【Deadly Premonition2】レッドシーズプロファイルの続編がSwitchで発売!

最終更新日

「Nintendo Direct 2019.9.5」において、Nintendo Switch用ソフト「Deadly Premonition2:A Blessing in Disguise」の発売が発表されました。

「世界で最も評価が分かれたサバイバルホラーゲーム」としてギネスブックに登録された「Deadly Premonition レッドシーズプロファイル」の続編で、2020年に発売予定です。

基本情報

発売日

2020年

対応機種

Nintendo Switch

メーカー

  • 発売元:トイボックス株式会社
  • 開発:トイボックス株式会社/ White Owls Inc./ 株式会社ナウプロダクション

価格

未定

豪華スタッフが集結

前作で脚本・ディレクターを務めたSwery氏、プロデュースの金沢 十三男氏をはじめとするオリジナルスタッフが再び集結して製作が進む本作。

アートディレクションに「學園ジュヴナイル伝奇」というジャンルを生み出し熱狂的なファンを抱える今井 秋芳氏、音楽に数々の有名ゲーム作品に携わった大久保 サトシ氏を迎え、狂気に満ちた世界を描きます。

オープンワールド・ミステリーホラーアドベンチャー

オープンワールドで描かれる本作は、プレイヤーは実際にその町に生活しているかのような感覚で楽しむことができます。

舞台となる4km四方の街「ル・カレ」を自由に動き回り、多数の犠牲者を出した伝説の事件「ル・カレ連続殺人」の謎を追います。

物語は2019年のボストンから始まります。主人公から語られる2005年の事件へと記憶が飛び、プレイヤーは2005年と2019年の世界を行き来しながら、不可解な連続殺人事件に挑みます。

平和な街に潜む、触れてはいけない「闇」。そして今明かされる真実。解決したと思われていた2005年の事件が、主人公とヒロインをゆっくりと狂気へと巻き込んでいきます。

前作の配信がスタート

本作の発売決定に合わせ、前作「Deadly Premonition Origins」(海外版タイトルを採用)の配信が、ニンテンドーeショップで始まりました。価格は3,480円(税込)です。

前作をプレイしていない方は、この機会に本作の世界観に触れておくのもいいでしょう。

 

 (C)Mavelous Inc./Rising Star Games Ltd.

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら