スーパーマリオメーカー 3DS版とWiiU版の違いは?

スポンサーサイト

スーパーマリオブラザーズのステージが自由に作れるということで人気を博した「スーパーマリオメーカー」。

現時点でWiiU版のみ発売されていますが、新たに3DS版が発売されることが明らかになっています。3DS版の概要と、WiiU版との違いを確認しておきましょう。

スーパーマリオメーカー 3DS版とは?

mariomaker3ds
正式タイトルは「スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS」となります。

WiiU版同様に自由なコースづくりを楽しむことができます。設置できるパーツなどもWiiU版とほとんど同じとのこと。

また、あらかじめ用意された100のステージを「スーパーマリオチャレンジ」として楽しむことができます。クリア後にも「すべての敵を倒す」などの条件を達成する要素もあり、やりこみがいがあります。

さらにインターネットに接続することで、WiiU版で作られたコースも遊ぶこともできます。単純に楽しむことももちろんOKですし、コースづくりの参考としてさまざまなコースで遊んでみるのもよいでしょう。

発売は2016年12月1日です。

3DS版とWiiU版の違い

 

WiiU 3DS
設置パーツ WiiU版とほぼ同じ
キャラマリオ ×
作り方レッスン ×
収録コース 8コース+4コース 100コース
作成コース投稿 ×
コース交換 コースIDを入力 ローカル通信、すれちがい通信
コースダウンロード

コースづくりにあたって設置できるパーツには大きな違いはないとのこと。とはいえ、まったく同じというわけではありませんので、そのあたりは注意する必要があるでしょう。

WiiU版では、マリオ以外のキャラクターでステージをクリアする「キャラマリオ」がありましたが、3DS版ではキャラマリオはありません。
link
コースのやり取りに関しては、WiiUのほうが自由度が高いといえます。自分の作ったコースを投稿できるほか、コースIDを入力することであらゆるコースを楽しむことができます。
その代わりに3DSではすれちがい通信やローカル通信でステージをやり取りすることができます。

コース交換で制約がある分、最初から遊べるコースが多数収録されているのが3DS版の特徴です。
stage

3DS版とWiiU版どっちがおすすめ?

こんな人はWiiU版

自分で作ったコースを多くの人に遊んでもらいたいという方は、コースの投稿ができるWiiU版でしょう。WiiUであれば大画面でプレイできるため、全体をイメージしながらコースを作る人に向いています。
コースIDの交換によって、自分の作ったコースや話題のコースを簡単に遊んでもらうこともできます。
course

こんな人は3DS版

気軽に楽しみたい方には3DS版をおすすめします。コースの投稿こそできませんが、仲間内であれば遊んでもらうこともできます。コースづくりにも大きな違いがないとのことですし、あらかじめ用意されているコースは3DS版のほうが多いというメリットがあります。
course3ds
「スーパーマリオメーカー」は3DS版、WiiU版それぞれに特徴があります。もちろんゲーム機本体を持っていることが前提にはなりますが、自分のプレイスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。

 

スポンサーサイト

友達に教えてみよう!

コメント一覧 (3)

最新コメントを読み込む

コメントお待ちしております