【ワンピースオデッセイ】海外レビュー評価メタスコアは75点!アニメの作風を忠実に再現したRPG

攻略大百科編集部
URLコピー
PR

2023年1月12日にバンダイナムコエンターテインメントから発売されたPlayStation 5/PlayStation 4/Xbox SeriesX|S/Steamソフト「ワンピースオデッセイ」。(Steam版は1月13日発売)

人気漫画・アニメ「ワンピース」の世界を冒険するRPGで、麦わらの一味が活躍するアドベンチャーとバトルの2つのゲームシステムが用意されています。

本記事では、海外メディアの評価をまとめました。

 

メタスコア75点の評価

世界中のレビューを集めた「Metacritic」のスコアは75を獲得しました。(2023/1/12時点:レビュー数24件/PS5版)

評価の高い点

ワンピースファンに喜ばれる

セリフから世界観、バトルにキャラクターの動きまで、あらゆる部分がアニメの作風に忠実に作られている点が高い評価を受けました。

「The Enemy」は、「すべてのコンテンツがアニメのアークにふさわしい台詞で埋め尽くされ、未発表のキャラクターはリスペクトされ、一味の旅を追ってきた者にとっては非常に感動的な思い出となるのだ。」として80点をつけました。

独自システムを採用したコマンドバトル

本作のバトルはターン制のコマンド形式を採用しています。3すくみの相性システムや、一味が異なる場所で敵と戦うスクランブルバトルなど、王道のシステムながら本作ならではの要素をふんだんに取り入れた点が高く評価されました。

「Twinfinite」は、「その戦闘は、このジャンルのトレードマークである戦闘システムに素晴らしい新風を吹き込み、アニメにインスパイアされたタイトルから期待されるよりもはるかに深いものとなっている。」として80点をつけました。

評価の低い点

ペースが遅い

ゲームの進行がスローペースであることが指摘されており、JRPGを多くプレイするゲーマーは満足できない可能性があるとの評価も見られました。

「Noisy Pixel」は、「難易度が低く、オートバトルに頼っているため、筋金入りのJRPGファンには面白みに欠けるかもしれない。しかし、探索の楽しさや何十時間もやりこむことができる点から、本作は万人向けのワンピースアドベンチャーといえるだろう。」として80点をつけました。

評価まとめ

「ワンピースオデッセイ」はワンピースの世界観をよく再現しており、ファンであればあるほど楽しめるのではないかとの評価を受けました。

難易度は低めである、スローペースであるなどの指摘もありますが、探索しがいのあるゲーム性や魅力的なキャラクターのおかげで、原作のように多くの人に愛される作品に仕上がっていると言えそうです。

予約・購入リンク

商品情報を読み込み中です...

Twitterの反応

Twitterの検索結果は以下のURLからご覧ください。
ツイート検索結果へ

ワンピースオデッセイの動画

もっと見る

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

ランキング

  1. 【オーバーウォッチ2】04/17配信 シーズン10 パッチノートまとめ|レッキング・ボールにプチリワーク!【OW2】
  2. 【ぷにぷに】イベントマップの隠しステージ解放条件まとめ|ぷに神の闇(最終章後編)【妖怪ウォッチ】
  3. 【ポケカ】バトルマスターデッキ 「テラスタル リザードンex」の収録カードや抽選・予約最新情報まとめ【ポケモンカード】
  4. 【ぷにぷに】ぷに神の間(レア)の体力(HP)|ぷに神の闇(最終章後編)【妖怪ウォッチ】
  5. 【ぷにぷに】四天の間の体力(HP)|ぷに神の闇(最終章後編)【妖怪ウォッチ】

新着記事

新着コメント

もっと見る
【東京リベンジャーズ Last Mission】配信日や事前登録など最新情報まとめ
2月26日 1
名無しさん 2月26日

ここまで人気作品のゲーム化なのに、リリース3日前になっても追加で下記のようなゲーム自体の情報はなく、 https://twitter.com/jujutsuphanpara/status/1722086548529688788?t=PSFik0Qlr8KUU1IB6_1eIA&s=19 グッズとかヘッドホン?とかのプレゼント企画と展示の告知ばかりで、作品自体がすごく好きで、ゲーム自体も楽しみにしてた側からすると、そっちのライト層しか相手しませんって感じがしてきて、待つこと自体がうんざりしてきた。 もう後はゲームのクオリティでこの気持ちを払拭してほしい。じゃないとキツイ。 運営さんは少年漫画×ゲームのワクワクさを忘れないでほしいな

トップへ