新イベント「特命調査 聚楽第(じゅらくてい)」の情報解禁!

2018年10月に開催予定の新イベントについて、公式発表の情報などをまとめていきます。

どんなイベントなのか

謎の人物が登場

9月13日、新イベントについての公式発表がありました。

イベント名は「特命調査 聚楽第(じゅらくてい)」。

「現れた謎の人物。本丸に下される特命とはー」というテーマとともに、布をかぶった人物の画像が公開されました。

政府の人間か、刀剣男士か。この人物から特命調査を命じられるのか…。

佩刀しており、布をかぶっていることや、首元から分かる服装が山姥切国広ぽいことから、「山姥切本科では…」「布の付喪神が顕現したか…」などといろんな憶測が飛び交っています。

 

聚楽第(じゅらくてい)とは?

聚楽第とは、豊臣秀吉の政庁兼邸宅として造営された城郭のこと。邸宅とはいえ、堀で囲み、本丸や南二之丸などもあった城のような作りだったといわれています。

▼イベントの背景画像とよく似ています

「御所参内・聚楽第行幸図屏風」左隻(上越市立歴史博物館蔵)

出典: www.joetsutj.com

聚楽第は、1587年(天正15年)に完成しましたが、そのわずか8年後の1595年(文禄4年)に破却されました。

その取り壊しっぷりは徹底されていたようで、いまは跡地(現京都府上京区)に「聚楽第跡」と示す石碑などが立つのみ。大規模、かつ豪華絢爛な作りだったとされるものの、8年で取り壊されたこと、また跡地が市街地となっていることなどから、その詳細はいまだ明らかになっていないようです。

 

そんな聚楽第の謎を解き明かす命が下されるのでしょうか…?

はたまた大阪城のように小判や、あるいは資源を乱獲するイベントとなるのでしょうか。

聚楽第と同様、まだまだベールに包まれたままの新イベント。楽しみに続報を待ちましょう。

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。