【ARKA-蒼穹の門】リセマラは不要!空を飛び回れるMMORPGの魅力をプチレビュー!

最終更新日
攻略大百科編集部

PR

↓こちらからダウンロード!↓


Sponsered by GAMELAND

どうもポニポニ(@ponitemaweapon)です!

今回は2021年9月15日にリリースされた新作アプリ「ARKA-蒼穹の門」のリセマラについて!

 

記事タイトルにもあるように、本作はリセマラ不要のゲームとなっています。

ガチャシステム自体は存在するものの、リセマラで高レアアイテムを狙う意味があまりありません。

 

なので、今回は本作の魅力をプチレビューしていきますよ!

もちろんアカネさんとレンさんも一緒です。

ARKA-蒼穹の門はどんなゲームなの?

本作のジャンルはいわゆる「サクサクオートMMORPG」です。

ちょっとプレイしただけでもどんどんレベルが上がっていき、戦闘も基本的にオート。ミッションなどもほぼオートで進められるMMORPGということですね。

 

ただ、本作は類似ジャンルゲームの中でもクオリティが高い方のゲームと言えるでしょう。

 

キャラクター作成時のキャラクリエイトはかなり細かいところまで作り込めますし、全体的なグラフィックも最高峰とは言えないまでも高品質。

私の愛するポニーテールもちゃんとあるのが高評価ポイント。

 

空中で戦闘ができる「自由空戦」なんかは、派手なスキルと相まって結構爽快感があります。

ペガサスのような幻想的な騎乗ペットに乗って空中を移動することも可能。

地上ではジャンプや回避アクションがあるので、完全にスキルゴリ押しだけのゲームというわけではありません。

 

△ボスの見た目も派手なやつが多い!△

コンテンツ面では、ボス挑戦・経験値稼ぎ系のダンジョンやPVP(対人)など、王道のものがしっかりと揃っています。

プレイヤー間で装備などの売買ができる「取引所」機能なんかもあり、サクサクオート系にしては結構本格的なMMO。

 

ちなみに、狂戦士・影武者・守護者・魔術師と4つの職業が用意されていますが、職業によって性別が決まっているタイプです。

それぞれ特徴や傾向は異なるものの、職業による性能格差は感じませんでした。育成次第ということですね。

 

豪華声優陣がCVを担当しているので、好きな声優さんで決めるのもアリかもしれません。

 

そうそう、サクサクオートMMORPGには欠かせない「ド派手なアバター要素」もちゃんとありますよ。

 

全体的に高品質なグラフィック・定番のMMORPG要素・自由空戦という特徴的なシステム・豪華な声優さんなど、このあたりに魅力を感じる方にはオススメのゲームです!


Sponsered by GAMELAND

レン
レン

もちろんギルド(軍団)機能なんかもあるわよ。MMORPGが好きならチェックしておいて損はないわね。

アカネ
アカネ

『火種スキル』っていう、ド派手な女神様の力を借りるスキルも見どころだよー!派手好きにはいいね!

最後に

以上、リセマラについてでした!

 

序盤攻略記事も作成するので、もしよければご覧ください。

ここまで聞いていただきありがとうございました!

 

まだインストールしていない方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてください!

 

新作ゲームの情報や記事更新情報……ポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

↓もしよければフォローしてください!↓

ポニポニツイッターアカウント

 

2人もお疲れ様です、次の記事でもよろしくお願いしますね。

アカネ
アカネ

お疲れー!協力要素もあるけど、どっちかって言うと対人でバチバチ楽しむゲームだよね。

レン
レン

そうね、フィールドでのPK設定なんかもできるわよ。皆さんもお疲れ様、また会いましょう。

↓ARKA-蒼穹の門のダウンロードはこちらから!↓


Sponsered by GAMELAND



Sponsered by GAMELAND
Copyright © U.LU GAMES 2021 All rights reserved.

 

[PR]おすすめアプリ
1位

放置少女

まったりゲーム 美少女いっぱい  とことん育成

放置少女
3位

魔剣伝説

とことん育成 1人でも楽しい 片手でプレイ

魔剣伝説
4位

プラスメイト

豪華声優陣 美男子いっぱい ドキドキが止まらない

プラスメイト
5位

Rise of Kingdoms -万国覚醒-

駆け引きを楽しむ みんなでわいわい 本格ゲー

Rise of Kingdoms -万国覚醒-

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ