ドラゴンズドグマ:ダークアリズンの評価・レビュー | メタスコア75点 Switch版携帯モードのクオリティは?

最終更新日

2019年4月25日にカプコンから発売されるNintendo Switch用ソフト「ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」。

「ドラゴンズドグマ」の拡張版であり、すでにPS4やPCなどでも発売されている本作は、ハイファンタジーのオープンワールドアクションとして、高い評価を受けています。

この記事では、本作の現時点における評価ポイントを、高評価と低評価に分けてまとめています。購入を検討する際の参考にしてください。

出典: www.capcom.co.jp

メタスコア75点の評価

世界中のレビューを集めた「Metacritic」のスコアは75点となっており、まずまず高い評価を受けています。(2019/4/24時点:レビュー数15件)

現時点で具体的にどのような点が評価されているのか、詳しく紹介します。

評価の高い点

持ち運んで遊べる

今回発売されるSwitch版は、PS4などで発売されたものとゲーム内容は同一です。しかしSwitchに対応したことにより、携帯モードで楽しめるようになったことは、重要なポイントなのではないでしょうか。

大画面でプレイするのもいいですし、外でプレイするのもいいでしょう。どこでも本作の世界に浸れるのは幸せなことです。ただし携帯モードでは、多少グラフィックが制限されますが。

「The Games Machine」は、「どこにいてもドラゴンズドグマを楽しめるのは本当に幸せ。ただしすでにプレイしているならば、あえて購入する必要はない。」として、88点を付けています。

優れたゲーム性

ドラゴンズドグマのオリジナル版が発売されたのは、2012年のことです。

もうずいぶんな時間が経ちますが、サウンドや中毒性のあるバトルは、最近のゲームと比べても十分に楽しむことができます。

「Nintenderos」は、「Switchで見てきた中で最高の作品の一つ。」として、75点を付けています。

評価の低い点

携帯モードのクオリティ

携帯モードでプレイする場合、ビジュアルが低下したり、技術的な問題が発生したりする点を指摘する声がありました。プレイに支障があるレベルではないようですので、そこまで気にする必要はないのかもしれませんが。

テレビモードと携帯モードでまったく同じ体験ができるわけではないため、その点は理解しておく必要がありそうです。

「Gameblog.fr」は、「携帯モードの低ビジュアルと技術的な問題は、ちょっと残念なことです。」として、60点を付けています。

評価まとめ

「ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」は他機種版でも高く評価された作品であり、Switch版でもその面白さはしっかりと受け継がれているようです。

これまでにプレイしたことがない、携帯モードで遊びたいという方は、プレイを検討するだけの価値はありそうです。

 

最安価格・購入リンク

価格情報を読み込み中...
価格情報を読み込み中...
価格情報を読み込み中...

 

 

PCエンジンmini 本日予約開始!
PCエンジン mini 予約する方法

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら