UQモバイルでスマホゲームが快適に!料金、速度、端末選びの疑問を解消!

みなさんはどこのスマホ会社を使っていますか?

最近は端末のハイスペック化もあって、月々の支払いは増えるばかり。
ドコモ、au、ソフトバンク以外の選択肢を検討する人も増えています。

いわゆる「格安携帯」にもいくつかのブランドがありますが、今回紹介するのはUQモバイルです。
料金は本当に安くなるのか、通信速度は大丈夫なのかなど、気になることをまとめました。

auのサブブランド

UQモバイルは、auのサブブランドにあたります。
auより価格帯の安いプランを提供するためのブランドと考えるのが良いでしょう。

ソフトバンクにおけるヤフーモバイルと同じ関係です。

サブブランドならではの安定感、安心感で、格安ブランドの中では一歩前に出ている存在です。

通信速度

従来のキャリアを使っている人が、UQモバイルなど格安携帯に乗り換えるときに心配するのが、
「通信速度が遅いんじゃないの?」
という点です。

以下のデータをご覧ください。
こちらはMMD研究所という第三者の調査期間が、格安スマホの通信速度について調査した結果です。


出典: www.uqwimax.jp

主要ブランドの中でも、UQモバイルはトップの成績を残していることが分かります。

この表にはありませんが、同じau回線を利用しているブランドと比較しても、その速度はかなり速くなっています。
UQモバイルはauのサブブランドですから、通信速度を優遇されているという話もあります。

なお2018年10月からは、通信会社が回線を提供する際に、差別的な扱いをすることが禁止されます。
実際に差別しているかについてはなんとも言えませんが、もしかしたらほかのブランドとの速度差は縮まってくるのかもしれません。

通信エリア


出典: www.uqwimax.jp

UQモバイルはauの4GLTEを使用しています。
そのため通信エリアは、auと同じです。

人口カバー率は99%ですので、普通に利用する上で困ることはまずないでしょう。

料金

UQモバイルの標準的な料金プランを紹介します。
なおこれとは別に端末料金がかかりますのでご注意ください。
端末を自分で用意し、SIMのみを契約する場合、端末料金は必要ありません。

無料通話つきプラン

まずは無料通話つきプランです。

おしゃべりプランS おしゃべりプランM おしゃべりプランL
月額料金 1年目1,980円/月

2年目は+1,000円/月

1年目2,980円/月

2年目は+1,000円/月

1年目4,980円/月

2年目は+1,000円/月

通話 国内かけ放題(1回5分以内) 国内かけ放題(1回5分以内) 国内かけ放題(1回5分以内)
データ容量
※増量オプション適用時
最大3GB/月 最大9GB/月 最大21GB/月
ぴったりプランS ぴったりプランM ぴったりプランL
月額料金 1年目1,980円/月

2年目は+1,000円/月

1年目2,980円/月

2年目は+1,000円/月

1年目4,980円/月

2年目は+1,000円/月

通話
※増量オプション適用時
最大60分/月 最大120分/月 最大180分/月
データ容量
※増量オプション適用時
最大3GB/月 最大9GB/月 最大21GB/月

この料金のほか、家族割が適用されると1年間に限り-500円となります。
適用条件についてはそれぞれ確認してください。

データ容量を「最大」と表記しているのは、本来のデータ料金に追加のオプション料金を支払った場合の容量だからです。
なお執筆時点では増額のためのオプション料金が2年間無料ですので、追加料金無しにこのデータ量を使うことができます。

2年が経過した時点では、プランをしっかり見直したほうがいいでしょう。

なお契約期間は2年で自動更新となります。
一定の期間内以外での解約については、解約料が必要となります。

無料通話なしプラン

続いては無料通話がついていないプランです。

データ高速プラン データ高速
+音声通話プラン
データ無制限プラン データ無制限プラン
+音声通話プラン
月額料金 980円/月 1,680円/月 1,980円/月 2,680円/月
データ容量 3GB/月 3GB/月 無制限

(送受信最大500kbss)

無制限

(送受信最大500kbss)

通話 30秒ごと20円 30秒ごと20円

音声通話つきプランの場合、1年間の最低利用期間が設けられています。
それより前に解約する場合、解約料が必要となります。

音声通話なしの場合、最低利用期間は設けられていませんので、いつでも解約することができます。

プランの選び方

無料通話の有無

まずは無料通話が必要かどうかを判断しましょう。

最近はLINEなど、インターネット回線を経由して電話をする方法もあります。
通常の音声通話と比べて品質はいくらか劣るものの、普通の通信環境であればそれほど気になることはありません。

今までどおり電話番号を使って電話をしたい場合は、無料通話があるプランを選ぶのが無難です。
無料通話プランにも2通りありますので、それぞれのスタイルに合わせて選択しましょう。

データ容量

ゲームをしたり動画を見たりするときに気になるのがデータ容量です。
毎月のように容量をオーバーして速度制限がかかってしまう人は、余裕をもったプランを契約しておきましょう。

まずはひと月あたりのデータ使用量を把握しておくことが大切です。
調べ方はキャリアによって異なりますので、それぞれで確認してください。

無制限プランもありますが、最大500kbpsの制限があります。
Youtubeであれば360pの画質で見られるレベルですので、それで十分なら契約する価値はあると思います。

端末の選び方

UQモバイルの端末は、大手キャリアのように最新のハイスペック端末というわけではないものの、一般的なアプリゲームであれば十分なレベルのものが揃っています。

その中から2つをおすすめします。
なお今回はゲームをするのに適しているかを比較のポイントにしていますので、カメラ性能などは考慮していません。

iPhone6S


出典: www.uqwimax.jp

現行モデルのiPhoneX、iPhone8から数えると2世代前の端末です。
多少古くはなりますがスペック的には十分で、現時点ではほとんどのアプリを問題なく楽しむことができます

PUBGや荒野行動などいわゆる「PUBG系ゲーム」のように、処理が重たくなるゲームでは、多少のカクつきを感じることもあります。
アプリに画質設定があれば、下げることで快適にプレイできる可能性があります。

画面 4.7インチRetinaHDディスプレイ
容量 32GB/128GB
CPU A9チップ
iPhone6Sでいますぐお申し込み!公式サイトからお申込み!

HUAWEI P20 lite


出典: www.uqwimax.jp

アンドロイド端末でのおすすめはこちら。
最新モデルでスペックはまずまずといったところです。
価格的はUQモバイル販売価格だと、iPhone6Sの半額ほどです。

パズドラ、モンストレベルの比較的処理の軽いアプリであれば、問題なくプレイすることができます
ただPUBG系など処理の重いゲームでは、カクつきを感じるシーンが多く、スムーズにプレイするのは難しそうです。

画面 約5.84インチ
容量 ROM32GB+外部メモリ
CPU HUAWEI Kirin 659

P20liteで今すぐ申し込み!

 

今ならキャッシュバック 最大13,000円

プランS 11,000円
プランM 12,000円
プランL 13,000円

いまのスマホをそのまま使う

SIMのみ購入を選ぶことで、いまお使いのスマートフォンを使いながら携帯代金だけ安くすることができます!

スマートフォンに搭載された↓以下のようなSIMカードを交換するだけです。

出典: www.uqwimax.jp

SIM交換に対応しているスマホ機種はUQモバイル端末確認ページからご確認ください。iPhoneも5S以降の機種から対応しています。

申込ページで「SIMのみを購入」を選んで購入すればOKです!

 

SIMのみで申し込み!

 

公式サイトよりお得なキャッシュバック最大13,000円

プランS 10,000円
プランM 13,000円
プランL 13,000円

まとめ

UQモバイルの紹介でした。

格安スマホの中では比較的安心して使えるブランドですので、検討してみるのもいいのではないでしょうか。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。