ワンダと巨像 PS4リメイクで生まれ変わる!発売日とゲーム内容まとめ

PSの歴史に残る名作のひとつ「ワンダと巨像」がリメイクされ、PS4向けに発売されます。
ワンダと巨像とはどんな作品なのか、リメイクで変わる点などをまとめました。

ワンダと巨像基本情報

発売日:2018年2月8日

対応機種:PS4

価格:
パッケージ版:4,900円(税別)
ダウンロード版:5,292円(税込)
デジタルデラックス版:6,372円(税込)

ワンダと巨像とは

ワンダと巨像はもともと、2005年にPS2向けソフトとして発売されました。
その後PS3向けにもHDリマスター版が発売されています。
ジャンルとしてはアクションアドベンチャーにあたります。

いたってシンプルなゲーム性ながら、独特の世界観と幻想的なグラフィックが話題となりました。

ストーリー

主人公はワンダ。
魂を失った少女を助けるために、愛馬のアグロとともに広大な大地「古えの地」を駆け巡ります。

古えの地は、死者の魂を呼び戻すことができる場所です。
謎の声によって、16体の巨像を倒せば少女の魂を呼び戻せると知ったワンダ。
ワンダと少女の他には誰もいないこの地で、謎の声と剣の光だけを頼りに巨像を探します。

本作のキャッチコピーは、「最後の一撃は、せつない。」
その意味は実際にプレイして確かめてください。

出典: www.jp.playstation.com

光を頼りに巨像を探す

このゲームは、まず巨像を探すところから始まります。
多くのゲームでは、なんらかのクエストをこなしたり、人の話をヒントにしたりして、目的地へと導かれます。
ただし、ワンダと少女以外に誰もいないこの世界で、そういった攻略方法は通用しません。
掲げると巨像の居場所を指し示す不思議な剣で、各地に生息する巨像を探しましょう。

それだけに、巨像を探し当てたときの喜びと、それを遥かに上回る緊張感は、この作品の大きな魅力になっています。


出典: www.jp.playstation.com

パワーアップ方法も独特

この世界には味方となる人も登場しませんが、戦いべき相手も巨像以外に登場しません。
そうなると気になるのは、ワンダはどうやってパワーアップするのかという点でしょう。
ワンダのステータスは、「体力」「握力」のみで構成されます。
特に握力は他のゲームではほとんど見かけないステータスですが、本作においては非常に重要なステータスです。
これらのステータスを上げるには、木の実や光るトカゲのしっぽを食べる必要があります。
通常プレイにおいて、武器やアイテムを入手することはありません。

巨像とのバトル

いざ巨像に出会ってみると、その大きさの違いに驚くのは間違いありません。
真正面から戦っても、まず勝ち目はないでしょう。
そこで頼りになるのは、巨像を探すのに使った剣です。
巨像を見つけた後の剣は、今度は巨像の急所を指し示してくれます。

出典: www.jp.playstation.com

巨像の急所さえ分かれば、そこまでよじ登って攻撃するだけ・・・なのですが、一筋縄ではいかないのが本作の面白さです。
ここで重要になってくるのが握力です。
ある程度まではパワーアップすることができるのですが、それにも限界があります。

例えばある巨像には、2つの急所があります。
ひとつは大ダメージを与えられる急所ですが、高いところにあってそのままでは登ることができません。
そこで巨像をよく観察してみると、低いところにも急所があります。
ここを攻撃すると体勢が崩れますので、そこで一気に上の弱点までよじ登るのです。

16体の巨像はそれぞれに急所も異なりますし、形状も行動パターンも異なります。
巨像を観察し、何度も試行錯誤しながらよじ登り、急所に攻撃して倒しましょう。

出典: www.jp.playstation.com

PS4版の変更点

グラフィックの大幅なパワーアップ

PS4版では、キャラクターから背景まですべてを最新技術で作り直しています。
その違いは、以下の比較画像を見れば一目瞭然でしょう。

出典: www.youtube.com

さらにPS4proであれば、解像度を優先するかフレームレートを優先するか選択することが可能です。
解像度優先の場合、4KHDRに対応しているディスプレイであれば、4Kの美しい映像でプレイすることができます。
フレームレート優先の場合、通常の倍の60fpsで、なめらかな動きでゲームを楽しむことができます。

フォトモードの追加

ゲーム内の風景を自由に加工して楽しむ「フォトモード」が搭載されています。
色味や明るさ、視点を自由に調整し、印象的なシーンを撮りためましょう。

出典: www.jp.playstation.com

価格情報を読み込み中...

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。