【花咲く女帝の人生】リセマラは必要?不要?課金要素についても紹介!【~転生の復讐少女~】

最終更新日
攻略大百科編集部

この記事ではスマホゲームアプリ「花咲く女帝の人生~転生の復讐少女~」のリセマラについて、初心者向けにまとめています。

 

軽いゲーム紹介の後、リセマラについての情報や課金要素を紹介していきますよ。

「花咲く女帝の人生~転生の復讐少女~」ってどんなゲーム?

本作は、中国の古代宮廷を舞台にした着せ替えRPG。

 

好きな人と結ばれ安穏な一生を送ることを夢見ていた少女は、皇帝に選ばれ子を孕んだことで皇后の恨みを買い、毒を盛られて命を落としてしまう。

…というヒロインの死から物語は始まります。

 

神様により2度目の命を授けられたあなたは、皇后に復讐し共に罰せられた親族を救うことができるのか!?

 

物語のシチュエーションに合った服や飾り・髪型にヒロインを着せ替えると、ステージクリア!

宮廷内の女達による、陰謀渦巻く物語が進んでいきますよ。

 

コーデだけでなく、顔面を盛れるコスメも充実!

 

物語の中で現れる選択肢は、間違えるとバッドエンドに!?

状況を上手く読んでうまく立ち回っていく必要があるんです。

 

自分の屋敷である「寝宮」の模様替えや釣り・栽培・料理など模様替え・箱庭ゲームの要素も!

料理は市場で食材を買い、食材の組み合わせでレシピを考える楽しさがあります。

 

手作りした料理は、殿方にプレゼント可能!

料理をプレゼントして好感度を上げると、その人との新しいストーリーやボイスが解放されていきますよ。

 

着せ替えゲーム好きだけでなく、RPGや箱庭・恋愛ゲームの要素もあるため広い層の方にオススメのゲームです。

 

インストールはこちらから!!

リセマラはできるの?やるべき?

リセマラ非推奨

「花咲く女帝の人生」にはガチャ機能があるため、リセマラ自体は可能。

ですが、リセマラはおすすめしません。

 

というのも本作はチュートリアルが長くガチャを引けるようになるまでに長い時間がかかる上、ガチャれる回数も2回ほどと非常に少ないからです。

本作はオンライン報酬やオフライン報酬もあるため、リセマラに時間をかけるよりは早くゲームを始めた方が効率的ですよ。

 

本作のガチャには、が手に入る『麗服祈願』と盟友(キャラ)が手に入る『賢人招来』の2種類が存在。

 

より貴重なのは戦闘に必要な『盟友』ですが、最高レアリティである星5盟友はログインボーナスなどでも手に入ります。

 

しかも盟友ガチャは1日1回無料で引けるため、ガチャで手に入るチャンスも多め。

☆5盟友のガチャ排出率も5%と悪くありません。

 

また本作にはレアリティごとのキャラの欠片があり、欠片を規定数集めることでランダムでそのレア度の盟友が手に入ります。

盟友の欠片は特定のステージクリアなどでも獲得できるため、キャラは比較的集めやすいですよ。

 

課金要素は?課金はするべき?

本作の課金要素は、主に「元宝」と呼ばれるゲーム内通貨。

「元宝」はガチャを引いたり市場で食材の購入などに使用するほか、イベントアイテム購入にも使えます。

 

課金した方がストレスフリーに遊べるのは事実ですが、「元宝」はゲーム内でも手に入るためまったり遊ぶ分には無課金でも問題ありません。

 

ただもし課金するのであれば、元宝+素材やアイテムがセットとなったお得なパックがオススメ。

買える回数に制限はありますが、そのまま元宝を購入するより少ない金額でなおかつガチャ券やキャラ強化素材などのアイテムが付いてきます。

 

その他に毎週ラインナップが変わるパックもあるため、課金を考えている場合は要チェックです。

 

貴重な「元宝」使い道のおすすめは、貴族特権購入。

特権(=VIP)を購入してランクが上がるとオフライン放置報酬の最大時間が増えたり、報酬の獲得値が増えたりするんです。

 

もちろん好感度を上げるのに必要な料理も作る必要があるため、食材用の元宝は手元に残しておく必要がありますよ。

 

まとめ

この記事ではスマホゲームアプリ「花咲く女帝の人生~転生の復讐少女~」のリセマラについてまとめました。

 

本作は、リセマラ非推奨!

チュートリアルが長くガチャを引けるようになるまでに長い時間がかかる上、ガチャれる回数も2回ほどと非常に少ないからです。

 

本作はオンライン報酬やオフライン報酬もあるため、リセマラに時間をかけるよりは早くゲームを始めた方が効率的ですよ。

 

無事に満足のいくリセマラができたら、ぜひ序盤攻略記事も参考にしてみてくださいね!

 

【花咲く女帝の人生~転生の復讐少女~】

インストールはこちらから!!


おすすめ特集

 

コメント一覧

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。

関連カテゴリ・タグ