PS4でFF7が遊べる!FINAL FANTASY Ⅶ for PS4を紹介!【ファイナルファンタジーⅦ】

最終更新日

リメイクの発売が待ち遠しいFF7ですが、インターナショナル版をベースに新機能を搭載してプレイしやすくなったPS4版でストーリーを復習してみるのはいかがでしょうか?
ここでは、PS4版のFF7について紹介します。

ストーリーは?

PS4版のFF7は1997年1月31日に発売されたオリジナル版ではなく、後発売されたインターナショナル版のストーリーを楽しむことができます。
インターナショナル版はオリジナル版を深く掘り下げるストーリーやイベントが追加されたほか、隠しボスとして新たなウェポンとのバトルが収録されており、やり込み甲斐抜群の内容となっています。

[PR]

追加された機能

3倍速プレイ

発売当時のゲームスピードと、3倍速のゲームスピードの2種類を好きなタイミングで切り替えることができます。3倍速プレイは通常の移動スピードをはじめ、イベント、バトルなどの要素が3倍速になります。なお、ムービーは3倍速の対象になりません。
3倍速プレイでザコ戦はサクサク進めてボス戦をじっくりプレイしたり、長いダンジョンを3倍のスピードで移動したりと便利に使うことができます。
少ない時間でFF7のストーリーを体験できるので、発売当時にプレイ済みの人や初見だけどプレイ時間が取れない人にうってつけの機能です。

バトルの味方強化

バトル時にHP、MP、リミットゲージが常にMAXの状態でプレイできる機能で、強化するかしないかを切り替えながら戦うことができます。
味方強化状態だとダメージを受けても即自動回復してくれるので、回復の手間が省けてバトルにかける時間がかなり短くなり、ボス戦でもサクサクプレイできます。
ただし、あくまでも『強化』であって『無敵』ではないので、一撃死するほどのダメージを受けた場合、味方は戦闘不能になってしまうのでレベル上げは必要です。適度にレベル上げやマテリア育成を楽しみつつ、プレイには時間がかけられない人にはとても助かる機能です。

エンカウント無し

敵とのエンカウントのオンオフを切り替えることができる機能です。ある程度味方が育ってザコ戦が面倒な場合は役に立ちますが、FF7ではマテリアの育成にもバトルが必要なので使用する場面は限られるかもしれません。

グラフィックは?

ゲーム画面は当時のCGがHDリマスターで表現されています。オリジナル版は1997年の発売ですが、マップ画面などは古さを感じない美麗なグラフィックを楽しむことができます。

カスタムテーマも付いてくる!

PS4版のFF7を購入すると、リメイク版FF7をイメージしたオリジナルカスタムテーマが付いてきます。このテーマを設定して、リメイク版が発売されるまで待つのも良いですね。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら