ソニック実写映画のデザイン、監督が変更を発表

攻略大百科編集部
URLコピー

セガの看板キャラクターである「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の実写映画「ソニック・ザ・ムービー」。

ゲーム同様に音速で走り回る姿に期待が高まる一方で、そのビジュアルには多くの批判が寄せられています。

ファンからさまざまな改善案が示されるなど大きな話題となる中、監督を務めるジェフ・ファウラー氏は、自身のTwitterでデザインの変更に踏み切ることを発表しました。

監督がデザイン変更を発表

ファウラー氏はまず、多くのサポートと批判の声に感謝を示しています。そして、デザインに満足していないというはっきりとしたメッセージも理解しているとしています。

それを受けて、デザインを変更すると決定したと報告。映画会社のパラマウントとセガは、このキャラクター(ソニック)をベストなものとして作り上げることにコミットしていると語っています。

話題となったソニックのデザインとは?

トレーラーで公開されているソニックのデザインがこちらです。


出典: youtu.be

確かに、一般的に知られているソニックのイメージとは、ずいぶんかけ離れたものとなっています。

スレンダーでしっかり筋肉が付いた、人間のような体つき。そして最も大きな違和感は目かもしれません。この小さな目が、ソニックをまったく違う印象にしてしまっています。

公開当初から話題を呼んだこのデザインについて、エグゼクティブ・プロデューサーのティム・ミラー氏は、意図してこのデザインにしたのだと強調していました。

ファンの修正要求にも応じない姿勢を見せていたのですが、初めて映像が公開された4月30日以降の低評価が、決定的になった模様です。

同じくゲームの実写化では、「名探偵ピカチュウ」も話題となりました。ただしこちらの場合は、批判の声がありつつも徐々に受け入れられ、先日無事に公開を果たしました。

映画の概要


出典: sonic-movie.jp

「ワイルド・スピード」「デッドプール」の両プロデューサーに、アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートのジェフ・ファウラー氏が監督を務めることでも注目を集める本作。

ソニックは相棒の警官とともに、宿敵であるドクター・エッグマンの野望を阻止するべく奮闘します。もちろんエッグマンも実写で描かれており、演じるのはジム・キャリーさんです。

日本国内では、2019年12月に公開されることが決定しました。

ソニック映画に関するつぶやき・クチコミ

Twitterの検索結果は以下のURLからご覧ください。
ツイート検索結果へ

ソニック映画に関する動画

もっと見る

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

ランキング

  1. 【ポケカ】ステラミラクルの買取価格一覧・値段まとめ|レアリティ毎の当たりカードランキング【ポケモンカード】
  2. 【オーバーウォッチ2】ジュノのアビリティと立ち回り解説|相性の良いヒーローも紹介【OW2】
  3. 【Kindleセール】最大90%OFF「八男って・千年狐・異世界薬局」などKADOKAWAフラッパー感謝祭
  4. 【ディズニーDLV】料理レシピ一覧(全199種+拡張パス全124種類 6/26更新)|星評価・使用素材・売値まとめ【ディズニードリームライトバレー】
  5. 【ポケモンGO】イッカネズミが3びきかぞく(3匹家族)になる確率は?│原作では進化確率1%の超難易度!?検証してみた結果

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ