スイングモードの操作方法とプレイのコツ

「マリオテニス エース」では、ジョイコンをラケットに見立てて操作する「スイングモード」も収録されています。
フォアやバック、スライスなどのショットを、直感的な操作でキャラクター繰り出すことができます。
体を動かしながら、実際のテニスさながらに楽しめるのではないでしょうか。

出典: youtu.be

スイングモードの遊び方

スイングモードはメインメニューから選択可能です。
1〜4人まで同時プレイが可能です。

オンライン対戦には対応していません。

ジョイコンにストラップを取り付け、手にはめて遊ぶようにしましょう。

ボールの大きさを変えての試合のほか、ラリーチャレンジも楽しめます。
もちろんルールセットも細かく変更可能で、コートや試合の長さも変えて楽しみましょう。

大きいボールの試合では、ゴムボールのようなボールを打ち合います。
動きがかなり遅いので、ボールに追いつきやすい特徴があります。
またよく弾みますので、ねらいうちやスペシャルショットのチャンスは多いでしょう。

ラリーチャレンジでは、協力して長くラリーを続けます。
相手の打ちやすいところに打ち返しましょう。

[PR]

スイングモードの操作

テクニック 操作方法
スイング ボールに合わせてジョイコンを振る
キャラクターの移動 自動。LRでも操作可能。
チャージキャンセル 下ボタン
スイングのかまえ ボールに合わせて体の右側、左側にかまえる
ながし打ち タイミングを少し遅らせて打つ
ひっぱり打ち タイミングを少し早めて打つ
チャレンジ 際どいボールに判定のやり直しを求める
トップスピン 腰の位置から斜め上方向にジョイコンを振る
スライス 肩の位置から斜め下方向にジョイコンを振る
フラット 手首をひねらないよう、前方向に水平にジョイコンを振る
ロブ ひざの位置から、頭上にすくい上げるようにジョイコンをふる
ドロップショット ボールの勢いを抑えるように、下方向にジョイコンを小さく動かす

テクニック解説

スイング

飛んでくるボールに合わせて、ジョイコンを振りましょう。

  • ちょうどのタイミング・・・まっすぐ
  • やや遅め・・・ラケットをもっている側の、相手コートすみを狙う(ながし打ち)
  • やや早め・・・ラケットをもっている側とは反対の、相手コートすみを狙う(ひっぱり打ち)

ジョイコンを振るのが早すぎると、「TOO EARLY」と表示されてコートの外に飛んでいきます。

スイングのかまえ


ボールが右側に飛んできたときはジョイコンを体の右側に。
ボールが左側に飛んできたときはジョイコンを体の左側に。

それぞれ構えて、ジョイコンを振りましょう。

トップスピン


スピードが速めで、よく跳ねるショットです。

操作方法腰の位置から斜め上方向にジョイコンを振る

スライス


スピードが遅くあまり跳ねません。
横方向に回転がかかり、トリッキータイプのキャラクラーの場合は曲がりが大きくなります。

操作方法肩の位置から斜め下方向にジョイコンを振る

フラット


トップスピンよりもさらに、スピードが速いショットです。
回転はほとんどかかりません。

操作方法手首をひねらないよう、前方向に水平にジョイコンを振る

ロブ


相手の頭上をこえて、コートの奥を狙うショットです。
相手が前に出てきたときに狙ってみましょう。

操作方法ひざの位置から、頭上にすくい上げるようにジョイコンをふる

ドロップショット


ネットの近くに落とすように打つ、弱いショットです。
相手がコートの後方にいるときに狙ってみましょう。

操作方法ボールの勢いを抑えるように、下方向にジョイコンを小さく動かす

コメント一覧 (2)

最新コメントを読み込む

コメントお待ちしております