【バブルボブル クラシック】アプリの最新情報まとめ

最終更新日
攻略大百科編集部



アプリ紹介

主人公バブルンを操作して敵をバブルに閉じ込め、割って退治していくクラシックアーケードゲームです。

[操作方法]
画面の左右を入力して動けます。発射又はジャンプボタンを押す事でゲームをプレイ出来ます。

「ゲームの特徴」
- オートショット機能を使えると簡単にバブルの発射が可能です。
- 文字の書いたバブルE, X, T, E, N, Dを揃えるとキャラクターが一匹増えます。
- 敵を排除する事で登場するハンバーガー、ホットドッグ、寿司、バナナ、アイスクリームなどは追加点を獲得出来ます。
- ステージで一定の時間が過ぎてしまうと、すかるもんすたが追ってきます。
- オリジナル又はフルスクリーン画面比率は設定から変更することが出来ます。
- NORMAL GAMEをクリアすると、SUPER GAMEが解禁されます。
- 実績、リーダーボードをサポートします。

「パワーアップアイテム」
- オレンジキャンディー:バブルの連続発射が増加します。
- ピンクキャンディー:バブルの飛距離が増加します。
- ブルーキャンディー:バブルの速度が増加します。
- シューズ:バブルンの移動速度が増加します。

「特殊バブル」
- ウォーターバブル:水を流して敵を倒す特殊バブルです。
- ファイヤーバブル:火を落として燃え広げて敵を倒す特殊バブルです。
- サンダーバブル:雷を横に飛ばして敵を倒す特殊バブルです。

「アイテム」
- ホーリーウォーター:ボーナスステージになり、制限時間内にフードを獲得します。
- パラソル:面がワープします。パラソルの色によってワープ数が異なります。
- 魔法のつえ:クリア時の全てのバブルがフードに変化し、大型のフードが降ってきます。
- 水色のリング:バブルンが歩くたびに追加点が入ります。
- チャックンハート:一定時間無敵になり、敵を倒せます。
- 魔法のネックレス:壁や床に当たると跳ね返る光るボールで敵を攻撃します。
- クロック:一定時間、敵の動きを止めます。

© TAITO CORPORATION 1986, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.


Facebook :
https://www.facebook.com/mobirixplayen

YouTube :
https://www.youtube.com/user/mobirix1

出典: AppStore

最新アップデート

更新日:2021年6月30日

Bug fixes and performance improvements

出典: AppStore

▼バブルボブル クラシックをダウンロード

最新ニュース

Google Newsの検索結果を表示しています。

Twitter

公式Twitter

Twitterユーザーの反響

古いゲーセンでクラシックな感じの新作バブルボブルを遊び始めた瞬間に目が覚めました。いま!いちばん!良いとこやったのに!グッドモーニングエブリニャン!
【2020年7月のおすすめアプリ】 バブルボブル クラシック [ジャンル]アーケード https://t.co/lwdhwauX8G
@ultra_oyaji8 @bubblun_jp アプリ版も去年出てますし人気根強いみたいです バブルボブルがスマホ向けアプリで復活。Mobirixが「バブルボブル クラシック」の配信を本日スタート https://t.co/UGgCgqlIff @4GamerNewsより
Twitter APIで自動取得したつぶやきを表示しています [ 2021-10-19 18:37:40 ]

関連動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

アプリ基本情報

アプリ名バブルボブル クラシック
ステータス配信中
配信会社MOBIRIX
公式Twitter公式Twitter (12769人)
配信日2020年7月7日(火)
価格無料 (iOS)
対象年齢4+ (iOS)
ファイルサイズ(容量)254.92 MB (iOS)
レビュー評価
すべて ( 4.3 )


[PR]おすすめアプリ
1位

放置少女

まったりゲーム 美少女いっぱい  とことん育成

放置少女
3位

魔剣伝説

とことん育成 1人でも楽しい 片手でプレイ

魔剣伝説
4位

プラスメイト

豪華声優陣 美男子いっぱい ドキドキが止まらない

プラスメイト
5位

Rise of Kingdoms -万国覚醒-

駆け引きを楽しむ みんなでわいわい 本格ゲー

Rise of Kingdoms -万国覚醒-

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ