PS5公式発表まとめ!発売時期、性能や互換性など

最終更新日

プレイステーションシリーズの販売パターンから、そろそろ「PlayStation5」(PS5)の発売があるのではないかと、さまざまな噂が飛び交っていました。

これまではあくまで噂ベースでしたが、PS4の制作にも深く関わったマーク・サーニー氏が、「次世代ゲーム機」についてアメリカのメディア「WIRED」に語りました。

PlayStation公式がこの記事をリツイートしており、ソニーの公式見解と考えて問題ないでしょう。サーニー氏へのインタビューから見えてきた、PS5の発売時期やスペックなどについてまとめました。

出典: www.jp.playstation.com

※画像はPS4

発売時期

最も注目される発売時期ですが、2019年内に店頭に並ぶことはないとのことです。

一方ですでに多くのゲームスタジオに開発キットを渡しており、準備は着々と進んでいる印象です。

パワフルなCPU・GPUを搭載

CPUやGPUは、分かりやすく言えばマシンの性能を左右する重要なパーツです。これらがパワフルであればあるほど、高度なグラフィックや処理の高速化が期待できます。

PS5ではAMD製のチップを採用し、CPUは第3世代のRyzenがベースとなります。チップは8コア、7nmプロセスの「ZEN2」マイクロアーキテクチャに基づきます。

GPUやAMD Naviのカスタム版を採用。3D環境において光の相互作用をより忠実に再現できるレイトトレーシングの技法に対応します。これはゲーム機では初めてのことです。

サウンド面では、外部のハードウェアを搭載することなく、音が前後左右から聞こえてくる感覚を楽しめるとのことです。

SSD採用で処理を高速化

ディスクドライブとしてSSDを採用します。PCを使う人ならイメージしやすいかと思いますが、従来のHDDと比べるとかなり速い処理を期待できます。

インタビューでは実演も行われたようで、PS4Proで「Marvel’s Spider-Man」を起動し、「ファストトラベル」(ある地点からある地点まで瞬時に移動するゲームシステム。)に15秒かかったところが、PS5ならわずか0.8秒で済んだとのことです。

SDD採用のメリットはそれだけではなく、ゲーム内の描写速度の向上も期待できます。

PS4と後方互換性あり

PS5では、PS4のゲームディスクを起動することができます。また物理メディアを搭載しており、ダウンロード専用のマシンにはなりません。

対応ソフト

ソフトについて、メタルギアシリーズで知られる小島秀夫さんの新作「DEATH STRANDING」についても尋ねられています。

同作はPS4で発売予定であるとされましたが、サーニー氏は意味ありげな笑いを浮かべたとのことです。

ゲームストリーミングへの対応

GoogleがゲームストリーミングサービスのSTADIAを発表したことを受け、その点にも質問が及んでいます。

サーニー氏は「我々はこの分野のパイオニアであり、今後のビジョンは発売が近づけば明らかになる。」と答え、言葉を濁しています。

PSVR

現行のPSVRは、PS5でも対応する予定があるとのことです。後継機が発売されるのかについては、明確な回答はありませんでした。

情報元:WIRED.JP

 

PS5の噂・リーク:発売日や性能、互換性など最新情報まとめ

ニュース PS4
「そろそろPS5が出るんじゃないか」という噂やリークが定期的にネットを騒がしてい...
続きを読む

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら