【サイバーパンク2077】海外レビュー評価は90点!緻密な舞台評価やバトルスタイルが高評価

最終更新日

2020年12月10日にCD Project Redから発売されたPlayStation4/XboxOne/PC用ソフト「サイバーパンク2077」。(国内PS4パッケージ版のみスパイク・チュンソフトから発売)

期待の大作として早くから注目されていた作品で、サイバーパンクな世界観で楽しむ美しいオープンワールドや、キアヌ・リーブス氏が出演していることなどが話題となっています。

本記事では、主に海外メディアの評価を高評価と低評価に分けてまとめています。

出典: www.spike-chunsoft.co.jp

メタスコア90点の評価

世界中のレビューを集めた「Metacritic」のスコアは90点を獲得しています。(2020/12/11時点:レビュー数50件/PC版)

現時点でどのような点が評価されているのか、詳しく紹介します。

評価の高い点

舞台の美しさ

現代のゲームにおいて人気の世界設定のひとつとなっている「サイバーパンク」。一般的には「ネオンがギラギラと輝く未来都市」が想定されています。

「サイバーパンク2077」は、緻密な描写により美しい「ナイトシティ」(本作の舞台)を創り上げたと評価されました。PS4など旧世代機向けの発売でありながら、これから発売されていく新世代機向けゲームのひとつの基準になるとする声もあります。

「IGNJapan」は、「これまでのビデオゲーム史上もっとも魅力的な街であるナイトシティを創造した。」として、100点をつけています。

バトルスタイルの多様性

その美しさだけでも十分に価値があると評される「サイバーパンク2077」ですが、身体パーツを自由に取り替えられる世界観、豊富な武器などがもたらすバトルスタイルの多様性も高く評価されています。

「Areajugones」は、「サイバーパンク2077は、プレイヤーに究極のプレイの自由を与えます。」として、95点をつけています。

評価の低い点

バグが少なくない

多くのレビュワーがプレイしたのは「デイワンパッチ」(主に不具合修正を目的とし、発売初日に配信されるパッチ)適用前のバージョンということもあり、バグが多いと指摘する声がありました。

開発元は「多くのバグはデイワンパッチで修正されている」としているものの、依然としていくつかのバグが報告されています。

「PCMag」は、「非常に満足のいくストーリー、夢中になれる世界、優れた射撃と近接戦闘を誇っていますが、多くのバグに悩まされています。」として、70点をつけています。

評価まとめ

「サイバーパンク2077」は、2020年最も期待された作品の評判に恥じることない高評価を獲得しました。

今後技術的な問題が修正されていけば、さらに完成度の増した素晴らしい作品へと進化していくことでしょう。

予約・購入リンク

サイバーパンク2077が予約開始!コレクターズエディション特典と最安ショップ情報まとめ

予約特典
『サイバーパンク2077』の予約販売が各ネットショップで始まっています。コレクタ...
続きを読む

Twitterの反応

現在つぶやきを表示することができません。しばらくお待ち下さい。
つぶやきが見つかりませんでした。

サイバーパンク2077の評価動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

 

体験版配信開始!最新情報を語り合おう

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ