スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッションの評価・レビュー | メタスコア72点の高評価!

最終更新日

2019年4月4日にバンダイナムコエンターテインメントから発売された、「スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション」。

1,000枚以上のカードを収録し、ドラゴンボールゲームとしては史上最大級、約350体のキャラクターを登場させていることなどが注目を集めてきました。

本作の現時点における評価ポイントを、高評価と低評価に分けてまとめましたので、購入の参考にしてください。

出典: sdbh.bn-ent.net

メタスコア72点の評価

世界中のレビューを集めた「Metacritic」のスコアは72点となっており、まずまずの評価を受けています。(2019/4/11時点:レビュー数9件)

具体的にどのような点が評価されているのか、詳しく紹介します。

評価の高い点

カードゲームの戦略性

本作はアーケードで人気を誇るカードゲームがベースになっています。カードゲームというと複雑な戦略が要求されるイメージがあるかもしれませんが、とても遊びやすい仕上がりになっているのが人気の秘訣です。

それでいて勝つためにはしっかりとした戦略が必要となり、それを考えることに夢中になることができます。

「Areajugones」は、「習得するのにかなりの時間がかかる奥深い戦略ゲームだが、それはすべて楽しい努力の一部になる。」として、82点を付けています。

ドラゴンボールである

デッキ構築タイプのカードゲームはたくさんありますが、本作の魅力はやはり、ドラゴンボールが題材になっている点です。

人気アニメの大好きなキャラクターで楽しめるという事実だけで、ファンにとってはうれしいものに違いないでしょう。

「Hobby Consolas」は、「複雑な戦略ゲームではないが、ドラゴンボールファンにとっては数週間の間楽しませてくれる作品。」として、80点を付けています。

評価の低い点

アーケード向けの設計

アーケードでカードを動かしながら楽しむゲームがベースになっていますので、純粋な家庭用ゲームと比較してしまうと、グラフィック面は気になるところが多くなるかもしれません。

またUIもアーケード向けの操作がそのまま導入されている部分があり、やや不親切な部分があるとの指摘もありました。

「Worth Playing」は、「魅力的なシナリオを楽しむには、扱いにくいUIや複雑な説明、そして最悪なグラフィックのすべてに対処する必要がある。」として、60点を付けています。

評価まとめ

「スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション」は、ドラゴンボールのキャラクターが多数登場する魅力的な作品です。

アーケード版がベースになっていることを原因としたいくつかの不自由さを除けば、十分に楽しめるカードゲームに仕上がっていると言えそうです。

 

スーパードラゴンボールヒーローズのクチコミ評価

つぶやきが見つかりませんでした。
YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

 

購入リンク・最安価格

価格情報を読み込み中...

 

 

PCエンジンmini 本日予約開始!
PCエンジン mini 予約する方法

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら