【iPhone】テザリング機能を利用して3DSをインターネットに繋ぐ方法

スポンサーサイト

テザリングって何?

無線LANなどのWi-Fi環境がなくても3DSをインターネットに繋ぐ事ができる、それがiPhoneのテザリングという機能です。簡単に言うとiPhoneを無線LANのルータとして使用するという事です。※テザリングができるのはiPhone 5(iOS6)からになります。
テザリングを使えば無線LAN環境のないご自宅や外出先、屋外でも、iPhoneさえあれば3DSをネットに接続する事ができる事になり大変便利です。

テザリング機能を使うために

iPhoneに標準装備されているテザリング機能ですが、携帯電話会社によってはテザリング使用のオプションを申し込まなければならない場合もあります

auの場合

「データ定額2/3/5/8/10/13」に加入している場合は無料で利用できます。「LTEフラット」に加入している場合は月額オプション利用料500円がかかります。テザリングオプションの申し込みはインターネットからでも可能です。
IMG_3203

softbankの場合

「スマ放題 データ定額パック」に加入している場合は無料で利用できます。「パケットし放題フラット for 4G LTE/4G」に加入している場合は月額利用料500円がかかります。※今現在2年間無料のキャンペーン有り。オプションの申し込みはインターネットのMySoftBankやお電話でも申し込み可能です。
IMG_3204

docomoの場合

追加オプションの申し込みは不要で利用できるようです。
IMG_3205

iPhone側の設定

無事テザリングの使用申し込みが済みましたらまずはiPhone側の設定で、iPhoneをテザリング使用可能状態にしましょう。
・ホーム画面にある「設定」のアイコンを押し、次に「インターネット共有」というメニューを選びましょう。
01
・「Wi-Fiのパスワード」という項目がありますのでそこを選択し、次の画面で8文字以上の英数字で好きなパスワードを設定しましょう。ここでは試しに「12345678」にしてみました。
02
・右上の「完了」を押すと1つ前の画面に戻りますので「インターネット共有」をオンにしましょう。この時設定したパスワードは忘ないようメモしておきましょう。
03
以上でiPhone側の設定は終了です。画面をロックしてしまってもかまいません。

3DS側の設定

次に3DS側の設定をします。
・ホーム画面を表示。設定のアイコンを選択し「本体設定」を起動しましょう。
IMG_3286
IMG_3287
IMG_3268
・「インターネット設定」を選択しましょう。
IMG_3288
※この時保護者によるインターネットの使用制限がかけられている場合次の画面が表示されます。インターネット使用制限をかけた時に設定したパスワードを入力すると次へ進めます。
IMG_3270
・「インターネット接続設定」を選択しましょう。
IMG_3289
※インターネット接続先は3つまで登録しておく事ができます。既にいくつか登録されている場合は空いている所を選んでください。空いている所がない場合、どれか1つの接続先を消去しなければなりませんのでお気をつけください。
IMG_3290
・「あなたのインターネット接続環境に合わせた設定方法をご案内いたしましょうか?」と言われますが今は必要ないので「自分で設定する」を選んでください。
IMG_3291
・「アクセスポイントを検索」してください。いくつかのアクセスポイントの中にiPhoneの文字があればオッケーです!
※3DSがなかなか「iPhone」を発見できず、表示されない場合もありますが「もう一度試す」等を選択し何度かチャレンジしてみてください。そのうち出てきます。
IMG_3292
IMG_3276
IMG_3277
IMG_3294
・先ほどiPhoneで設定した、インターネット共有のパスワードを入力しましょう。
今回は「12345678」でしたね!
IMG_3279
・アクセスポイントを保存しておきましょう。
保存しておけば次から接続先を検索せず、登録のボタンでiPhoneを選択する事ができ便利です。
IMG_3295
・接続テストが完了するのを待ちましょう。
IMG_3282
・「接続テストに成功しました!」と表示されれば成功です!
IMG_3283

3DSがiPhoneを使用してネット接続されました

これで無事、3DSがiPhoneのテザリング機能を使用してインターネットに接続できました。ネットを使用する様々な機能を外出先などでも利用する事ができます。

テザリングの注意点

iPhoneをルーターとして使用するので当然iPhoneの契約通信可能容量を消費する事になります。iPhoneがWi-Fiに繋がっていない場合使用可能通信容量の上限を越えてしまうとiPhoneに速度制限がかかったり、追加容量を購入する事になりますので、テザリングの使い過ぎにはご注意ください。
あくまでも「困った時の臨時のネット接続」に使用する手段だと思っておくと良いかもしれませんね!

スポンサーサイト

友達に教えてみよう!

コメントお待ちしております