【艦つく Warship Craft】リセマラ情報について!リセマラの必要はない!?早くゲームを始めよう!

最終更新日


今回は2019年8月20日にリリースされた新作アプリ『艦つく』リセマラ情報について調べてみました!

 

インストールする前は「主砲とかのパーツをガチャで引くのかな?」と思っていましたが、いざ始めてみたら……全然違い、リセマラが不要なタイプでした。

というわけで、今回はなぜリセマラが不要なのかをいつもの2人と一緒に伝えていきます!

アカネ
アカネ

なんだぁ……リセマラできないんだ。アタシリセマラ好きなんだけどなー!あ、今回もよろしくね。

レン
レン

リセマラだけで数日潰すより良いじゃない。すぐにゲームを楽しめるんだから。

どんなゲームなの?

まずは艦つくがどんなゲームかを簡単にご紹介!

 

300種類以上あるパーツを使って、自分の好きなように艦船をクラフトし、自分だけの艦隊を作り上げていく。

そして作った艦隊を実際に自分で動かせる、それが『艦つく』です。ジャンルは艦隊クラフトTPS!

アカネ
アカネ

あのーぉ……TPSって、なに?

レン
レン

んー、簡単に言えば『ちょっと後ろの方から見た視点のゲーム』って感じね。FPSよりも全体の状況を見られるタイプ。

アカネ
アカネ

そっか!よくわかんないけど、プレイすればわかるよね!

リセマラがいらない理由

なぜリセマラが不要なのかについてですが、単刀直入に言いますと……艦つくにはガチャがありません。

 

艦船もパーツもガチャではなく「技術開発」をして「購入」したり、「戦役」で手に入れられる「壊れたパーツ」を修理したりして入手するのが基本です。他にもイベントなどで手に入ることもあると思います。

 

それらのシステムについて1つ1つ解説をすると長くなってしまうので、1つだけ覚えてくれれば大丈夫です!

『ガチャはない』

 

ゲームを進めていけばいくほど、新しく購入できる艦船やパーツが増えていき「自分の好きなように艦船をクラフトできる」からリセマラは不要!

アカネ
アカネ

なるほどなるほどー!あれ、じゃあもう話すことないの?記事終わり!?

それも少し寂しいですよね……では、少しだけクラフト画面の紹介もしておきます。

 

こちらが実際の「造船」画面です。

画像で決めようとしているのは……主兵装の位置。

本格的なクラフトゲームというだけあり、もちろん兵装などの攻撃手段だけではなく他の「設備」「機関」も自分でパーツを設置していきます。

 

艦船を動かすのに必要な「タービン」「ボイラー」はもちろん、「艦橋」「マスト」「煙突」なども全て自分でパーツを選び、どこに置くか、どれだけの数置くかを決めるんです。

プラモデル制作などが好きな方は、これだけで数時間は熱中できるんじゃないかと思います。

 

 

 

そして実際に作り上げた艦船を操作するのは、なんとも気持ちがいいものですよ!

レン
レン

この見た目にはツッコんだ方がいいのかしら……

アカネ
アカネ

え?カッコいいじゃん!なんかいっぱい撃てそうだし。

 

あぁいや、その……こんな風になっちゃうのには一応私なりの理由がありまして。

それについてはレビュー記事序盤攻略記事で触れていく予定ですので、もしよければご覧くださいね。

最後に

以上、艦つくのリセマラ情報についてでした!

 

ガチャがなく、パーツを集めて自分だけの艦船を作り上げるゲームということで……リセマラは不要ですから、興味がある方はすぐ始めちゃいましょう。

序盤は燃料が溢れがちですから、早めに始めた方がいいです。

 

私もまだまだ始めたばかりなので手探り状態ですが、レビュー記事序盤攻略記事も作成予定ですので、もしよければご覧ください。

アカネ
アカネ

アタシ達も出るからねー!

レン
レン

ここまで読んでくれてありがとうね。また会いましょう。

↓『艦つく』のダウンロードはこちらから!↓


↓レビュー記事はこちら!↓

【艦つく】序盤で空母は役に立たない!?がっつり本音でレビュー!戦闘よりもクラフトが楽しい。

スマホ レビュー
どうもポニポニです!今回は2019年8月20日にリリースされた新作アプリ『艦...
続きを読む

↓序盤攻略記事はこちら!↓

【艦つく】序盤を徹底攻略!ステージ5までは駆逐艦1隻で進めよう!

スマホ 序盤攻略
今回は2019年8月20日にリリースされた新作アプリ『艦つく』の序盤攻略につ...
続きを読む

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら