アンチRPG「moon」とは?Switch版の特徴などゲーム内容まとめ

最終更新日

1997年に発売され、「アンチRPG」として話題を集めた「moon」が、Nintendo Switch用ソフトとして2019年10月10日に発売されます。

一風変わったRPGとして知られる本作の特徴を紹介します。


出典: oniongames.jp

基本情報

発売日

2019年10月10日

対応機種

Nintendo Switch

メーカー

Onion Games

価格

1,980円(税込)

RPGの常識を皮肉る作品


出典: oniongames.jp

ゲームで最も人気のあるジャンルのひとつであるRPG。RPGには私たちが当たり前のように受け入れている表現がいくつもありますが、よく考えると疑問に思うこともたくさんあります。

  • 「なぜ勇者は、世界中のモンスターをすべて倒してしまうのか。」
  • 「なぜ勇者は、勝手にタンスを開けて人の家からアイテムを盗むのか。」

特定の作品や事柄を狙い撃ちしたような表現も多く、当時のRPGにしては高すぎる自由度もあいまって、さまざまな意味で話題となった作品です。

ストーリー


出典: oniongames.jp

月の輝くある夜、ひとりの少年がテレビの中に吸い込まれてしまいます。

少年がやってきたのは、とあるゲームの世界「ムーンワールド」。

ここで少年は、勇者が経験値稼ぎのために殺したアニマルの魂を救済したり、奇妙な住人たちの生き様を覗き見て、「ラブ」を集めて成長します。

戦闘のないRPG


出典: oniongames.jp

勇者によって倒されたモンスターは、この世界では「アニマル」と呼ばれ罪のない存在です。

散歩しているとさまざまな場所にアニマルの死骸が転がっていますので、魂をキャッチして彼らを生き返らせ、ラブを獲得します。


出典: oniongames.jp

この世界の住人たちは、曜日や時間でさまざまな行動を取ります。朝になれば花屋が職場に出勤し店を開け、お城の兵士たちは持ち場につきます。

夜な夜な秘密の遊びに興じる人もいれば、毎日釣りをして過ごす人も。それぞれに生きる住人たちの頼み事を聞き解決してあげることでも、ラブを獲得します。

戦闘のないRPGですので、ラブを獲得しても主人公が物理的に強くなることはありませんが、行動時間が伸びゲームが進めやすくなります。

好きな音楽で楽しむ


出典: oniongames.jp

ゲームBGMは自分で決めることができます。MD(ムーンディスク)を使い、好きな音楽を選曲して冒険を進めましょう。

なおSwitch版では、楽曲はステレオ音声で収録されています。

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら