【ビバモン】本音満載レビュー!視点切替機能に注目!?巨大少女で街を破壊するのが楽しい良ゲー!【ビッグバッドモンスターズ】

最終更新日
1
件のコメント
( 2日前 )

↓こちらからダウンロード!↓


どうもポニポニ(@ponitemaweapon)です!

今回は2020年6月24日にリリースされた新作アプリ「ビッグバッドモンスターズ」(ビバモン)を本音でレビューしていきますよ!

もちろんアカネさんとレンさんも一緒です。

 

全然バッドじゃありませんでした。

アカネ
アカネ

……どゆこと?

 

いや、プレイ前はこう思っていたんですよ。

ビッグでバッド(悪い)な巨大少女が市民を巻き添えにしながら街を破壊しつくす……ほんわかした見た目に反する怖いゲームだと!

 

でも、とってもほんわかできるゲームでした。

それではゲーム内容や基本的な流れ、そしてビバモンの魅力や不満まで本音で語っていきますよ!

アカネ
アカネ

な、なるほど……?確かにタイトルだけならそう受け取れるのかな。

レン
レン

事前にゲーム内の画像を見ればそうは思わないでしょ……でも、そういうゲームだったらそれはそれで面白かったでしょうね、ふふ。

ゲームジャンル・公式動画など

まずは基本となるゲームジャンルの説明と、キャラクター・世界観・実際のゲーム内画面を確認できる公式動画などをご紹介。

ジャンル

公式ジャンルは「シティブレイクストラテジー」。

巨大少女×町破壊ゲーともされています。わかりやすく言えば、街づくり系ストラテジーと町破壊ゲーが融合した感じ。

公式動画など

こちらの公式プロモーションムービー2種を見れば、実際のゲーム画面や人気コスプレイヤー「火将ロシエル」さんのコスプレ姿を確認できますよ。

ゲーム内容・基本の流れ

OPで導入ストーリー・世界観を知る

さっき話したように、私はタイトルから「実はヤバい」的な世界観を想像していたのですが……その予想はチュートリアルでのOPムービーで打ち砕かれました。

 

この導入ストーリー部分が普通に面白かったので、簡単に紹介させていただきます。

一部省略ビバモン導入ストーリー

なんやかんやあって銀河中に人類が進出して都市を作りまくる

5つの都市の暗黒市長達が暗黒シティ同盟を作り

銀河中の富を独占しようと銀河中の都市に侵攻を開始した

暗黒シティ同盟を打ち破るため

人類は外宇宙から強力な助っ人を呼ぶためのゲートを開発!

まず巨大な少女がゲートから現れたと思いきや

次々と巨大な生物がゲートを通じてやってきた

巨大だったから畏敬の念を込めて

彼女ら巨大な英雄を「モンスター」と呼ぶことにした!(?)

平和を愛する英雄達は暗黒シティ同盟をすぐに壊滅

銀河に平穏が訪れた

そのお礼にと市民達は甘いお菓子をモンスター達に与え

モンスターの多くは市民と共に暮らすことになった

だけど冒険好きなモンスターは暇を持て余し

巨大なゆえに事故が起きたりと市民達とも衝突することが増えた

そこで人々は仮想空間で互いのシティ(都市)をモンスターに攻撃させるスポーツ

「モンスタースクランブル」を作ったのである!

モンスタースクランブルは銀河中の都市が莫大な賞金をかけて楽しむ

人類最大規模のイベントとなったのであった……!

 

いや、面白いですよね。

「暗黒シティ同盟倒したならハッピーエンドじゃん」みたいなツッコミどころもバッチリ。

アカネ
アカネ

うん。この世界観はまだプレイしていない人に知ってもらいたいよね。モンスターって呼ぶことにしたってところからして良い意味でおかしいもん。

レン
レン

簡単に紹介どころかまるまるがっつりじゃない……まぁ、ユニークよね。

街破壊&防衛の街づくりを楽しむ

ストーリーを進める「ストーリーミッション」と、他プレイヤーやNPCのシティを攻める「モンスタースクランブル」がメインのコンテンツ。

 

3体のキャラ(モンスター)で1つのチームを作り、戦闘中にキャラを切り替えながら沢山ある防衛・妨害施設などを壊し、最終的に相手の「シティホール」という施設を倒せば勝利というシステム。

 

キャラの育成・回復で大事な「キャンディ」、後述する街づくりなどで大事な「ゴールド」も相手の貯蓄施設を壊して奪えます。

※キャラの体力は自然回復するまで待つかキャンディを使って回復させる

 

キャラごとに2つ持っているスキルで遠距離から攻めたり近づいて攻めたり、ゲージを溜めて「狂暴化」してキャラをさらに巨大化させて壊しまくる!

 

さらにはミニモン(ミニモンスター)を装備して手助けしてもらったりと、モンスタースクランブルパートはかなり見た目的にもゲームとしても楽しめる内容となっています。

 

他プレイヤーのシティに攻める時があるということは、他プレイヤーから攻められることもある。

ということで、自分のシティに様々な防衛施設を建てていき、他プレイヤーからの侵攻に備えるのもメインコンテンツ。

 

このあたりは街づくり系リアルタイムストラテジーとほぼ同じ感覚ですね。

もちろん防衛・生産施設などを並べるだけでなく、装飾系施設を並べまくってシティを自分好みに飾り付けることも可能。

 

ちなみに、リアルタイムでいきなり他プレイヤーのモンスターが襲ってくるというわけではありません。

ログアウトしている最中のみ侵攻を受ける可能性があるんです。

アカネ
アカネ

でっかい女の子とかで街を破壊するのは楽しいよ!あとね、極秘テクニックを教えてあげよっか。ずっとログインしっぱなしなら攻め込まれないよ、多分!

レン
レン

他のことにスマホを使わないならそれでもいいんじゃない。ちなみに、ゴールドは各施設の建設やレベルアップに使うのよ。

モンスターの育成・さらなる高みへの挑戦

防衛はシティで施設を建てる攻めはキャラを育てる……ということで、もちろんキャラの育成要素もアリ。

とはいえ育成要素はかなりシンプルで、レベル上げ・好感度上げ・ランク(レアリティ上げ)・ミニモンの装備&強化くらい。

 

レベルをMAXまで上げると、同ランクのキャラをランク数分素材にすることで1段階上のレアリティにできます。

初期性能に差はあれど、低レアキャラでもランクだけはMAXの5を目指せるというわけですね。

 

自分のシティホールレベルを4に上げることで開放されるコンテンツ「無限シティ」は、その名の通りどこまでも続くシティを壊し続けるというもの!

 

どこまで進めたかによってポイントが決まり、そのポイントで他プレイヤーとランキング順位を競うコンテンツ。

モンスタースクランブルにもランクシステムがあり、ランクが上がるほどモンスタースクランブル勝利時の報酬が豪華になっていきます。

 

というわけで……モンスターを育成してシティを壊しまくり、侵攻に備えた街づくりをし、無限シティやモンスタースクランブルで高みを目指していくのが基本の流れ。

アカネ
アカネ

『お願いボード』っていう、豪華な報酬がいっぱい貰える施設とかも建てられるし結構奥が深いよねー

レン
レン

あくまでモンスターが攻めてシティが受けるっていうシステムだから、意外にもモンスター同士の戦いはないのよね。

ビバモンの魅力

魅力溢れるキャラクター!

彼の名前はMr.チキン。

チュートリアルで活躍してくれる、ムキムキで渋カッコイイボイスの男前!

 

そう、巨大少女ばかりが目立っていますが、彼のように魅力あるキャラクターもちゃんといるのが好き。

もちろん巨大少女キャラにも魅力のあるキャラはいるので安心してください。

アカネ
アカネ

あはは……確かに、チュートリアルをちゃんとやった人はMr.チキンのことが印象に残るよね。

レン
レン

普通に性能もなかなか良いのよね、彼。わりと好みだわ。

アカネ
アカネ

えっ!?レンちゃん……

細かいところにこだわりを感じる!

この画像はストーリーミッション中のものですけど、少し操作しないとキャラが待機モーションをとってくれるんですよ!

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、これはしゃがみポーズ。

 

また、こうして攻めている仮想シティの仮想住民達もちゃんとモンスターに対しリアクションを取ってくれます。

物珍しそうにカメラでパシャパシャしてきたり……可愛い。

 

また、自分のシティ内を住人・乗り物・施設の視点から見て回ることも可能!

この機能、すっごく好き。

 

しっかり住人達も作り込まれていることがよくわかりますし、自分のシティを豪華にしていくほど見る楽しさも増していく機能。

 

ちょっと建設する費用を用意するのが大変な「モンスターゲート」という施設を立てれば、シティに自分のキャラを呼び出すことが可能なんですけど……もうわかりますよね。

 

そう、この視点切り替え機能を使ってキャラを住人視点などで見上げることが可能!

これは本当に大事というか、巨大生物系が好きな人の気持ちをよくわかっているなぁと感じました。

 

住人視点などで見上げることで「モンスターのモンスター感」を感じ取れるんです。

それに、スカートとか履いているキャラなら覗けますし……。

モンスター大百科機能の敗北セリフとかでも覗けますけど。

アカネ
アカネ

凄く同意しながら聞いてたのに、なんか最後に変な声が聞こえてきて台無しだよ。

レン
レン

いくら可愛くても住人から見ればモンスター……確かに、そういう感覚を味わえる機能よね。良いものだわ。

課金周り・不満なところについて

ここからは少し口調を崩しつつ、より本音で話していきますよ!

無課金でも楽しめるの?

全く問題なく、とまで言えるかどうかはわかりませんが……個人的には無課金でも楽しめています!

 

さっきチラッとアカネさんが話していた「お願いボード」という施設を建てると、かなり豪華な報酬が貰えるので星3キャラくらいなら簡単に入手可能。

 

そのお願いボードのおかげで星4キャラの獲得もそう難しくありませんし、長い目で見ればランクアップで星3キャラを星5まで育てることもできるでしょう。

※ガチャから排出される最高レアリティは2020年6月28日時点で星4まで

 

だからと言って無課金で課金者を余裕で倒せる!みたいな感じではありませんよ。

街づくり系ではよくあることですが、課金をすれば防衛施設の建築やレベルアップの時間短縮をどんどんしていけますから、防衛に大きな差が生まれるでしょう。

 

ただ、巨大少女キャラをいっぱい集めたい・少しずつでも確実に強くなっていきたいということであれば問題ありません。

無課金でもしっかり強くなれますし、巨大少女も大勢集められます!

アカネ
アカネ

うんうん。あ、そうだ!無課金でやるなら、報酬とかで貰える『ダイヤ』はなるべくとっておいてね!お願いボード建てる時とかいっぱい使うから。

レン
レン

少なくとも『無課金だから参加もできない』みたいな理不尽な要素とかはないしね。無課金でも楽しめるはずよ。

オススメの課金要素は?

私は無課金でプレイしていますが、とりあえず課金するならお得にダイヤを入手できる「月間パスポート」でしょう。

長い目でみればだいぶお得ですし、ダイヤはよく使うのでいくらあっても困ることはありませんからね。

不満なところについて

不満なところ……特にありません。

 

最序盤をプレイしていた時はキャラの体力回復が大変すぎて辛いなーと感じていたんですけど、モンスタースクランブルをプレイしているうちにキャンディいっぱい稼げるようになりましたし。

 

コンテンツ数が少ないような気もしたけれど、ギルドやギルドコンテンツ「暗黒シティ」もあるし、ゲーム性的にはちょうど良い感じだと思いました。

 

小さな不満としては、遠距離スキル持ちキャラがいないとダメージを確実にくらってしまうことが多くて辛いってくらいですかね。

アカネ
アカネ

確かに、遠距離攻撃できるキャラがいないと辛いよね。お願いボードでいずれ揃うだろうけどさ。

レン
レン

キャラの入手手段が今より少なければ、かなり不満が出ていたでしょうね。

まとめ

良いところ・悪いところ

ここがオススメ!
  • ストーリーの導入からして面白い
  • 爽快感のある街破壊を楽しめる
  • 防衛のための街づくりだけでなく見た目にこだわることも可能
  • 住人・乗り物・施設視点で自分のシティやモンスターを見て回れる機能が素晴らしい
ここがちょっと……
  • 遠距離攻撃持ちキャラを手に入れるまでかなり辛い

最後に

以上、本音レビューでした!

 

しっかりポニテキャラがいる時点で、私の中で良ゲーなことは確定していたんですけどね!

 

神ゲーとまで持ち上げる気はありませんが充分楽しめるゲームですし、独特な魅力のあるゲームと言えるでしょう。

巨大少女系が好きな方・爽快感のある街破壊をしたい方にはオススメできるゲームでしたよ。

 

街破壊と言っても、仮想空間だからほんわか楽しめます。

 

まだインストールしていない方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてください!

 

リセマラ記事や序盤攻略記事もあるので、もしよければご覧ください。

ここまで聞いていただきありがとうございました!

 

新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

↓もしよければフォローしてください!↓

ポニポニツイッターアカウント

 

2人もお疲れ様です、他の記事でもよろしくお願いしますね。

アカネ
アカネ

お疲れー!結局、最後にはポニテキャラに行き着くんだねポニポニさんは……

レン
レン

とりあえずMr.チキンを見るためだけにインストールするくらいの価値はあるわよ。皆さんもお疲れ様、また会いましょう。

↓ビッグバッドモンスターズのダウンロードはこちらから!↓


↓リセマラ・序盤攻略記事はこちら!↓



Copyright©CommSeed Corporation. Copyright©KRAFTON, Inc.

コメント一覧(1)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

体力回復が辛いと言っているのに、それはモンスタースクランブルに参加すれば解決って、おかしくないですか?モンスターたくさんいない人はそこが辛いのに



記事へのご指摘・ご意見はこちら