【タケシとヒロシ】Apple Arcadeの話題作がスイッチ版で登場!

最終更新日

8月26日放送の「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.8」において、人形アニメーションで描かれるRPG「タケシとヒロシ」の発売が発表されました。すでに発売を開始しています。

ダウンロード専用作品で、価格は800円(税込)。オインクゲームズから発売されています。

温かい兄弟の物語

主人公は14歳ゲームクリエイター・タケシ。タケシには病気がちの幼い弟・ヒロシがいます。

弟にせがまれたタケシは、未完成のゲームを裏で自分が操作することを思いつきます。弟がゲームオーバーにならないよう、でもしっかり楽しめるよう、適度に苦戦しながらモンスターを繰り出します。

その場しのぎで弟を楽しませてきたものの、やがてクリエイターとしての壁にぶつかるタケシ。人形アニメーションとRPGが交互に展開し、兄弟の物語は進んでいきます。

他のゲームとは一味違う不思議な体験が話題となり、先にリリースされているApple Arcade版はアメリカのロサンゼルス・タイムズ紙に掲載。欧米Switch版はプレイヤーのSNS投稿が話題となりました。

ミニゲームを先行収録

「タケシとヒロシ」Switch版には、Apple Arcade版にはまだ収録されていない、タケシの友達ヨースケの作ったミニゲーム「500m Zombie Escape」が収録されています。

なお「500m Zombie Escape」は、Apple Arcade版にも今後追加されます。

Twitterの反応

【生放送】[タケシとヒロシ] それを陰で操る私 [Switch] を開始しました。 https://t.co/WkijWoUSNE #lv328155289
Twitter APIで自動取得したつぶやきを表示しています [ 2020/09/28 06:38:52]

タケシとヒロシの動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら