【シャニマス】Vo特化で狙うTrueEnd攻略

最終更新日

アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)の、Vo特化でのTrueEndの目指し方を紹介します。

Vo特化とは・・

Vo特化は、ライブスキル・パッシブスキル・ステータスがVoに特化しているもので編成することを指します。

フェス流行が、Vo1位の場合

フェスで、流行1位がVoの場合は必然的にVoに強いアイドルを作らなければなりません。そんな時は、Vo特化で編成したアイドルをプロデュースして攻略していきます

[PR]

挑戦前の準備

サポートアイドルの編成

編成時は、Voに特化した組み方にしましょう。サポートアイドルによってはVoのスキル・パッシブスキルを持っているのにライブスキルはDaやViの場合があります。その場合は、ゲストをうまく使いましょう。

ゲストとはオーディションには参加しないがレッスンやお仕事には参加するポジションです。(振り返り時のライブスキルは獲得可能)

 

ライブスキルが関係ないので、主にSRのサポートアイドルやサポートスキルが優秀なSSRを配置します。

どんなサポートアイドルが優秀なのかやスキルはどれがいいかは、タイプ別おすすめサポートアイドルの記事で紹介しているので、自分の手持ちと見比べながら編成しましょう。

タイプ別おすすめサポートまとめ

サポート
アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)で、おすすめサポートアイドル...
続きを読む

サポートアイドルのレベルはどれくらい?

レベルは、そのままステータス上昇に影響が現れたりサポートスキルも強くなります。

 

Vo特化の場合は、少し高めにLv60前後にしておけばTrue Endを十分狙えるでしょう。

True Endまでの流れ

True Endまでの大まかな流れは、Voであれ、Daであれ、Viであれ変わりません。

 

それぞれ特化にしたいもののステータスを上げW.I.N.G.で優勝を目指します。ステータスだけでなく、スキルやパッシブスキルも意識して獲得しておくとVo特化は優勝しやすくなります。

 

W.I.N.G.までの流れはVi特化での攻略法紹介で詳しく記載しているので、一緒にどうぞ!

初心者でもねらえるTrue End(トゥルーエンド)攻略法!最も簡単な手順と準備の仕方!

プロデュース
アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)の、初心者でも狙えるTrue End...
続きを読む

※なお、W.I.N.G.では例外を除いてPerfect又はExcellentを積極的に狙っていくので、回数をこなし感覚をつかみましょう。これはフェスや今後実装されるコラボフェスでも必要になる技術です。

準決勝で注意すべきポイント

自分がVo特化でW.I.N.G.準決勝に進んだ場合、あまり注意すべき問題点はありません。

 

しかし、それは最低でもVo,600以上のステータスを確保していることやスキル・パッシブスキルを十分な火力を出せる状態です。

その条件に達していれば優勝はかなり楽になるでしょう。

準決勝のアピールの仕方
  • 流行1位がVoの場合、1位にスピアで勝ち切る。
  • 流行2位又は3位がVo場合、どちら共に2位の星を総取りし流行1位のLA星を思い出アピールで狙う。
  • 流行2位又は3位がVoの場合、気にせず流行1位にスピア。(Vo,約600越えの場合)
  • 流行1位がViの場合、真乃の得意がViでさらにスピアをかけてくる。(Vo,約600越えの場合問題なし、そうでない場合2位狙い)

決勝で注意すべきポイント

Vo特化にする場合、ここが一番の難所であるがそれは運によって大きく左右されてきます。

 

それは、流行1位がVoの場合が一番負ける可能性が高いのです。

夏葉は得意がVoで、加えて流行が1位のものをスピアします。

 

なので、Voが流行1位の場合は夏葉にとっても好条件ということです。

しかし、最初にも記載した通りVo,600以上かつ金バフを搭載したアイドルなら流行1位がVoの場合はスピアで殴り勝つことができます。

(金色のライブスキルやパッシブスキルを早めに獲得しておきましょう。)

(実際にVo,570でも金バフを駆使すれば優勝できています。)

決勝のアピールの仕方
  • 流行1位がVoの場合、1位にスピアで勝ち切る。(Vo,600以上で金バフ持ちの場合)
  • 流行2位がVo場合、Voの星を総取りし流行1位のLA星を思い出アピールで狙う。(1番勝ちやすいパターンの可能性あり)
  • 流行3位がVoの場合、Voの星を総取りし流行1位のLA星を思い出アピールで狙う。(思い出は、最低でも3は欲しいところ)

流行は運が絡みますが、何度か挑戦して勝てなければ、サポートアイドルのレベルを上げて再度挑戦してみましょう。

 

そうすることで、ライブ中のゲージの練習にもつながるでしょう。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら