【エースアーチャー】最速リセマラ手順&リセマラで狙うキャラ・装備について!

最終更新日

PR


Sponsered by YOUZU (SINGAPORE) PTE. LTD.

どうもポニポニ(@ponitemaweapon)です!

今回は2020年8月20日にリリースされた新作アプリ「エースアーチャー」のリセマラについて話していきますよ!

 

放置×弾幕×RPGな新作アプリエースアーチャー。

どんなゲームなのかを軽く紹介してから、リセマラ手順について話していきますよ!

 

もちろんアカネさんとレンさんも一緒です。

どんなゲームなの?


まずはざっくりとエースアーチャーがどんなゲームなのかをご紹介。

こちらの公式PV(30秒)を見ていただければ、簡易的なゲーム紹介と一部キャラのビジュアルとCV担当声優さんを確認できますよ。

 

公式ジャンルは放置RPG。

 

メインとなる「ステージ」攻略では「神将」という仲間にサポートしてもらいながら敵を迎え撃つので、タワーディフェンス的なゲームとも言えます。

 

ゲーム開始直後はタップで攻撃するんですが、チュートリアル後はオートで攻撃できるのでしっかり放置可能。

ある程度ゲームを進めると、敵の弾幕を手動で避けながら主人公の弾幕で敵を倒すシューティングゲームコンテンツもアリ。

 

ゲームを進めていけばいくほど桁違いに戦力が上がっていくので、あっという間にめちゃくちゃ強くなる楽しさがあるんですよね!

 

オフライン中でも報酬を獲得してくれる機能アリ・基本はオート戦闘・超豊富な育成要素と、放置RPGとして王道的な要素はしっかり用意されています。

 

すごろく・パズル・PVPなど様々なコンテンツが用意されているので、ただ育成だけするゲームじゃないのも魅力的。

 

ちなみに、声優さんも物凄く豪華!

放置系が好きな方なら楽しめるゲームと言えるでしょう。

アカネ
アカネ

おぉー!桁違いに戦力が上がっていく感じかー……どんどん強くなってるのが数字でわかるのっていいよね。

レン
レン

放置系としては王道的な要素が多くて、そこにタワーディフェンスやらSTG要素やらがくっついたような感じよ。

リセマラ手順について

エースアーチャーのリセマラは簡単な方。

リセマラの重要度はそこまで高くありません。

 

リセマラ1回あたりの所要時間などは下記の通りです。

リセマラ所要時間

最短3分程度

引けるガチャの回数

15回

狙うべき最高レアリティ

SSR

最高レアの排出確率

ガチャの種類によるが1%前後

続いて、詳しいリセマラ手順がこちら!

  1. アプリをインストール
  2. サーバー選択(最新サーバーがおすすめ)
  3. プレイヤー性別選択&名前入力※名前重複不可
  4. 最初のステージクリアまでチュートリアルを進める
  5. 「メインページ」に戻りメールから事前登録報酬を受け取る
  6. 「イベント」でログイン報酬を受け取った後イベントページにあるガチャを15回分引く
  7. 結果に満足できなければ設定→退出でタイトル画面に戻る→右上マークをタップ→ログアウト→サーバー選択→アカウント情報削除→ゲストアカウントログインで3に戻る

以上がリセマラ手順となっています。

それではリセマラ手順についての補足とガチャの説明をしていきましょう。

 

手順6について。

イベント内にログイン報酬ページがあるので、しっかり受け取っておきましょう。

 

同じイベント画面に5種類ものガチャがある(2020年8月20日時点)ので、どれを引けばいいのか迷うと思いますが、その点についてはまた後ほど。

 

手順7について。

タスクキルなどでタイトル画面に戻ったら、右上の人形マークをタップ→ログアウトしましょう。

 

その後ゲームスタートしようとするとアカウント画面が表示されるので「記録を削除」→赤いマイナスマークをタップすればアカウントを削除できます。

 

こうすることでアンインストール→再インストールせずともリセマラが可能です。

 

ちなみに、特別なガチャ演出などはないシンプルなタイプ。

 

以上、リセマラ手順についてでした!

アカネ
アカネ

ふむふむ、リセマラ1回あたりの時間も短いし、1%くらいあれば余裕でSSR引ける気がする。

レン
レン

これはあくまで最速手順って感じだけれど、もう10分程度プレイすればさらに10数回程度ガチャが引けるようになるわよ。

リセマラで引くべきガチャについて

まず「どのガチャを引けばいいのか?」という点についてですが、神将(従者)ガチャか装備ガチャの2択です。

精霊ガチャ・宝具ガチャもありますけど、最序盤は開放されていない要素なので使えるようになるのが少し後になってしまいますから。

 

では、従者と装備どちらのSSRを狙うのか……正直、現時点ではどちらも大事としか言えません!

後々のことを考えると、同属性ピックアップがされていて属性を統一しやすい「イベント装備ガチャ」がオススメかも?といったところ。

 

自分の従者と他プレイヤーの従者を戦わせるPVPコンテンツ「アリーナ」で上位を狙いたいのであれば、従者ガチャの方がオススメ。

リセマラで狙う従者・装備について!

今回、最強リセマラランキングはありません。

 

「現在ガチャで入手可能なSSR従者の種類が6種類しかない」・「装備は各属性ごとのSSRが用意されているだけで明確な優劣はあまりない」などの理由から、今回はリセマラランキングなし。

 

とはいえ、個人的にオススメのSSR従者・装備は一応あるので、ご紹介していきますよ!

オススメの従者

現時点でオススメのSSR従者は「ゼウス」と「孫悟空」です!

 

ゼウスは、数秒間接近攻撃を無効にしつつ強力な攻撃を仕掛けたり、一定回数通常攻撃をすることで優秀な追加ダメージスキルが発動したりと、安定感のあるアタッカー。

 

後述する孫悟空ほどの派手さはないものの、遠距離系アタッカーとして優秀。

 

孫悟空はとにかく火力に特化しているアタッカーで、かつ耐久力もそこそこにあるのが強み。

敵1人1人の横に自らの分身を出現させ殴るスキルや、直線上に高ダメージを叩き出せるスキルが非常に強い。

 

少なくとも、序盤~中盤では現時点いるSSRの中で最強の火力を叩き出せるキャラでしょう。

※どちらも、イベントページにあるガチャでは「龍吉公主ピックアップガチャ」からしか排出されないので注意

 

ちなみに、ログイン2日目の報酬で好きな恒常SSRキャラ1人を獲得できる分のキャラ欠片が貰えるんですが……ゼウスも孫悟空も恒常SSRキャラなので入手可能。

※エースアーチャーはキャラ欠片を集めて合成することでもキャラを獲得できるタイプ

 

どちらか1人なら、孫悟空をオススメします!

オススメの装備

先程もチラッと話しましたが、装備ごとの差というよりは属性が違うだけな部分もあるので、リセマラで装備を狙うなら「SR~SSRの同属性装備を複数箇所獲得」が理想。

 

同属性装備を装備すればするほど強力なバフがかかる「エレメント光輪」という要素が後々開放されるので、同属性で揃えるのが大事なんです!

 

2020年8月20日時点でピックアップされている属性は「土属性装備」なんですが、属性相性的には光・闇が欠点が少なくてオススメ。

最後に

以上、リセマラについてでした!

 

レンさんも言っていましたけど、最速リセマラの地点より少し進めればさらにガチャが引けるので、そこまで進めてリセマラするのもアリ。

 

「都市のコア」レベルを1にすれば「モール」が開放され、通常の装備ガチャが引けるようになりますよ!

 

最速リセマラの地点でSSRを1種引けたらそこまで進めて、さらにそこでリセマラというのもいいかもしれませんね。

 

序盤攻略記事も作成するので、もしよければご覧ください。

ここまで聞いていただきありがとうございました!

 

まだインストールしていない方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてください!

 

新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

↓もしよければフォローしてください!↓

ポニポニツイッターアカウント

 

2人もお疲れ様です、次の記事でもよろしくお願いしますね。

アカネ
アカネ

お疲れー!とりあえず、孫悟空とSSR装備同属性引けばいいんでしょ?OKOKー

レン
レン

……理想を追い求めるのは自由だと思うわ。皆さんもお疲れ様、また会いましょう。

↓エースアーチャーのダウンロードはこちらから!↓


Sponsered by YOUZU (SINGAPORE) PTE. LTD.

↓序盤攻略・本音レビュー記事はこちら!↓



Sponsered by YOUZU (SINGAPORE) PTE. LTD.

 

おもしろいゲームがみつかる!
新作ゲームアプリ攻略談義オープン!

新作アプリの攻略情報をどこよりも早くゲット!スタートダッシュでライバルに差をつけよう!

おぉー!このアプリ、めちゃくちゃ面白そう!リセマラキャラ何狙えばいいか誰か教えて!?

LINEオープンチャットは匿名で参加できます。

普段使っているLINEアカウントとは違う、別のプロフィールを設定してトークに参加できます。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら