オンクレとは?ゲームセンターとの違いや特徴を丁寧に解説

最終更新日
攻略大百科編集部

自宅に居ながら好みの景品を(時に無料で!)獲得できる「オンラインクレーンゲーム」。

革新的な登場から早10年以上が経ちましたが、まだまだ一般に浸透しているとは言い難い状況です。取扱店舗の少ない人気景品も、オンラインクレーンゲームなら全国どこからでもゲット!

本記事では、そんな便利で楽しい「オンラインクレーンゲーム」(通称:オンクレ)の性質や特徴をピックアップしてご紹介したいと思います。

 

▼おすすめのオンクレはこちらから▼

オンラインクレーンゲームとは?

オンクレとはスマートフォンアプリやPCブラウザを通じて、本物のクレーンゲーム機を遠隔操作して遊ぶサービスの “総称”です

自宅に居ながら最新の人気景品をゲットすることは勿論、話題の最新筐体を遊んだり、オンラインならではのイベント・キャンペーンを楽しむなどゲーセンさながらのプレイが楽しめます。

実際に獲得した景品は自宅まで基本無料配送。その手軽さと充実したサービスがユーザーに大人気で、国内では既に30社以上のサービスが稼働しています。

[PR]

オンラインクレーンゲームの特徴

ではアミューズメント施設などの実店舗と比べて、どのような違いがあるのかを見ていきましょう。

まず初めにメリットから。

オンクレでしか味わえない魅力が沢山あります!

特徴1│24時間いつでも遊べる

アミューズメント施設等の営業時間が概ね10:00~24:00なのに対し、オンラインクレーンゲームの殆どは24時間/365日営業です。

店舗に足を運べない場合でも、オンクレならいつでもどこでも好きな時間に楽しめます。

【実店舗】 ★★★☆☆
概ね10:00~24:00に営業

【オンクレ】★★★★★
24時間/365日営業

 

Tips

オンクレは業務の適正化と営業の健全化を図る「風営法」に該当しないことから、後述する景品提供を含めより利用者のニーズに応えやすいサービスを提供することができます。一言でいうと、遊びの幅がより広がるということですね!

特徴2│豊富な品揃え

オンクレの最大の魅力は、何と言っても実店舗にはない景品の多様さにあります。

プライズと呼ばれるアミューズメント専用景品を中心に、ゲーム機や家電製品などの「豪華景品」、オンクレでしか手に入らない「限定プライズ」、人気VTuberとの「コラボグッズ」や全国の特産品、子供服から化粧品に至るまで各社が特色を打ち出したアイテムを取り揃えています。

【実店舗】 ★★★☆☆
品揃えは店舗の規模により様々。
5号営業に該当するゲームセンターでは、小売価格が概ね1,000円以下の景品しか扱えません。

【オンクレ】★★★★★
多い所で10,000点以上の景品を扱うオンクレも。
風営法の規制を受けない幅広いラインナップを実現しています。

 

▼プライズの詳しい説明はこちらから▼

特徴3基本配送料無料

オンラインクレーンゲームで獲得した景品は、指定の住所まで送料無料で配送してもらえます。

配送条件は各社によりルールが異なりますが、ログインボーナスやプレイチケットを利用して無償で獲得した景品に関しては、過去一定額の決済履歴で無料配送するところもあります。

【実店舗】 ★★★★☆
獲得した景品はすぐに持ち帰ることができます。ただ大きな景品の場合、運ぶのが大変…。

【オンクレ】★★★★☆
どれだけたくさんの景品でも送料は基本無料。
獲得した景品は、期間内に「配送依頼」を行うことで届けてもらえます。

特徴4│イベントキャンペーンが充実

クレーンゲーム以外にも、オンラインを活用したイベント・キャンペーンが盛りだくさん!

ワンコイン遊ぶだけでノベルティが貰えるキャンペーンや、豪華な賞品が当たるイベントが多いので、イベントに重点を置いてプレイするユーザーも増加しています。

【実店舗】 ★★★★☆
500円投入でノベルティやお菓子が貰えるキャンペーンが多い。家族で楽しめるイベントも。

【オンクレ】★★★★★
毎週のように各社でイベントが行われています。
豪華賞品を狙ったり、キャンペーンを活用してお得に遊ぶのもオンクレの醍醐味。

特徴5│無課金で景品を獲得できる

毎日配布されるログインボーナス・プレイチケットを利用すれば、一切お金を使うことなく景品を獲得することができます。

【実店舗】 ★★☆☆☆
イベント時にプレイ無料券を配ることがありますが、チャンス台に巡り合うことが総じて難しい。

【オンクレ】★★★★★
ログインするだけで毎日ボーナスが貰えます。
ブース数も多く大勢の人がプレイしているので、1発ゲットのチャンスがゴロゴロ転がっています!

特徴6│色々選べる決済方法

プレイに必要なポイントを購入する際は、App StoreやGoogle Playのストア決済、クレジットカード、携帯キャリア決済、電子マネーをはじめ、PayPayやTポイント、コンビニ支払いなど様々な決済手段が選べます。

【実店舗】 ★★★☆☆
基本は硬貨の現金投入となります。

大手アミューズメント施設では電子決済(「Suica」「楽天Edy」「nanaco」「WAON」「iD」など)の導入も進んでいますが、利用できる店舗がまだまだ少ないのが現状です。

【オンクレ】★★★★☆
現金による支払いを除き、多彩な決済手段から自分に合った最適の方法を選ぶことが可能。

クレジットカードを持たない人でも遊べるように、コンビニ支払いやプリペイド決済を導入しているサービスも。

 

景品が無料で手に入るのは驚きですね!

次にデメリットもしっかりと理解しておきましょう。

特徴7│1プレイ料金が高い

オンクレのデメリットとして、実店舗に比べて1プレイ料金が高いことが挙げられます。

【実店舗】 ★★★★★
1プレイ100円~/6プレイ500円が相場です。

【オンクレ】★★★☆☆
1プレイ平均150P~200P程度とやや高め。

1P=1円以上の場合が多いので、実際はこれ以上の金額でプレイすることに。

特徴8│アシストがない場合がある

何回遊んでも景品が取れそうにない…そんな場合に、スタッフが景品を取りやすい位置まで移動してくれるのがアシスト。

もちろんオンクレでも同様のサービスはありますが、お店の方針や景品の種類によってはアシストがない場合があります。

【実店舗】 ★★★★☆
実店舗でのアシストは、景品が取れない時に客側からお店のスタッフにお願いするケースが多い。

【オンクレ】★★★★☆
一方オンクレの場合、現場のスタッフの判断によりアシストが行われます。

プレイヤーはいつアシストが来るのか分かり辛く、また店側もサービスの公平さを保つことが難しいという点では諸刃の刃とも言えます。

特徴9│遅延の発生・データ通信料が多い

最後はオンライン特有の問題として、ネット環境・使用端末によっては操作時に遅延(タイムラグ)が発生することがあります。

このような場合は各社の推奨環境を確認するほか、プレイ時の画質を低画質に切り替えたり、端末を再起動するなどして改善を試みましょう。

オンラインクレーンゲームではプレイ中の動画を大量に受信するため、データ通信に制約のないWi-Fi環境下のプレイが推奨されます。

【実店舗】 ★★★★★
遅延もデータ通信量も発生しません。強いて言えば、広い空間で正確に距離感をつかんで操作する能力が必要。

【オンクレ】★★☆☆☆
プレイ中に遅延が発生する場合、ボタンを若干早めに離すなどして操作するのが定石。
最近はネット環境の向上や優れた映像配信システムの導入により、実店舗と遜色ない操作が可能になっています。

 

今すぐ遊びたい!そんな時はこちらのアプリがオススメ♪

▼おすすめのオンクレはこちらから▼

コメント一覧

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。

関連カテゴリ・タグ