任天堂・ソニーなど、ルートボックス(ガチャ)の確率を必ず明記する方針

攻略大百科編集部
URLコピー

アメリカのビデオゲーム業界団体であるESA(Entertainment Software Association)は8月7日、ソニー、任天堂、マイクロソフトのプラットフォーム各社が、有料ルートボックスの排出率の開示を義務化する取り組みを進めていると発表しました。

ルートボックス課金に厳しい欧米各国

ルートボックスとは、日本で言うところの「ガチャ」とほぼ同義で使われるゲーム内要素です。

アイテムやキャラクターごとに確率が設定され、その中からランダムな抽選によりそれらが排出される仕組みを指します。

日本のゲーム会社がスマートフォンの普及以降、ソーシャルゲームのガチャ課金システムで大きな利益を上げてきたことは、多くの人が理解していることでしょう。

以前と比べるとガチャに依存しないゲームも増えてきているとはいえ、依然としてガチャが稼ぎ頭になっているゲーム会社も少なくはありません。

アメリカやヨーロッパ各国では、日本と比べるとルートボックス(ガチャ)に対する視線は厳しく、ベルギーではルートボックスの提供が禁止されたり、それ以外の国でも規制を求める動きが政府レベルで進んだりと、難しい状況におかれています。

確率開示は世界に広がる?

今回ESAが発表した内容によると、3社が提供するプラットフォームにおいて、有料ルートボックスの排出率の開示を、2020年までに実施することを目標としています。

すでに多くのゲーム会社もこの取り組みに同意しているとのことで、今後ルートボックスの確率を開示していく流れは強まると予想されます。

こちらはあくまでアメリカでの動きではあるものの、確率を開示する会社が主流になれば、非開示の会社には非難が集まることも予想されますので、やがてすべてのゲームに広がっていく流れになると予想されます。

なおモバイルゲーム市場では、Apple StoreやGoogle Playにおいて、すでに同様の取り組みが進んでいます。

この10年ほどですっかりメジャーになったルートボックスですが、大きな転換点を迎えているのかもしれません。

ランキング

  1. 【Kindleセール】99円セール『あんアンドロどろ・アリスと蔵六・風魔ちゃん』などリュウコミックス
  2. 【ぷにぷに】イベントマップの隠しステージ解放条件|ギンガ(火星)【妖怪ウォッチ】
  3. 【Kindleセール】恋愛ラノベ50%OFF『お隣の天使様・優等生のウラのカオ・やたらと察しのいい俺』GA文庫セール
  4. 【Kindleセール】11円&50%OFF!!一二三書房コミック・ラノベ
  5. 【呪術廻戦】死亡キャラクター一覧(6/10更新)|毎週更新!生存キャラクターの一覧も!【ネタバレ注意】

新着記事

新着コメント

次回ニンダイは2024年6月のいつ?予想日と過去の内容紹介【ニンテンドーダイレクト履歴・周期まとめ】
19時間前 15
ゲーマー 19時間前

== 『ポケットモンスター』【第10世代での変更点】 == ”フォルムチェンジ”と呼ばれる現象によって、別のポケモンに切り替えることができなくなった。 「複数フォルムポケモン」と呼ばれるようになり、それぞれが完全に独立した1種類のポケモンとなった。 フォルムチェンジが廃止された理由は、ポケモン図鑑自体が姿違いではないため。 「1つの図鑑番号ごとに、複数のポケモンを共存させることは無理」と開発者は考えている。 「フォルムチェンジ系のポケモンは、キャラ立ちや攻略が曖昧になる欠点があったので、スッキリしてよくなったと思う」と開発者は考えている。

もっと見る
トップへ