【未成年もOK】クレジットカード無しで課金やストア購入が可能なバンドルカードの使い方

スマホアプリの購入にソシャゲのガチャ課金。
ゲームソフトのダウンロード購入も、最近では一般的になってきました。

今回紹介するのは、Visaプリペイドカードの「バンドルカード」です。
クレジットカードなどほかの購入方法とはどんな違いがあるのか、その特徴をまとめました。

バンドルカードとは?

バンドルカードは、VISAのプリペイドカードです。

実物のカードの他、ネット専用のバーチャルカードを発行することができ、普通のカードと同じように使うことができます。

プリペイド方式ですので、コンビニなどでチャージして利用しましょう。

特徴1:未成年でも使える

クレジットカードは便利

ネット上で買い物をするときに、クレジットカードを持っているとなにかと便利です。
すぐに決済ができますし、一度カード情報を入力しておけば、次にそのサイトで買い物をするときにスムーズです。

それ以外にも、サイトによってはクレジットカード以外の決済では手数料が取られることもあります。

カードの種類によっては、買い物でポイントが付与されることもありますね。

このようにクレジットカードをもっていることは、特にネット上で買い物をする場合に大きなメリットになります。

クレジットカードは作れなくても・・・

しかし18歳未満の人は、クレジットカードをつくることはできません。
また20歳未満の人は、親権者の同意が必要となります。

親権者に同意を得られれば、何の問題もありません。
しかしお金に対してシビアだったり、クレジットカードになじみのない親御さんだったりすると、スムーズに許可をしてもらえないこともあるでしょう。

しかしバンドルカードなら、その心配は必要ありません。
年齢に関係なく登録できますので、未成年の人でも安心です。

なお未成年の場合は、保護者の同意を得ているか確認する項目があります。
プリペイドカードであることをしっかり説明して、同意を得るようにしましょう!

特徴2:手軽にチャージができる

バンドルカードはプリペイドカードですので、お金をチャージしないと使うことができません。
カードにいくらチャージされているかは、アプリで確認が可能です。

利用可能なチャージ方法は以下のとおりです。

  • コンビニ
  • クレジットカード
  • 携帯支払い(ドコモ/ソフトバンク)
  • ビットコイン(コインチェック/ウォレットアプリ)
  • ネット銀行
  • 銀行ATM

この中で手軽なのは、コンビニと携帯払いでしょうか。
チャージ後すぐに使えますので、その意味でも利便性が高いと思います。

なおビットコインと銀行からのチャージの場合は、入金まで時間がかかる場合があります。

特徴3:使いすぎの心配が少ない

クレジットカードは使いすぎが怖い

クレジットカードはたしかに便利ですが、使いすぎが心配という人も多いですよね。
手元にお金がなくても、設定金額の上限内であれば、どれだけでも買い物ができてしまいます。

しかも支払いは1ヶ月、2ヶ月も後ですから、お金を使ったという実感が持ちづらい欠点もあります。
数カ月後に多額の支払いを見て困ってしまい、分割払いやリボ払いを利用して先送りしてしまう人もいるでしょう。

ある分だけをチャージ

バンドルカードはプリペイド方式ですので、チャージした分しか使うことができません。
チャージした時点でお金が手元や通帳からなくなりますから、使ったという実感が残りやすいでしょう。

月額いくらまで、使う分だけなど、しっかりルールを決めてチャージをすることで、使いすぎを防ぐことができます。

アラート機能で使いすぎ防止

それでも使いすぎてしまう心配もあるでしょう。
例えば携帯支払いを利用している場合は、比較的クレジットカードに近い形でチャージすることができます。

そんなときにはアプリが活躍します。
月々の利用額が一定金額に達した場合、アラートでお知らせしてくれる機能があります。

ゲームの購入にも利用可能

バンドルカードはもちろん、ゲームの購入にも利用することができます。
ゲームはもともと抵抗感のある親御さんも多いですし、特にスマホアプリの場合、ガチャ課金に関しては世代を問わず抵抗感がある人も多いでしょう。

もちろん使いすぎには注意をする必要はあるのですが、プリペイドカードであれば、ある程度の制約があります。
ほかのところで節約しながらそちらに使えば、家族に心配をかけることもないでしょう。

PSストアでの支払い方法

PSストアでの支払い方法を紹介します。
ダウンロード版の購入、DLCコンテンツの購入や、ゲーム以外に映画レンタルや音楽サービスなども充実しているので、利用したい人も多いのではないでしょうか。

1)2つのアカウントを作成

PSStoreで買い物をする場合、PSStoreのアカウントのほか、PayPalのアカウントも登録する必要があります。

PayPalのアカウントを作成したら、バンドルカードの情報を登録しましょう。

出典: vandle.jp

2)PayPalで支払いを選択

購入したいコンテンツを選び、購入画面まで進みます。
支払の方法を選択する画面になったら、PayPalを選択しましょう。

出典: vandle.jp

3)購入する

PayPalのログイン画面に移動します。
ログインをしたら支払の方法でバンドルカードを選択します。

画面を進めるとPSStoreの画面に戻ります。
支払い方法がPayPalになっていることを確認し、「購入する」を選択しましょう。

なおバンドルカードに1,000円以上入っていない場合、PSStoreのウォレットにチャージできず、利用することができません。

出典: vandle.jp

マイニンテンドーストアでの支払い方法

Switch本体や周辺機器、関連グッズなどが購入できるマイニンテンドーストア。
こちらの支払いはクレジットカードのみとなっています。

ただしVISA、MasterCard、JCBのプリペイドカードであれば利用可能とのことですので、バンドルカードも使うことができます。

会員登録を済ませた後、メニューからクレジットカードの登録画面に移動し、必要情報を入力しましょう。

出典: store.nintendo.co.jp

アプリ課金の支払い方法

バンドルカードを利用したい場合、もしかしたら一番需要が多いのは、ガチャなどのアプリ課金かもしれませんね。
今回はAppstoreを例に紹介します。

1)設定画面を開く

設定アプリから、「iTunesStoreとAppStore」を開きます。
開いた画面にある、「AppleID:メールアドレス」の部分をタップしましょう。

出典: vandle.jp

2)情報を入力

APPleIDを表示をタップします。
すると以下のような画面が表示されますので、「お支払い情報」をタップします。
次の画面でカード情報を入力しましょう。

出典: vandle.jp

3)アプリで購入

これで登録が完了しました。
後はアプリストアやアプリ内で購入しましょう。

Amazonでの支払い方法

普通の買い物から音楽、電子書籍、動画などあらゆるサービスがAmazon。
バンドルカードがあれば、クレジットカードと同様にサービスを利用することができます。

以下はアプリ版の登録方法ですので、他の方法でAmazonを利用している場合には、若干の違いがあります。

1)アカウントサービスを開く

「アカウントサービス」から「お支払い方法の管理」を選択します。

2)カード情報を入力

「お支払い方法の追加」を選択し、カード情報を入力しましょう。
なおカード名義人は、「VANDLE USER」となりますので注意してください。

3)支払い方法を選択して購入

登録を終えたら、支払い方法にバンドルカードを選択して購入しましょう。

 

バンドルカードのインストール方法

バンドルカードはiPhoneやAndroidなどのスマートフォンで使用できるアプリです。

以下のストアからダウンロードしてご利用ください。

終わりに

クレジットカードを利用できない人にもおすすめなバンドルカード。

クレジットカードは支払いが心配という人でも、プリペイドカードですのでチャージした分だけ使うことができて安心です。

バンドルカードがあればゲーム関係の支払いもぐっと楽になりますので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。