【ラストキングス】通常のリセマラは不可能!?リセマラで狙うキャラ!0.01%に挑む!?【ラスキン】

最終更新日


どうもポニポニです!今回は2019年10月29日にリリースされた新作アプリ「LASTKINGS」(ラストキングス)のリセマラについて話していきますよ!

もちろんアカネさんとレンさんも一緒です。

 

次世代の戦略シミュレーションということで、色々な楽しみ方ができるラストキングス。

軽いゲームの紹介を挟んでから、リセマラについて話していきますよ。

アカネ
アカネ

ふふーん、今回は難しいらしいって聞いてるからかなり気合が入ってるよー!

レン
レン

気合でどうにかなるような感じじゃないと思うわ。

どんなゲームなの?

まずは軽くラストキングスがどんなゲームなのかをご紹介。

 

ジャンルとしては戦略シミュレーションRPGです。

上の公式プロモーションムービーを見てもわかるように、戦略シミュレーションとしてはなかなか美麗なグラフィックが特徴のゲーム。

 

英雄(キャラ)が兵を引き連れて軍団として戦うパート英雄だけで戦うパートの2種類あるのもこういった戦略シミュレーションにしては珍しいですね。

「ダンジョン」では英雄パート、それ以外での戦いは軍団パートといった感じ。

 

最序盤は自分の領地に様々な施設を建てて成長させていくのがメインですが、ゲームを進めて世界に出ることで魔物の討伐や他プレイヤーとの対決・協力を楽しめます。

 

世界の中心にある「混沌の聖地」という城を占領することが最大の目標。

混沌の聖地を占領したギルドのマスターは「帝王」と呼ばれるとか!

 

戦略シミュレーションにしては珍しい要素も取り入れつつ、基本もしっかり抑えていると言えます。

ヘルプ周りが充実しているのが個人的にとても好き。

アカネ
アカネ

戦略シミュレーション部分がメイン……だよね?

レン
レン

半々って感じかしら……結構RPG要素も強いわよ。シナリオダンジョンなんかもあるし、育成周りはRPGっぽい感じね。

リセマラ手順について

ラストキングスのリセマラ難度はそこそこ高めとなっています。

 

リセマラ1回あたりにかかる時間は8分+データダウンロード時間といったところで、99回引き直しガチャ(募集)が可能。

最高レアリティである伝説の確率は1%。

 

詳しいリセマラ手順については下記の通りです。

 

  1. アプリをインストール
  2. データダウンロード※1GB超え
  3. 勢力・守護神選択
  4. チュートリアルを進める
  5. 名前を決める※重複不可・変更アイテム1個獲得
  6. 狂戦士フロキーを2回倒す
  7. 拡大した領地に酒場を建てる
  8. 酒場で5回募集する※99回引き直し可能
  9. 通常のリセマラ手順は不可能

 

以上がリセマラ手順なんですが、通常のアンイストール→再インストール手順でのリセマラが不可能なんですよ。

複数端末を使った引き継ぎ方法でリセマラできるかどうかも不明。

 

そのため、99回引き直しができるとはいえリセマラ難度はそこそこ高めとなっています。

というか……リセマラができない。

 

最初の勢力(8種類)決めについては、特にどの勢力が強いとかはなさそうです。

勢力によって生産速度・行軍速度・戦闘能力が少し上昇する程度のものなので、好みでいいでしょう。

守護神についても、特別オススメのものはありません。

 

チュートリアル後自由に動けるようになったら、この画像のように黒いオーラが出ている敵「狂戦士フロキー」がいるはずなので、2回倒してください。

下に表示されているメインミッションを無視していきなり倒すことも可能です。

 

狂戦士フロキーを2回倒せば領地が広がり、ガチャを行う施設「酒場」の建設が可能になります。

酒場の建設位置はココ!

 

ガチャの詳しい排出確率は下にまとめておきました。

レアリティ 排出確率
伝説 1%
英雄 18%
レア 24%
高級 26%
一般 31%

リセマラで狙うキャラ

ガチャの仕様

リセマラで狙うキャラについて!の前に、ラストキングスのガチャ仕様についてご説明。

ラストキングスではガチャ(募集)を回すのに、ゲーム内課金通貨やガチャチケなど何かが必要なわけではありません。

 

そして、募集結果のキャラを無条件で獲得できるわけでもないんです。

レア以上のキャラに関しては「登用券」と呼ばれるアイテムを消費することで、募集したキャラを獲得できます。

 

リセマラ時点で持っている登用券は500。

レアは10枚・英雄は75枚・伝説は300枚登用券を使うので……どんなに良くても伝説1・英雄2・レア2くらいだということを先に覚えておきましょう。

アカネ
アカネ

ふむふむ。つまり伝説を2人引けたとしても、雇えないってことかぁ。

レン
レン

そういうことになるわね。先にゲームをちょっと進めれば数十枚くらいは手に入るでしょうけれど……伝説2人分まで集めるのに何分かかるかはわからないわ。

0.01%の壁を超えよう!

それでは最強リセマラランキング!というわけでもありませんが、リセマラで狙うキャラについて話していきますよ。

 

ズバッと言ってしまうと、排出確率0.01%のキャラがSSランクです!

 

同じ伝説等級のキャラでもかなり排出確率に差があるんですが……性能にも差があるみたいなんですよね。

ホルクル・クラリス・エンマはご覧のように排出確率が0.26~0.27%と高めで、伝説キャラを引いた時の8割くらいはこの3人のうちの誰かが出てきます。

 

そして0.02%のキャラが7人、0.01%のキャラが7人いるんですよ。

ステータスで判断すると、決して上の3人が特別弱いというわけではないんですが……スキルなどを見てみると、やはり0.01%のキャラの方が強い。

 

0.01%の中でさらに厳選というのは絶対に無理なので、0.01%のキャラが引けたら誰でもリセマラ終了でいいでしょう。

0.02%のキャラでも「アイレン(事前登録報酬キャラ)」以外ならあり。

 

ちなみに、ゲーム開始後7日間の猶予がある「成長イベント」を最後までやり遂げることで、最初に決めた勢力に合わせた0.01%伝説キャラが手に入るらしいです。

※確実に勢力に合っているかは不明。

 

万が一被っても後々の「超越」に使えるので損じゃありませんよ。

アカネ
アカネ

0.01%を狙い撃つだなんて……リセマラのプロであるアタシでも厳しいよ。

レン
レン

引き直しの回数制限もあるし、無茶する必要はないわ。伝説1人に英雄2人引けたらそれで充分よ。

最後に

以上、リセマラについてでした!

 

特殊なガチャ仕様ということもあり、通常のリセマラ手段が不可能ということもあり、なかなか厳しいですが頑張りましょう。

レンさんが言っていたように、伝説1人に英雄2人くらいが現実的なリセマラ終了ラインです。

 

序盤攻略記事本音レビュー記事も作成予定なので、もしよければご覧くださいね。※作成しました!下にリンクあり。

ここまで聞いていただきありがとうございました!

 

新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

↓もしよければフォローしてください!↓

ポニポニツイッターアカウント

 

2人もお疲れ様でした、次の記事でもよろしくお願いしますね。

アカネ
アカネ

お疲れー!うーんと、引き直しの回数も合わせると500回分のガチャで0.01%を狙うのかな……なんかいけそう。

レン
レン

全然いけないわよ。実際には7人で0.07%だから、0.01%というわけではないけれどね。皆さんもお疲れ様、また会いましょう。

↓ラスキンのダウンロードはこちらから!↓


↓序盤攻略・本音レビュー記事はこちら!↓




コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら