PCブラウザ版とスマホアプリ版の違い・メリットを徹底比較

PCとスマホ、どちらでも遊べる『刀剣乱舞-ONLINE-(Pocket)』。それぞれの違いや、プレイするメリットなどを比較してみました!

PCブラウザ版/スマホ版の違い

通貨

万屋でアイテムなどを購入する際に使うゲーム内通貨が、PC版とスマホ版では異なります。

・PC版…DMMポイント

・スマホ版…甲州金

スマホで購入した甲州金を相当額のDMMポイントに変換するなど、通貨自体の交換はできません。

ただし、ゲーム連動している場合、どちらか一方で購入したアイテムは別版にも反映されます(例:DMMポイントを使って購入したアイテムはスマホ版でも利用可。逆も然り)。

エラー

PC版とスマホ版、またスマホでもandroid版とiOS版で、エラーの発生するタイミングや発生内容が異なる場合があります。

操作性

スマホ版には、スマホならではのフリック入力が実装されているなど、操作性の違いがあります(詳細は後述)。

[PR]

メリット・デメリット

PCブラウザ版

【メリット】

  • DMMポイント(ゲーム内通貨)が無料で貯められる
  • アプリアップデートなどの手間がない
  • 結成画面などの刀剣男士一覧において、5ページ目などを指定して表示させることが可能(スマホでは1ページずつスワイプする必要あり)

【デメリット】

  • 18歳以上でないとプレイできない

スマホアプリ版

【メリット】

  • 年齢制限なく、誰でもプレイできる
  • どこでもプレイできる
  • スマホ特有の操作性の良さがある
    • 本丸で画面内をロングタップすると、十字キーが表示されます。指を離さず、選びたいメニューの方向にフリックさせると、そのページに移動できます。

      「前回の場所に出陣(↑)」を選ぶと、最後に出陣した戦場を選択した状態で、合戦場選択画面に移動することができます。
    • 鍛刀・刀装作成時、資源の数値を、±10・±100単位だけではなく直接選ぶことができます。
      変更したい桁をタップすると0〜9の数字が書かれた円が表示されるので、入力したい数字の方向にフリック(またはタップ)すると選んだ数値が反映されます。

      ▲赤枠で囲った[▲][▼]でも操作可能

【デメリット】

  • イベント開催がPCブラウザ版より遅れる可能性がある
    • 過去、イベント開催がブラウザ版のみということもありました。
    • 今後は多分ないと思いますが、公式FAQに「今後のイベントにおきましてPCブラウザ版とスマホアプリ版で実装のタイミングが異なる可能性がございます」とあるので、万一…ということもあるかもしれません。

ゲームの始め方

PCブラウザ版

年齢制限

DMM GAMES利用規約」に則り、18歳未満の方は、DMM GAMESを利用することができません。

刀剣乱舞もプレイできません。該当の方は、スマホアプリ版で遊びましょう。

1. DMMアカウントを作成する(会員登録)

  • DMM」より会員登録ページへ
  • メールアドレスとパスワードを入力し、「認証メールを送信」する
    • 同一メールアドレスの重複登録不可
  • 届いたメールの「会員登録認証アドレス」より会員登録を完了させる

2. プロフィール情報を入力する

  • ニックネーム、性別、生年月日を入力する
    • 性別と生年月日は、登録後変更不可
    • 18歳未満はDMM GAMES利用不可

3. 「剣乱舞を開始する

  • サーバーを選び、ゲームを開始する

スマホアプリ版

 

ゲーム連動の仕方

※準備中です※

【番外編】DMMポイントの貯め方(PC版のみ)

※準備中です※

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら