ウォッチドッグス レギオンの評価レビュー!ロンドンを再現したオープンワールドが高評価

最終更新日

2020年10月29日にUBISOFTから発売されたPlayStation4/Xbox One/PC用ソフト「ウォッチドッグス レギオン」。

次世代機向けの提供も予定されている本作は、人気オープンワールドアクションシリーズの3作目であり、あらゆるNPCを仲間にできる自由度の高さが魅力の一つとなっています。

本記事では、海外メディアの評価を高評価と低評価に分けてまとめています。

出典: youtu.be

メタスコア73点の評価

世界中のレビューを集めた「Metacritic」のスコアは73点を獲得しています。(2020/10/30時点:レビュー数25件)

現時点でどのような点が評価されているのか、詳しく紹介します。

評価の高い点

すべての住人に個性がある

ロンドンを舞台とした「ウォッチドッグス レギオン」は、その自由度の高さが最大の魅力となっています。

ただ単にすべての住人を仲間にできるというだけではなく、それぞれにバックストーリーがあり、個性があり、スキルが設定されているこだわりが高く評価されました。

「Carole Quintaine」は、「能力の異なる無数のキャラクターを募集できるのは楽しい。」として、85点をつけています。

ロンドンの再現度

「ウォッチドッグス レギオン」では、ロンドンの広大な都市部をオープンワールドで再現しています。ビッグ・ペンやタワーブリッジなどのランドマークももちろん存在します。

それに一人ひとりの住人に「個性」が与えられていることが重なり、ロンドンという街にリアリティを与えているのでしょう。

「Gamersky」は、「未来のロンドンのオープンワールドはとても美しく、とても巧妙に作られている。」として、85点をつけています。

評価の低い点

ミッションは反復的

「ウォッチドッグス レギオン」は、ミッション攻略のアプローチにおける自由度の高さもウリとしていますが、残念ながら同じパターンの繰り返しであるとの評価も見受けられました。

「M3」は、「数時間の繰り返しのミッションを終えると、私たちはキャンペーンのかなり早い段階で少し退屈せざるを得ません。」として、60点をつけています。

評価まとめ

「ウォッチドッグス レギオン」は、ロンドンの住人を誰でも仲間にしてミッションの挑むことができる自由度の高さが高く評価されました。

一方で、オープンワールド作品が陥りがちな「ミッションの反復性」も指摘されており、評価を落とすポイントとなっています。

購入リンク

通常版(PS4)

商品情報を読み込み中です...

アルティメットエディション(PS4)

商品情報を読み込み中です...

【ウォッチドッグス レギオン】店舗限定予約特典や最安ショップ比較まとめ

PS4 PC Xbox 予約特典 PS5
2020年10月29日(木)発売予定の『ウォッチドッグス レギオン』について、基本情報や...
続きを読む

Twitterの反応

ウォッチドッグス レギオン面白かったけど評価は高くないんだね
まだ見ていませんが、何人かの韓国の方が「鬼滅の刃」を自分の幼い子どもに見せるにはちょっと残酷だと評価されていますね。面白いのは、このような日本はゲーム審議が厳しく、CEROがウォッチドッグス レギオン 、アサシン クリード ヴァルハラ、サイバーパンクの残忍なシーンは全て検閲をしましたね。 https://t.co/SHd7arzgyw
Twitter APIで自動取得したつぶやきを表示しています [ 2020/12/3 07:46:16]

ウォッチドッグス レギオンの評価動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

 

モンハンライズの最新情報を語り合おう!

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら