スイッチのWi-Fi回線は5GHz帯で安定させよう!おすすめ無線ルーター紹介

スポンサーサイト

Switchにインターネット接続する場合、Wi-Fiを利用している人は多いのではないでしょうか。

しかし、ただ何気なくWi-Fiにつないでいるだけでは、実は損しているかもしれません。

5GHz(5G)の周波数を利用することで安定して楽しむ方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

Wi-Fiには二種類の周波数がある

Wi-Fiとは、無線で通信するための仕組みです。
固定回線などから無線ルーターで電波を飛ばし、それを端末側で拾うことでインターネット通信を可能にしています。

Wi-Fiとひとくくりにされますが、実は2種類の電波が発せられています。
それぞれの違いは周波数にあり、それが「2.4GHz」(2.4G)と「5GHz」(5G)なのです。

2.4Gと5Gの違い

2.4Gの特徴

二種類の周波数帯のうち、より古くから利用されてきたのが2.4Gです。
そのため、対応している端末も多いのが特徴です。
ただし、「チャネル」という電波の通り道が重なり合っているため、多くの端末を接続した時に、通信が遅くなったり不安定になったりしやすいという特徴もあります。

また、他の家電が2.4Gの周波数を利用していることがあります。
その代表例が電子レンジです。
電子レンジを使った途端電波が悪くなったという経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。

5Gの特徴

5Gは、近年その利用が広まってきた周波数帯です。
ここ数年に発売された端末であれば、そのほとんどが対応しています。
もちろんSwitchも対応しています。

5Gではチャネルが重なり合うことがないため、複数の端末を接続していても不安定になりにくい特徴があります。
また、複数のチャネルを同時に利用できますので、2.4Gと比べてより高速で通信することができます。

2.4Gと違いWi-Fi以外に利用されることが少ないため、干渉される可能性が低いのもうれしいところですね。

ただし、5Gの弱点は、距離と障害物です。
無線ルーターからの距離が遠ければ遠いほど、通信速度の減少幅が大きくなります。
また、無線ルーターを設置した場所から壁などを何枚も隔てた部屋でも、その電波はかなり妨げられてしまいます。

基本的には5Gがおすすめ

このような特徴から、2.4Gと5Gをどう使い分けるべきかまとめます。

  • 無線ルーターから近い距離でインターネット通信をする→5G
  • 2.4Gでは通信が不安定になることが多い→5G
  • 無線ルーターを設置した場所から遠い場所でインターネット通信をする→2.4G
  • 無線ルーターを設置した場所から多くの壁や天井などで隔てられている→2.4G

どちらがより通信速度が出るのか、安定するのかは、それぞれの環境によって大きく異なります。
できれば2.4Gと5Gの両方を試してみて、どちらが安定するのか確認すると良いでしょう。
基本的には、5Gが安定する環境で楽しむのが一番です。

5GのWi-Fiを利用するには?

5GのWi-Fiを利用するには、それに対応した無線ルーターを用意する必要があります。
5Gに対応している場合、「11a」「11ac」「11n」という通信規格を採用していますので、その表記があるか確認しましょう。
もっとも、販売サイトなどではっきりと「5G対応」とうたっている商品が多いので、その点は心配ないと思います。

同様に、端末側も5G通信に対応している必要があります。

無線ルーターの選び方

5G対応

最近の環境であれば、5Gに対応していないものはかなり使いづらいでしょう。
第一に確認したいポイントです。

最高速度

無線ルーターの種類によっても、その通信速度は大きく異なります。
もちろん速ければ速いほどいいので、記載を確認するようにしましょう。
ただし、実際に表記通りの速度が出るには、さまざまな条件が整う必要があります。

有線LAN対応

有線接続が可能であった場合、そちらを利用した方が通信も安定します。
有線接続を多く利用する予定がある場合は、LANポートの数を確認しておきましょう。

Switchはそのままでは有線回線に接続できませんが、以下の機器を使用することで有線回線でプレイすることができるようになります。

ニンテンドースイッチを有線LAN接続するアダプターを紹介!

お役立ち ニンテンドースイッチ
オンラインプレイやデータのアップデートなど、Switchを遊ぶにはネット環境がほぼ...
続きを読む

Giga対応

最近では最大1Gbps(1000Mbps)をうたう光回線も増えています。
その速度を体感するには、無線ルーター側が「Gigabit Ethernet」に対応している必要があります。

Wi-Fiの場合はモデムとつなぐポート、有線接続の場合はLANポートがGiga対応になっているか確認しましょう。

おすすめ無線ルーター紹介

BUFFALO WSR-2533DHP

出典: www.amazon.co.jp

5.0GHz帯で1733Mbps、2.4GHz帯でも800Mbpsという高速通信を実現。(理論上の数値)

4本のアンテナで接続機器が多くても安心です。

接続端末の位置や距離を判別して効果的に電波を届ける「ビームフォーミング」機能も実装しています。

スイッチはビームフォーミングに対応していませんが、iPhoneなどのビームフォーミング対応端末も同時に使用する場合は効果があります。

有線LANポートもGigabit Ethernet対応で最大1000Mbpsの速度を出すことができます。

スイッチ以外にもたくさんのゲーム機やスマホ端末などを使用する場合には特におすすめです。

 

エレコム WRC-1167GHBK-S

出典: www.amazon.co.jp

5G対応で最高速度867Mbps(理論上の数値)

この価格帯だと有線LANは100Mbpsのものも多いのですが、エレコムのWRC-1167GHBK-SはすべてのポートがGiga対応(1000Mbps)となっていてます。

低価格でも安定した通信を確保したい方におすすめのルーターです。

スポンサーサイト

友達に教えてみよう!

コメント一覧 (1)

最新コメントを読み込む

コメントお待ちしております