Apple Arcadeの遊び方!対応タイトルやコントローラーなど最新情報まとめ

最終更新日

Appleは2019年9月11日に開催された新商品発表会において、定額制ゲームサービス「Apple Arcade」のサービス開始が、2019年9月20日(日本時間)になると発表しました。

月額600円(初月無料)で100以上の作品を自由にプレイすることができます。

これまでに明らかになっている情報と合わせて、Apple Arcadeの概要を紹介します。

出典: www.apple.com

プレイに必要な端末


出典: www.apple.com

対応端末
  • iPhone
  • iPad
  • iPod touch
  • Mac
  • Apple TV

ひとつの端末で始めたゲームを、別の端末で続けることも可能な仕組みになっています。

ただしすべての端末において、9月20日から遊べるようになるわけではありません。OSのアップデートによってApple Arcadeに対応する必要があり、端末搭載のOSごとにサービス開始時期が異なります。

サービス開始時期はそれぞれ、

  • iOS:9月20日
  • iPadOSとtvOS 13:9月30日
  • macOS Catalina:10月

となることが明らかにされています。

全作品オフライン、広告や追加課金なし


出典: www.apple.com

Apple Arcadeに加入していれば、100以上の作品を無制限に楽しむことができます。今後数週間にわたって新しい作品が登場し、その後も毎月追加されます。

サービス開始以降、App StoreにArcadeタブが用意されますので、加入後作品をダウンロードして楽しみます。サービスへの加入も、こちらの画面から可能と思われます。

すべての作品はオフラインでプレイすることができ、ファミリー共有を利用することで、誰か1人がApple Arcadeを契約すれば、最大6人まで楽しむことができます。

ゲームをプレイするにあたり、広告が表示されたり、追加購入が発生したりすることはありません。ご家族がガチャやアイテムに課金してしまうことに、神経をとがらせる必要はありません。

スクリーンタイム(※1)やペアレンタルコントロール(※2)にも対応しているなど、大人でも子供でも安心してプレイできる環境づくりに気を配っている印象があります。

※1 スクリーンタイム:アプリや機能ごとの利用時間をリアルタイムで測定し、利用制限をかけることができる機能のこと。

※2 ペアレンタルコントロール:特定のアプリや機能を使えなくする機能のこと。

ゲーム機のコントローラーに対応するゲームも

タッチコントロールやSiri Remote(※3)での操作に対応しているほか、一部のゲームではBluetooth対応のXbox ワイヤレス コントローラーPlayStation DUALSHOCK 4MFiゲームコントローラー(※4)などのコントローラをサポートしています。

※3 Siri Remote:Apple TVに対応したリモコン。音声認識のほか、加速度センサーや3軸ジャイロを内蔵している。価格は5,800円(税別)

※4 MFiゲームコントローラ:Appleの認証を取得しているコントローラー。一般的な形状のもののほか、スマートフォンと接続して利用するものもある。

作品ラインナップ

新発表タイトル

すでに公開されている作品では、FF生みの親として知られる坂口博信氏のミストウォーカーが制作する「FANTASIAN」や「ソニックレーシング」などがありますが、公式サイトでは新たに多くの作品が紹介されています。

対応タイトル一覧
  • 弾丸ベースボール(Gameloft)
  • チューチューロケット!ユニバース(セガ)
  • Exit the Gungeon(Devolver)
  • オーバーランド(Finji)
  • PAC-MAN Party Royale(バンダイナムコ)
  • Projection: First Light(Blowfish)
  • Rayman Mini(Ubisoft)
  • Shantae and the Seven Sirens(WayForward)
  • Skate City(Snowman)
  • Sneaky Sasquatch(RAC7)
  • アンリーシュ·ザ·ライト(Cartoon Netwrok)
  • Super Impossible Road(Rogue Games)
  • The Bradwell Conspiracy(Bossa)
  • The Enchanted World(Noodlecake)
  • VARIOUS DAYLIFE(スクウェア·エニックス)

この中から注目作品を紹介します。


出典: www.apple.com

スクエニの「VARIOUS DAYLIFE」は、「ブレイブリーデフォルト」と「オクトパストラベラー」のクリエイターが作る新しいRPGとのことです。ゲーム画面からは、洋風RPGの雰囲気が伝わる作品です。

 


出典: www.apple.com

セガの「チューチューロケット!ユニバース」は、かつてドリームキャストやゲームボーイアドバンスなどでも発売された作品の新作です。100を超えるパズルを楽しめるとのことです。

 


出典: www.apple.com

Gameloftの「弾丸ベースボール」は、ピッチャーとバッターの熱戦をリアルタイムのマルチプレイで楽しめるとのことです。

ゲーム内容が明らかになったタイトルも

発表済みタイトルの中でも、ゲーム内容の一部が明らかになったものがあります。いくつかの作品をピックアップし紹介します。


出典: www.apple.com

Oceanhorn 2: Knights of the Lost Realm」は、ゼルダの伝説への強いリスペクトをもって作られ高い評価を獲得したアクションRPGの続編です。美しいビジュアルと新たな戦術アビリティを楽しみましょう。

 


出典: www.apple.com

LEGO Brawls」は、レゴユニバースで繰り広げられるマルチプレイヤー対戦ゲームです。レゴでオリジナルのキャラクターを作り、仲間と一緒にマシンを組み立て、それを操作して戦います。

 


出典: www.apple.com

Where Cards Fall」は、一人の人間の成長を描くストーリーを楽しむパズルです。主人公は思春期ならではの不安や感情と向き合いながら、困難を乗り越えて道を切り開いていきます。

 


出典: www.apple.com

Frogger in Toy Town」は、アーケードゲームとして世界中で人気を集めたアクションゲームの最新作です。障害物を避けながら前へ進むシンプルさを、最新の3Dグラフィックで楽しみましょう。

【最後に】とりあえず試したいサービス

「Apple Arcade」の紹介でした。オフラインで遊べることや広告、追加課金がないことなど、安心してゲームを楽しめるサービスと言えそうです。

加入後1か月は無料で利用できますので、対応端末を持っている方であれば、とりあえず試してみてもいいのではないでしょうか。

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら