任天堂完全新作「バディミッション BOND」が予約開始!ストーリーやゲーム内容など最新情報まとめ

最終更新日

10月28日放送の「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.10」において、任天堂からNintendo Switch向けソフト「バディミッション BOND」が発売されると発表がありました。

開発をコーエーテクモゲームス、キャラクターデザインを村田雄介氏が手掛ける完全新作のアドベンチャーゲームです。発売日は2021年1月29日。マイニンテンドーストアやゲーム取扱店で順次予約が始まっています。

ストーリー

亡き養父の夢を継ぎ、ヒーローを目指す警察官「ルーク」。

ある日、国家警察あてに「AAA」と名乗る人物から一通のメールが届きます。添付された動画には、監禁された女性の姿が映し出されます。誰もがイタズラだと取り合わない中、ルークは単独で監禁現場に赴きます。

そこに拘束されていたのは、動画に映っていた女性ではなく、被害総額・数百億ともいわれる「怪盗ビースト」こと「アーロン」。この数奇な出会いが、ルークの運命を大きく変えるきっかけとなります。

警察と泥棒。立場こそ違えど、2人は頼れる相棒として助け合い、時にはぶつかり合いながら、ルークの父の死の謎、そして世界を揺るがす大きな陰謀に立ち向かいます。

出典: topics.nintendo.co.jp

4人の個性的な男たち

「バディミッション BOND」の主な舞台となるのは、世界的なショービジネスの中心地である「ミカグラ島」です。

そこで暗躍するのが、姿なき犯罪組織「DISCARD」。狙われた人物は、首筋に「死の刻印」を刻まれ、自我を失い狂暴化してしまうのです。

その謎を解き明かすために結成されたのが、極秘の潜入捜査チーム「BOND」。ルーク(CV:木村良平)とアーロン(CV:近藤隆)のほか、お酒とナンパが大好きなくせ者忍者「モクマ(CV:森川智之)」、冷徹な魔性の詐欺師「チェズレイ(CV:浪川大輔)」がメンバーとして加わります。

それぞれ異なる思惑ととんでもない経歴を持つ4人が、「DISCARD」を追うために力を合わせます。

出典: topics.nintendo.co.jp

適切な「バディ」の選択が鍵

「バディミッション BOND」では、2人組の「バディ」を組んで捜査・潜入を行います。チーム「BOND」の4人の中から2人を選び、何度も相棒を入れ替えながら、行く手を阻む問題の解決に臨みます。

ミカグラ島には個性あふれる人たちは、誰にでも心を開いてくれるわけではありません。適切なメンバーで聞き込みをし情報を得ることが大切になります。

入手した情報に応じて、敵アジトへの潜入時に忍び込むルートが変化します。どのキャラクターが捜査や潜入にふさわしいか考えながら、最適なバディを選びましょう。

出典: topics.nintendo.co.jp

村田雄介氏の世界観を堪能できるコミック調のストーリー

「バディミッション BOND」のキャラクターデザインを手掛けるのは、漫画「アイシールド21」「ワンパンマン」などの作画で知られる村田雄介氏です。チーム「BOND」の面々のほか、本作の個性的な多くのキャラクターを手掛けています。

本作ではキャラクターに加え、ゲーム内のストーリーや会話の展開時に、コミック調の表現を導入しています。デジタルコミックのスタイルで村田氏の世界を堪能しましょう。

出典: topics.nintendo.co.jp

予約購入リンク

商品情報を読み込み中です...

バディミッション BONDの反応

現在つぶやきを表示することができません。しばらくお待ち下さい。
つぶやきが見つかりませんでした。

バディミッション BONDの動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ