【ジャッジアイズ】ピエール瀧氏が演じた羽村京平の新モデル発表、日本版への対応は?

最終更新日

2018年12月にセガゲームスから発売された「JUDGE EYES:死神の遺言」。

木村拓哉氏主演で話題を集めましたが、キャストの1人であるピエール瀧氏が麻薬取締法違反で逮捕されたことを受け、日本国内では販売自粛の状況が続いています。

本作の欧米版では、ピエール瀧氏が演じた「羽村京平」のキャラクターモデルを差し替えたうえでの発売が決定していましたが、龍が如くの英語圏向け公式ツイッターにおいて、そのビジュアルが公開されました。


出典: twitter.com

日本版の対応は未定

なお現時点で、日本版の発売再開などの予定は明らかになっていません。ただしIGNの記事によると、すでに日本語ボイスへの差し替えも完了しているとのことです。

今後の国内販売の再開も期待したいところです。

JUDGE EYESとは

「龍が如く」スタジオが制作したリーガルサスペンスアクションゲームです。木村拓哉さん演じる主人公「八神隆之」が、神室町で起きた殺人事件の真相に迫ります。

骨太のストーリーはもちろんのこと、龍が如くシリーズの特徴でもある豊富な寄り道要素、それを木村拓哉さんのモデルで楽しめるというインパクトが話題となりました。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら