PC版FF15の推奨スペックとおすすめゲーミングPC!4K HDRで快適に遊ぶには?

国民的RPGである「FINAL FANTASYシリーズ」の最新作である
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」(以下FF15)PC版の販売が決まりました。

出典: www.jp.square-enix.com

公式サイトの画像や動画を見た感じではグラフィックの著しい向上が見受けられますね。
これからプレイしようと考えている方に向けてFF15のPC版ならではの特徴や、必要なゲーミングPCの動作スペック、そして快適に楽しむためのオススメゲーミングPCを紹介していきたいと思います。

FF15 PC版の特徴とは

PC版とPS4版はどのように違うのでしょうか、違いを確認していきましょう。

グラフィックス

PC版はGPUメーカー最大手であるNVIDIAの全面協力により、グラフィック水準が大幅に向上しています。

最高峰の画質で迫力あるプレイをする事ができます。

出典: www.youtube.com

 

とくに最先端グラフィックス技術の「NVIDIA GameWorks」などの高度な機能が搭載されることで、エフェクトや光、炎、草木の表現などが大幅に向上しており、高精彩な世界を体験できるようです。

出典: www.youtube.com

4K HDR、8K対応

4K及び8K解像度をサポート。更にはHDR10にも対応しています。

4K HDRを楽しむために必要なスペックも、記事後半で紹介しています。

「ファーストパーソンモード」の追加

「ファーストパーソンモード」とは主観視点でバトルを楽しむ新機能です。
SkyrimやFalloutなど洋ゲーではお馴染みですね。

出典: www.youtube.com

DLCや無料アップデートが収録

これまでにPS4版で配信していた各キャラクターのエピソードやマルチプレイが最初から追加されています。

上記のようにPC版はただの移植ではなく、「完全版」「パワーアップ版」とも呼べる内容です。

FF15 PC版の特徴と収録内容まとめ!

ニュース PC
ファイナルファンタジーシリーズの最新作、「ファイナルファンタジー15」(FF15)...
続きを読む
[PR]

FF15に必要なスペック

最低動作スペック

公式サイトに記載されている動作環境によると、主な必要スペックは以下のようです。

OS Windows 7/8.1/10 64bit
CPU Intel Core i5-2500(3.3GHz以上) / AMD FX 6100(3.3GHz以上)
メモリ 6GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX760 / GTX1050 / Radeon R9 280
ストレージの空き容量 100GB以上

推奨動作スペック

OS Windows 7/8.1/10 64bit
CPU Intel Core i7-3700(3.4GHz以上) / AMD FX 8350(4.0GHz以上)
メモリ 16GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX1060 6GB VRAM / Radeon RX480
ストレージの空き容量 100GB以上

4K HDR 動作スペック

OS Windows 10 64bit Fall Creators update
CPU Intel Core i7-7700(3.6GHz以上) / AMD Ryzen 5 1600 X(3.6GHz以上)
メモリ 16GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX1080 Ti
ストレージの空き容量 155GB以上

動作スペックの考察

最低スペックで10万をきるには?

最低動作環境でもi5GTX1050が必要なあたり、かなりの高スペックが求められる事が伺えますね。

最低動作環境を満たしながら、10万円を切るモデルならドスパラの「GALLERIA DJ」がおすすめです。

ガレリア DJ (ドスパラ)

価格 … 97,980円 (税別)

CPU intel Core i5-7500
メモリ 8GB
グラフィックス GeForce® GTX1060 3GB
ストレージ HDD(1TB)

出来れば予算に合わせて「SSD化」のカスタマイズは行いたいですね。

また注意点として、拡張性の低いマザーボードを積んでいるため、グラフィックボードやメモリの増設を行えない可能性があります。

推奨スペックでコスパ重視

推奨動作環境ではミドルクラスである「GTX 1060」や「RX 480」のグラフィックボードが必要なようです。

ミドルクラスグラフィックボードのGTX1060には落とし穴があり、注意するべき点として「3GB版」と「6GB版」があります。

初心者の方は値段が安いからと3GBを選択しがちですが、「3GB版」「6GB版」は別物と考えても差し支えないので、間違えて買わないように注意しよう。

また、100GB以上という大きなストレージ容量が要求されます。
出来れば512GB以上のストレージは欲しいですね。

推奨スペックを満たすゲーミングPCとして「ガレリアXT」をおすすめします。

ガレリア XT (ドスパラ)

価格 … 149,980円(税別)

CPU intel Core i7-7700K
メモリ 8GB
グラフィックス GeForce® GTX1060 6GB
ストレージ SSD(500GB) + HD(2TB)

※メモリは推奨スペックの16GBへ増設がおすすめです。

もう一つ、推奨スペックを十分に上回りながらコスパの良いゲーミングPCとして「G-GEAR ハイエンドモデル」を推奨します。

G-GEAR ハイエンドモデル (ツクモ eX.computer)

価格… 179,800円(税別)

CPU intel Core i7-8700K
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce® GTX 1070Ti
ストレージ SSD(500GB)

GTX1070Ti、メモリ16GBなど推奨動作環境を充分に満たしたFF15推奨モデルゲーミングPCです。

Tiとは簡単に言うと無印版より性能が高いもので、1070Tiは1070の中では一番性能が高いです。

4K HDRでプレイするには?

そもそもHDRって?

4Kはともかく、HDRというのは聞きなれない方も多いのではないでしょうか。
「HDR」というのは「High Dynamic Range」(ハイ・ダイナミック・レンジ)の略で、明暗の差をよりダイナミックに表現できる新しい映像技術の事です。

黒色が際立つなど色彩をよりリアルに感じられます。

4K HDRに必要なスペック

FF15を最高環境でプレイするのであれば、2018年現行のハイエンドモデルである「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」搭載機のハイスペックゲーミングPCが必要です。

GTX 1080Tiを積んだおすすめPCとして「ガレリアZZ」を紹介します。

ガレリア ZZ (ドスパラ)

価格 … 239,980円(税別)

CPU intel Core i7-8700K
メモリ 16GB
グラフィック GeForce® GTX 1080Ti
ストレージ  SSD(500GB) + HDD(3TB)

4KHDR10に対応したGeForce GTX1080Ti、CPUもi7-8700Kを積んでおり、
FF15はもちろんのこと、現在発売されているほとんどのPCゲームを快適にプレイ出来るでしょう。

加えて4KHDRでプレイするのであれば、4KHDR対応のモニターが必要です。

結構な値段しますので、PC本体の予算と併せて検討する必要があるでしょう。

価格情報を読み込み中...
価格情報を読み込み中...

ノートPCでプレイするには?

FF15はデスクトップPCでもかなりのスペックを求められるので、ノートPCでプレイしようと思うのならコストパフォーマンスには目を瞑る必要があります。

ゲーミングノートPCは、小型化している分どうしても性能辺りの値段が高くなる傾向にあります。

またノートPCは拡張性が低いので、中途半端なものを買うとパーツの交換も出来ず泣き寝入りになってしまうのでスペックに余裕のあるものを選びましょう

「ALIENWARE 17」であれば値は張りますが、充分なスペックでFF15を楽しめるでしょう。

ALIENWARE 17

価格 … 234,980円(税別)

CPU Intel Core™ i7-7820HK
メモリ 16GB
グラフィック GeForce® GTX 1070 8GB
ストレージ SSD(128GB)

まとめ

スクウェアエニックスが満を持して発表した超大作ゲームなだけあり、
現行のハイエンドクラスのゲーミングPCのパワーをフルに使うゲームになっています。

ハイエンドクラスのゲーミングPCであれば数年は最先端のゲームを快適にプレイ出来ると思うので、これを期に購入するのも良いですね。

ゲーミングPCの性能は値段に比例するので、各々の予算に合わせて最適なゲーミングPCを見つけてください。

記事内に記載している価格は調査時点のものです。

 

コメントお待ちしております