 8700K」「GTX 1080 Ti」搭載でプラネットコースターは勿論のこと、最新のゲームのほとんどを最高環境で快適に遊べるでしょう

また、プラネットコースターは4k解像度(3840×2160)に対応しているので、4K解像度でプレイする際は4K対応のモニターも揃えましょう。

結構な値段しますので、PC本体の予算と併せて検討する必要があるでしょう。

価格情報を読み込み中...

ノートPCでプレイするには?

ゲーミングノートPCには携帯性という長所がありますが、小型化している分どうしても値段が高くなります。

またノートPCは拡張性が低いので中途半端なものを買うとパーツの交換も出来ず、ゲームのプレイも快適とは言えず…と泣き寝入りになってしまいます。
出来ればスペックに余裕のあるものを選びたいですね。

「New Inspiron 15 7000」であれば推奨スペックは満たしますし、DELLは頻繁にセールを行うのでタイミングがよければよりお買い得に買えるかもしれませんね。

New Inspiron 15 7000

価格 … 199,800円(税別)

CPU Core i7-7700HQ クワッド コア
メモリ 16GB, DDR4, 2400MHz
グラフィック GeForce GTX 1060
ストレージ SSD 256GB、HDD 1TB

まとめ

一般的にシミュレーションゲームは「グラフィックは二の次…」という事が多いですが、プラネットコースターは「自分の作った遊園地を眺める」というのも楽しみの一つなので出来れば高解像度で遊びたいですね。

ゲーミングPCの性能は値段に比例するので、各々の予算に合わせて最適なゲーミングPCを見つけていただければと思います。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。