PS4版、3DS版それぞれのセーブデータ数、オートセーブ仕様について

RPG作品では、ストーリーの分岐点や強敵との戦いの前には、一旦セーブする人も多いと思います。
ただし、セーブの仕様はゲームによって異なるため、しっかり確認しておく必要があります。

ドラクエ11ではどうなっているのでしょうか。
なお、ドラクエではセーブデータのことを「冒険の書」と呼びます。

出典: www.dq11.jp

PS4版のセーブ機能

PS4版では、9つのセーブデータをつくることができます。

また、オートセーブ機能があることも明らかになっています。
オートセーブがどのような場面で働くのかは分かりません。
例えば一定時間ごとにデータを保存して冒険の書とは別に機能するものなのか、それとも特定の場面でのリセットを回避するためのオートセーブなのかによっても、その意味合いは大きく異なります。

3DS版のセーブ機能

3DS版では、3つのセーブデータを作ることができます。

また、中断セーブ機能があることも明らかになっています。
「教会」などで冒険の書でセーブするのとは違い、中断セーブでは必ずそのデータから始めなければいけないという違いがあるものと思われます。

中断セーブは一度再開するとそのデータは消えてしまうために、なるべく早く冒険の書に記録するようにしましょう。

珍しいMac製品のセール
▼iPadやMacBook Air、Apple Watchがお買い得
Amazonサイバーマンデー2018へ

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。