【ポケダンDX】何が変わった?変更点や追加要素まとめ【ポケモン不思議のダンジョン救助隊DX】

最終更新日

『ポケモン不思議のダンジョンDX(ポケダンDX)』のリメイク前からの変更点、新要素を掲載しています。

前作からの削除・変更点

通常攻撃の廃止

リメイク前は技とは別に効果を持たない通常攻撃が存在しましたが、今作では攻撃するには必ず技を使用する必要があります。

全ての技が使用不可能になると「わるあがき」を使用し、自分もダメージを受けてしまいます。

その代わり技によるお腹の減少度は抑えられているようです。

かしこさの廃止

グミを食べてかしこさを上げる事でダンジョン攻略に有用なスキルを覚える事が出来たシステムが廃止されています。

かしこさの代わりに「すごわざ」が存在し、1匹につき1つ特殊なパッシブスキルを覚える事が可能になりました。

このすごわざは「DXグミを食べる」「仲間になったポケモンがたまに持っている」などで覚えさせていく事が出来ます。

グミはかしこさを上げる能力の代わりにステータスを成長させる役割を持つようになりました。

マクノシタ訓練所の仕様変更

リメイク前は任意のタイプのダンジョンを選んで進んでクリアを狙っていくというものでしたが、DXでは完全に経験値稼ぎのボーナスステージとなりました。

また、入場にはチケットが必要となり、チケットの等級によっても訓練内容が変わります。

主人公・相棒の変更

ゲームを開始するといくつかの質問をされ、その回答によって自分にあったポケモンが提案されるのはリメイク前通りですが、今回はその提案を却下して自分で任意のポケモンを選択出来るようになりました。

また、相棒ポケモンとしては選択できなかった「イーブイ」「ニャース」「カラカラ」「コダック」「エネコ」も相棒として選択出来るようになっています。

DXからの追加要素

技成長システムの追加

技を使用していくと技自体がパワーアップしていき、「威力が上がる」「PPが増える」などのボーナスが得られます。

また、技の成長度はパーティで共有されているので同じ技を覚えているポケモンを使っていれば効率よくパーティの強化を行える他、新しく仲間にしたポケモンでもすぐに強力に成長した技を使用する事が出来ます。

新技の追加

リメイク前には存在しなかった技も今作には存在し、より多様性の高い攻略や戦略が練られるようになりました。

技は勿論相手も使ってくるので技毎の特性はしっかりと把握していきましょう。

連れ歩き数の増加

DXでは基本的にダンジョン入場の際に3匹まで仲間を連れていける他、ダンジョン内で仲間にすると最大計8匹までのポケモンと冒険が出来ます。

更に仲間が増えそうになった場合は連れているポケモンから誰と別れるか、または仲間にしないかなどを選択可能です。

ダンジョン内で仲間になったポケモンは、対応したキャンプを解放しているポケモンに限りダンジョンを突破するとそれ以降もダンジョンに連れていける仲間となります。

対応したキャンプを持っておらず、仲間にする事が出来ないポケモンもダンジョンクリア後に冒険のお礼としてお金をくれるので無駄になる事はありません。

オート移動の実装

ダンジョン内で「L」を押す事によって自動で移動をしてくれるオード移動モードに移行します。

階段を最優先で探す「階段優先」埋まっていないマップを埋めていく「探索優先」のどちらかから行動形態を選ぶ事が出来る上、敵が近くに来た場合はオート移動を中止するので気づいたら倒れているという事故も最小限に抑えられます。

行動形態はオプションから変更が可能です。

覚醒状態&メガシンカの追加

特定の条件を満たすと使用出来るようになる覚醒状態の存在が確認されています。

ポケモンによってはメガシンカになるようです。

詳しい条件については未確認となっています。

新たなアイテムの種類

DXでは以前は存在しなかった「えだ」というアイテムの種類が追加されました。

えだには使用回数が存在し、使用するとそれぞれに対応した効果を持った弾が真っすぐに飛んでいき、当たった対象に作用します。

使用回数が0になると振っても反応しなくなってしまいますが、えだ自体をぶつける事で効果を発動させる事が可能です。

色違いの実装

ダンジョンで出現する強敵は稀に色違いで出現します。

ただし仲間にするには「ともだちリボン」が必要となっています。



コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら