toioの価格やラインナップ、遊びながらプログラムを学べるソニーの新製品

最終更新日

2019年3月20日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)から、新しいタイプの玩具「toio」が発売されました。

子供の創意工夫を引き出すというtoioとはどんなおもちゃなのかまとめました。

toioとは


出典: toio.io

toioは、さまざまなジャンルの専用タイトルと組み合わせて、アクションゲームやパズルゲーム、プログラミングなどを楽しめるプラットフォームです。

自分でおもちゃを作って操作することで、自由な遊び方をすることができます。

イメージとしては「Nintendo Labo」に近いのですが、こちらはゲーム機との連動ではなく、単独のおもちゃとして利用できます。

toio本体キット

価格:16,980円(税別)

toioで遊ぶにはまず、「toio本体セット」を用意する必要があります。toio本体セットには、

  • toioコアキューブ×2
  • toioコンソール
  • toioリング×2

により構成されます。これに別売りのtoio専用タイトルを組み合わせることで、toioで遊ぶことができます。

価格情報を読み込み中...

toioコアキューブ


出典: toio.io

32mm幅のシンプルなロボットです。好きな玩具やブロック、工作などを乗せて遊びます。

キューブを専用マットの上に乗せると、瞬時に自分の位置を把握します。キューブを2つ用意すれば、互いの位置を正確に把握しますので、対戦や協調動作なども可能です。

その他にも姿勢検出や高性能モーターなど、小さなボディの中に先端のテクノロジーが搭載されています。

toioコンソール


出典: toio.io

toioリングを接続し、別売りのタイトルに付属する「toioカートリッジ」を差し替えることで、さまざまな遊びを可能にします。

ディスプレイではさまざまな機能の設定や情報の表示が可能です。そのほか音楽の再生や、キューブの充電などの機能もあります。

toioリング


出典: toio.io

片手で操作できる、リング型のコントローラーです。

ボタンや方向キーの操作だけではなく、傾けたり振ったりといった、直感的な操作も可能です。

片手で操作しますので、もう片方の手ではキューブやおもちゃを触ることができます。

内容物一覧


出典: toio.io

専用タイトルで広がる遊び

toioでの遊びを広げてくれるのがtoio専用タイトルです。執筆時点で3種が発売されており、もう1種が年内に発売される予定となっています。

トイオ・コレクション


出典: toio.io

価格:5,980円(税別)

工作バトル「クラフトファイター」など、5つの遊びを楽しむことができます。

toioの入門セットにあたるタイトルで、迷ったらまずはこれを購入するのがよさそうです。

本体セットとトイオ・コレクションがセットになった「バリューパック」(19,980円)もあります。

価格情報を読み込み中...

工作生物 ゲズンロイド


出典: toio.io

価格:5,980円(税別)

キューブに紙工作を付けて動きのプログラムを注入すると、全部で19種類の未知の生命体が動き出します。

第22回文化庁メディア芸術祭のエンタテインメント部門で、審査委員会推薦作品になりました。

価格情報を読み込み中...

GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~


出典: toio.io

価格:5,980円(税別)

カードを並べるだけで簡単にプログラミングが楽しめるセットです。

パズル感覚で楽しみながらプログラミングを学ぶことができます。

価格情報を読み込み中...

ドライビング(仮)

2019年内の発売を予定しているタイトルです。

toioリングを操作して、ボード型マップの上でアナログカーを走らせます。

 

プログラミングでも遊べる

直感的な操作が可能


出典: www.jp.playstation.com

専用タイトルだけがtoioの遊び方ではありません。発売と同時に公開されたビジュアルプログラミング環境を使えば、キューブとパソコンを接続して、プログラムを作って遊ぶことができます。

プログラミングと言うと難しい印象がありますが、ドラッグ&ドロップでブロックをつなげるだけの直感的な操作で、プログラミング初心者の子どもでもすぐに理解することができます。

「トイオ・コレクション」に付属しているプレイマットを使えば、キューブを指定の座標に動かしたり、向きを回転させたりと、プログラミングの幅は広がります。

プレイマットのほか、カードやシールを使ったプログラムも可能です。

必要環境

toioを使ったプログラミングを楽しむには、以下の環境が必要です。

  • toio™本体セット
  • macOS 10.13以上を搭載かつ、Bluetooth® 4.0対応のMac
  • Chrome(ver 63以降)、Firefox(ver 57以降)またはSafari(ver 11以降)のウェブブラウザ
  • インターネット接続環境(プロキシを介さない接続)
  • 「トイオ・コレクション」(付属のプレイマットを使うと座標を使ったプログラミングが可能)

【終わりに】プログラミング学習の選択肢に

2020年度には小学校でプログラミング教育が必修となります。

お子様にどうやって学習させればいいのか迷っている方も多いと思いますが、遊びながら学べるtoioは、一つの選択肢になるかもしれません。

公式サイトでは実際に動く様子も確認できますので、まずはチェックしてみてはいかがでしょうか。

購入リンク・最安価格

価格情報を読み込み中...
価格情報を読み込み中...
価格情報を読み込み中...
価格情報を読み込み中...

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら