新型スイッチ(有機EL)でFPSは変わる?グラフィック性能の違いについて

最終更新日
攻略大百科編集部

2021年10月8日(金) に発売予定の新型Nintendo Switch(有機ELモデル)について、FPSなどグラフィックの描画性能に違いはあるのか?紹介します。

新型スイッチの有機ELディスプレイとは?

新型Nintendo Switch(有機ELモデル)の本体画面には、鮮やかな発色が可能となる有機ELディスプレイを搭載します。

有機ELディスプレイは深い黒色の表現を特長としており、明暗差がはっきりすることで鮮やかな映像表現を可能にします。

さらに画面の縁がスリムになり、「Nintendo Switch」とほぼ同じ本体サイズの中に、7.0インチの有機ELディスプレイが搭載されます。

従来機の「Nintendo Switch」は6.2インチ液晶、「Nintendo Switch Lite」は5.5インチ液晶でした。

FPSなどグラフィック性能は従来機と同じ

ディスプレイが新しくなり、グラフィックの処理性能もアップするのでは?と期待をしてしまいます。

海外メディア「The Verge」が任天堂に問い合わせて得た回答は以下となっています。

“Nintendo Switch (OLED model) does not have a new CPU, or more RAM, from previous Nintendo Switch models,”

つまり、「Nintendo Switch(有機ELモデル)」は従来のモデルから新しいCPUや多くのRAMを搭載しておらず、内部のスペックアップは図られていないとのことです。

有機ELディスプレイで画面が広くなり、見た目はきれいに鮮やかになりますが、FPS(フレームレート)や処理速度の向上は期待できないようです。

 

Nintendo Switch 購入ガイド

– 予約購入ガイド –

予約・抽選情報まとめ 有機ELモデルの違い
スイッチ Lite 徹底解説 本体ラインナップ
売上げランキング 予約ランキング

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ