【エンソル】本音満載レビュー!熱いストーリーを楽しむゲーム!本当にただの運ゲーなのか!?【エンゲージソウルズ】

最終更新日

↓こちらからダウンロード!↓


どうもポニポニ(@ponitemaweapon)です!

今回は2020年6月25日にリリースされた新作アプリ「エンゲージソウルズ」(エンソル)を本音でレビューしていきますよ!

もちろんアカネさんとレンさんも一緒です。

 

序盤で決めつけるのはもったいないですよ!

アカネ
アカネ

……うん?何が?

あぁいや、すいません。

最序盤~序盤だけの印象で判断されてしまっていることが多いゲームなんですよ、エンソルは。

 

運要素の強いゲームではありますが、ただの運ゲーというわけではないんです。

ちょっと触って辞めてしまった人やまだエンソルを知らない人に向けて、その隠された魅力を伝えていきたいと思います。

 

それではゲーム内容や基本的な流れ、そしてエンソルの魅力や不満まで本音で語っていきますよ!

アカネ
アカネ

最近、第一声で変なこと言うことが増えたよねーポニポニさん。

レン
レン

最序盤や序盤の印象で判断されるのは当たり前じゃない。スマホゲーユーザーはライトな層が多いんだから。

いや、なんか……ごめんなさい。

ゲームジャンル・公式動画など

まずは基本となるゲームジャンルの説明と、キャラクター・世界観・実際のゲーム内画面を確認できる公式動画などをご紹介。

ジャンル

公式ジャンルはRPG。

実際のジャンルは育成シミュレーション×RPGといったところ。

公式動画など


こちらの公式動画はリリース前のものですが、メインの「eじゃんけん」パートである「エンゲージバトル」の特徴を簡単に知るには良い動画ですよ。

ゲーム内容・基本の流れ

キャラを育成する「トレーニング」パートを楽しむ

ガチャでキャラをゲットして即エンゲージバトル!……というわけではなく、キャラは本格的な育成パートである「トレーニング」で育成していく必要があります。

※一応トレーニングをせずともエンゲージバトル自体は可能

 

 

6つのスクールにそれぞれ5人ずつメンバーがいて、その1人1人を育成可能。※ゲーム開始時は初期スクールのみ

スクールごとに異なる特徴・特色があり、スクールだけでなくキャラ1人1人にしっかりとしたストーリーが用意されているのも見どころ!

 

 

トレーニングパートは4つのフェーズごとに13ターン(週)あり、合計52ターンの中でどれだけキャラを育成できるか……そういうコンテンツ。

 

また、ガチャで引いたキャラは最大5人まで設定できる「サポートキャラ」にして練習を手伝ってもらったり、アビリティ習得の必要ポイントを割引してもらい、特殊なアビリティを授けてくれる役割がメイン。

 

つまり、育成するキャラ自体が高レアキャラでも、サポートキャラが低レア&低レベルだと育成するキャラもなかなか成長できないというシステム。

 

トレーニングと言っても単調な練習だけを繰り返すようなものではなく、サポートキャラとの個別シナリオ・スクールのシナリオ・シナリオ中に挑むエンゲージバトル大会への参加などがあり、しっかり読みながらプレイするとかなり時間がかかるパート。

 

こう聞くと、育成にばかり時間がかかって肝心のエンゲージバトルを楽しむ時間がないように思われるかもしれませんが……会話画面左下の「テキスト」をスキップ倍速モードにすれば凄い速さでテキストを飛ばせるのでそこは安心。

 

さらに、1度トレーニングを終わらせたスクールでは共通シナリオ部分を全カットする機能もあるので、慣れてくれば10分程度で終わらせることも可能。

 

スクールによってはちょっと変わったミニゲーム(特殊な野球・暗記リズムゲーム等)もあり、その成果により育成ポイントをより稼げるといった要素があります。

 

 

そうして練習を重ねていき、練習・シナリオ・サポートキャラから貰ったポイント・スクールの特殊要素などで稼いだポイントなどを使ってキャラのステータスを伸ばし、特殊技能(アビリティ)を身に着ける。

 

最終的に総合評価S~SSSを目指して育成を極めていく……これが「トレーニング」!

 

ちなみに、いくらトレーニングをしてもキャラのレベルが上がることはありません。

キャラは同キャラ被りなどで手に入る「バッジ」を使って強化し、レベルを上げていくんです。

 

一定レベルごとに様々なボーナス数値が加算されていき、それがトレーニングパート時に大事になってくるわけなんですよ。

無課金でも簡単にレベル上げは可能。

アカネ
アカネ

こんなこと言っていいのかわかんないんだけど、アタシ……バトルしてる時よりトレーニングのシナリオ読んでる時の方が楽しい!

レン
レン

そういう人も多いと思うわよ。キャラによってはかなり深い設定も練られていそうだし、王道的で熱くなれるようなシナリオが多いしね。

育成したキャラでエンゲージバトル!

トレーニングでキャラを育成したら、メインのeじゃんけん「エンゲージバトル」を本格的に楽しめます。

エンゲージバトルのモードは4つ。

 

  • グループ分けされた中で上位を目指して戦うストリートバトル(GPS機能を使ったバトルも可能)
  • 選抜メンバーを5人決めてリーグ戦に挑むプロリーグ
  • 提示された2つのスクールから1つを選び、そのスクールのキャラで戦い全プレイヤーのポイントを集計して戦うスクール対抗戦
  • 全プレイヤーが参加可能でシングル戦と団体戦が用意されているグラントーナメント

 

開催時期・時間が決められているコンテンツもアリ。

 

 

トレーニングで体を鍛え上げたキャラクター達が自らの拳で戦う……というわけではなく、自分の魂が具現化した「ソウル」で戦う競技。

このエンゲージバトルのシステムが、ちょっぴり複雑。

 

 

簡単に言うとソウルにはグー・チョキ・パーが振り分けられていて、手持ち3枚のソウルカードの中から1つを出してじゃんけんをし、その勝敗によってその後の攻撃パートの内容が変化します。

※手持ちソウルは毎セット(ターン)ごとに1つ補充される

 

ここで大事なのは「じゃんけんに勝ったからといって攻撃が必ず当たるわけではない」ということ。

じゃんけんに勝った場合は先攻攻撃&そのソウルの命中率が上がるというだけで、必ず当たるというわけではありません。※特定の条件を満たすとほぼ必中にできるジャストパートが発生する

 

さらに、勝ったとしても先攻攻撃を取れる&命中率が上がるだけで相手からの攻撃もそのセットで発生します。

このあたりが「運ゲー」とされる理由なんですが、それについてはまた後で詳しく語りますよ!

 

あいこだった場合は「ビックリマークが中央に出た瞬間にタップする速度勝負」が発生し、そこで勝つと通常のじゃんけん勝利同様に先攻攻撃&命中率アップとなるんです。

 

あいこを制するものはエンゲージバトルを制す……そう言えるほどあいこは大事。

 

ちなみに、相手が今どのソウル(グーチョキパー)を持っているかは常に確認できるので、そこで読み合いが大事になってくる仕組みとなっています。

 

グー2枚・チョキ1枚みたいな時もよくあるので、その時は「グーを出せば確実に負けないけど、あいこ狙いのグーを潰すためにパーを出す」みたいな駆け引きが発生するということですね。

 

最大9セットまでじゃんけん勝負を繰り返し、相手の体力を削りきった方が勝ち!これがエンゲージバトルです。

あくまで今回は簡単に説明していますが、本当ならさらにキャラやソウルの属性・育成で獲得したアビリティなども絡みあってくるので、突き詰めていくとかなり複雑な戦闘と言えるでしょう。

 

そんなわけで……サポートキャラのレベルを上げ、高レベルサポートキャラの力を活かしてトレーニングで強いキャラを作り上げ、各エンゲージバトルで活躍させるのが基本の流れ!

アカネ
アカネ

うん、複雑だよね。じゃんけんに勝つだけじゃダメな感じだし……アタシにはちょっと難しいよー

レン
レン

序盤はトレーニングのコツとかもわからないから、余計に運ゲー感が増すのよね。強いキャラを作っても運要素がなくなるわけじゃないけれど。

 

 

エンゲージソウルズの魅力

各スクール・キャラのシナリオが面白い&良質!

ここまででも話してきましたが、トレーニングパートでのシナリオが本当に面白い!

スクールごとのシナリオはもちろん、30人いるキャラ1人1人にしっかりとしたストーリーが用意されている感じなんですよ。

 

初期スクールである「マイティエッグ」なんかは少年漫画雑誌に載っていてもおかしくないレベルの王道中の王道ですし、他のスクールも歩み方は違えど皆王道といった感じ。

 

私もまだ全てのキャラでトレーニングを終えたわけではありませんが、少なくとも私が見てきた限りでは「あ、このキャラは手抜きだな」みたいなキャラはいませんでした。

 

キャラモデルなどもしっかり作り込まれているので、見た目的にもかなり楽しめますしね。

ジュウロウとかクレインのポニテには大注目。

アカネ
アカネ

いや、うん。言っていること自体には同意するけどさ……個人的な趣味が画像にまで出てるよ。

レン
レン

無視よ、無視。いずれイベントなんかでさらに各キャラのエピソードを掘り下げてくれるかもしれないわね。

課金周り・不満なところについて

ここからは少し口調を崩しつつ、より本音で話していきますよ!

無課金でも楽しめるの?

2020年6月29日時点で、全く問題なく楽しめています!

 

「結局高レアキャラをサポートに集めないと強いキャラは作れないんでしょ」と思われるでしょうが、最高レアである星5キャラがいなくても総合評価の高い(S以上)のキャラに育てあげることは可能。

 

星4以上のキャラでサポートを埋めることが大事なのは事実ですが、無課金でも星4キャラくらいなら普通に集められるんですよ。

 

ストリートバトル報酬・デイリー&ウィークリーミッション報酬だけでも、毎週ガチャ10連分近いグランスター(ゲーム内課金通貨)を獲得できるんですもん。

 

実際はさらにログインボーナス・他コンテンツ報酬・フレンド挨拶報酬なども加わるので、無課金でも毎週ガチャ10連くらいなら普通に引けると思います。

 

レベルを上げるためのバッジ集めも、ストリートバトルのGPS機能を使った「近くの人とバトル」を使えってノーマルガチャを引きまくれば簡単に集めることが可能。

※今後仕様が変わる可能性はある

 

というわけで、無課金でも何の問題もなく楽しめますよ!

アカネ
アカネ

星4と星5の違いってレベル上限と、それによるボーナス数値の差くらいだもんね!スペシャルなアビリティとかは星4でも獲得できるよー

レン
レン

フレンド周りがわかりにくいというか、少し複雑なのが難点だけれど……ま、無課金でも楽しめるゲームだとは思うわ。

オススメの課金要素は?

私は無課金でプレイしていますが、課金するなら「初回限定グランスターパック」でしょうか……。

正直、無課金でもキッチリグランスターを集められるのであんまり課金する必要性を感じません。

不満なところについて

残念ながら、今回は小さな不満あり。

 

私が感じた不満点、それは……説明不足。

 

チュートリアルに詰め込みすぎてもユーザーにとって面倒になってしまうのはわかりますが、もっとトレーニングで重要なポイントやエンゲージバトル中の細かい部分についてアドバイスが欲しい。

 

ヘルプを熟読すれば大半のことはわかるとはいえそこまでするユーザーってあまり多くないですし、熟読してもまだわからない部分があるんですよ。

 

ただ……「自分でとことんトレーニングを重ねて、最適な編成やパターンを考えて欲しい」という気持ちも伝わってくるので、大きな不満ではありません。

 

「もっと知りたい!」という前向きな気持ちから来る不満と言えるでしょう。

アカネ
アカネ

褒めてるのか褒めてないのかよくわかんない……けど確かに、難しいからもっと色々アドバイスして欲しい部分はあったかなぁ。

レン
レン

難しいところだと思うわよ?説明がいきすぎるとただの攻略だし、攻略自体はプレイヤー自身に考えて欲しいんだろうしね。

命中率について

「え?命中率がある=運ゲーって部分は不満じゃないの?」と思った方もいるでしょうが、私はそこに不満はありません。

なぜなら、育成・アビリティなどでそういった運要素を減らしていけるから。

 

HPが1残るアビリティ・相手からのクリティカルダメージを大きく減らすアビリティ・HPがほぼない時に命中率を上げるアビリティなどなど、様々なアビリティやSPアビリティを身につけることで運要素は減らせます。

 

あいこ時の速さ勝負も、私的には運要素を減らすためのプレイヤースキル要素だと感じたんです。

気持ちはわかります……「こっちの命中が90%で相手が20%だったのに、こっちは外して相手の攻撃は当てられた!そのせいで負けた!」みたいな時はガッカリしてしまいますよね。

 

でもその確率を育成の努力・あいこタップ勝負・駆け引きで埋めていくのがエンソルの楽しい部分なんだと私は感じたんですよ!

何十戦・何百戦とやった時に、勝率はちゃんと上がっていってる!みたいな。

 

ネットのクチコミ・感想・評判などを調べてみても、やっぱりその運ゲーって部分に不満を持っている方が多い印象。

 

確かに、総合評価Bのキャラが評価SSのキャラに勝つ……そういう可能性も普通にあるゲーム。

ハッキリ言って、これはもう「そういうゲーム性が合うか合わないかの違い」としか言えません。

アカネ
アカネ

うーん、じゃんけんっていうシンプルなイメージが強かったから最初はちょっと戸惑ったけどね。慣れると結構楽しいよ。育成の方が楽しいけど!

レン
レン

私はあまり運要素が強いゲームが好きじゃないから、正直合わなかったわね。でもトレーニングパートは好きよ。

まとめ

良いところ・悪いところ

ここがオススメ!
  • スクール、キャラクターごとに良質なシナリオが用意されている
  • 少しずつ評価の高いキャラに育成していく喜びが大きい
  • キャラ1人1人が個性的
ここがちょっと……
  • もう少し詳しく教えて欲しい部分が多い
  • 運要素強めなのが嫌いな人には合わない

最後に

以上、本音レビューでした!

 

最後に1つ。

別に神ゲーと持ち上げているわけじゃありません。物凄く好みが分かれるゲームであることは間違いないでしょう。

でも、ダメダメなゲームではないということを伝えたかったんです。

 

できることなら……少しずつ総合評価の高いキャラを育て上げていく楽しさや、運要素を埋めていく面白さを体感できるところまで進めてほしいゲーム。

 

ゲーム性そのものが合わないのでなければ、ぜひプレイしてもらいたいです。

トレーニングのシナリオを読むだけでも充分楽しいですから!

 

興味が出てきた方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてください!

 

リセマラ記事や序盤攻略記事もあるので、もしよければご覧くださいね。

ここまで聞いていただきありがとうございました!

 

新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

↓もしよければフォローしてください!↓

ポニポニツイッターアカウント

 

2人もお疲れ様です、他の記事でもよろしくお願いしますね。

アカネ
アカネ

お疲れ様ー!なんか、今回はめっちゃ気合が入ってる感じだったね!私もトレーニングパートは好きだけどさ。

レン
レン

寝ないでプレイしていたくらいだし、個人的に好きなんでしょうね。皆さんもお疲れ様、また会いましょう。

↓エンゲージソウルズのダウンロードはこちらから!↓


↓リセマラ・序盤攻略記事はこちら!↓



© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら