バイオハザード5・6 :スイッチ版の特徴や購入方法

最終更新日

カプコンは6月12日、「Nintendo Direct E3 2019」において、「バイオハザード5」「バイオハザード6」のNintendo Switch版を発売すると発表しました。

すでに発売されているシリーズ3作品のリメイクに続くもので、それぞれ2019年秋の発売です。

購入方法

ダウンロード版のみの販売となり、パッケージ版の予定はないとのことです。

スイッチ版の特徴

画面分割による2人プレイに対応するほか、別途配信されたダウンロードコンテンツもあらかじめ収録しています。

バイオハザード5


出典: topics.nintendo.co.jp

バイオハザード5は、2009年に発売された作品です。シリーズでは初めてのHDタイトルであり、その美しいグラフィックが称賛されました。初めて協力プレイを取り入れた作品でもあります。

第1作の「洋館事件」から10年後、灼熱のアフリカ大陸を舞台とする本作。数々の危機を乗り越えてきた主人公「クリス・レッドフィールド」と、宿敵「アルバート・ウェスカー」の決着が描かれます。

当時は別途販売されたダウンロードコンテンツや、PC版のダウンロードコンテンツもあらかじめ収録しています。もっともやさしい難易度をさらに遊びやすくしたり、プレイアビリティを高める細かなチューニングを施しています。

バイオハザード6


出典: topics.nintendo.co.jp

バイオハザード6は、2012年に発売された作品です。独立した4つの物語で、世界規模のバイオテロを描きます。シリーズを代表する主人公である「レオン」「クリス」の2人が共演を果たしたことでも話題となりました。

見知らぬプレイヤーとゲームプレイそのものが交差する「クロスオーバー」を採用し、最大4人のプレイヤーとの協力プレイを楽しむことができます。

Switch版は、オリジナル版の発売以降のアップデートにより熟成を重ねた完成版をベースに、もっともやさしい難易度をさらに遊びやすくしたり、プレイアビリティを高める細かなチューニングを施しています。

「バイオハザード5」同様に、別に発売されていたダウンロードコンテンツも収録されています。

 

新型スイッチ 予約開始!

ポケモン限定モデルの予約販売中!

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら