【グランドサマナーズ】効率的なリセマラ方法とリセマラ当たりランキング!【グラサマ】

最終更新日


グランドサマナーズ(グラサマ)の効率的なリセマラ方法やリセマラ当たりランキングを紹介しています。これから始めようと思っている方はぜひ参考にしてください。

効率的なリセマラ方法

グラサマのリセマラは1回約15分で可能です。

リセマラ手順

①ストアからアプリをインストールします。

②名前を決定します。

③ゲームデータをダウンロードします。

④チュートリアルを進めます。

⑤キャラ選択は「コルセア」を選択します。

⑥プレゼントを受け取ります。

⑦単発ガチャを回します。

⑧初回確定10連ガチャを回します。

⑨いらないキャラを売却し、錬金ガチャを回します。

目当てのキャラが出なければアンインストールし、再度①からやり直します。

リセマラのポイント

リセマラの際の一番最初のポイントは「コルセア」を選ぶということです。

コルセア敵の動きを止められる状態異常の「氷結」を持っているので、ボス奥義を止めたりする時に役立ちます。

初心者ログインボーナスで貰える「真装備交換」券でコルセアの真装備を交換すれば、貴重な氷結持ちアタッカーキャラにもなりますよ!

2つ目のポイントはリセマラの時に一番最初に回すガチャは目当てのキャラが出るガチャを単発で引くということです。

グラサマは始めて1回目のガチャは単発だろうが、10連だろうが、星5が確定(錬金ガチャを除く)となっていますので、単発で回した方がお得です!

ここがリセマラでも最重要ポイントです。

リセマラで目当てのキャラが出なかった場合、いらないキャラを売却して「ALL STAR錬金召喚」を回しましょう!

過去に登場したほとんどのキャラが登場しますので、もし狙いのキャラ通常ガチャの排出対象に入っていない場合は錬金ガチャリセマラするのも一つの手段となっています。

紹介した3つのポイントに気をつけてリセマラをしていきましょう。

リセマラ当たりランキング!

※2019年9月23日時点、コラボキャラ以外のランキングになります。

S+ランク

 

覚醒ヴォックス

(水属性)

・マギアドライブ中の真奥義火力が非常に高く、味方全体の100%クリティカルUPでパーティ火力も上がる

・援護5を持てることやスキルのゲージUPでゲージの回りが早い

・奥義はステータスUPが発動時に入り、ピンチ時の回復にも使いやすい

・奥義系モーションが速いのも優秀な点

覚醒ベリック

(火属性)

・マギアドライブ中の真奥義火力が非常に高く、味方全体のダメージ50%UPでパーティの火力も上がる

・マギアドライブ時に奥義ゲージが200UPするので即真奥義を打てる

・奥義に味方全体の奥義ゲージ25UP効果があることにより、アタッカーとゲージ管理の両方ができる

覚醒セティス

(水属性)

・マギアドライブ中の新奥義で毒、燃焼回復+味方を庇い、自身の被ダメを25000無効化できる鉄壁を誇る

・マギアドライブ中は常時、被ダメ25%軽減にダメージを受けるたび奥義ゲージが1UPする

・アビリティで味方が倒れた時に1度だけHP50%で蘇生できる点も優秀

神魔統帥シーリア

(闇属性)

・スキルで敵の奥義ゲージ吸収ができる

・奥義で味方全体の奥義ダメージを50%UPし、さらにアビリティの古代の血が1回につき20%する

・真奥義の火力が高く、10秒間味方全体のゲージ3UPに古代の血が100%の時は2倍の効果を得られる

・現在入手不可だが、復刻時には一番オススメしたいキャラ

Sランク

剣士ベリック

(火属性)

・マギアドライブ中の真奥義は非常に高火力で10秒間味方の最大HP20%UP+物理ダメージ+100%UPのサポート付き

・奥義は10秒間、味方全体の奥義ゲージ3UP持ちでゲージサポートもできる

・スキルにも自身の奥義ゲージ20UP+マギアドライブ状態時、さらに20UPと自身のゲージ回りもかなり優秀

覚醒ロゼッタ

(水属性)

・マギアドライブ中の真奥義で10秒間敵の水、魔法耐性DOWN+25秒間自分以外の味方奥義ゲージ3UPできる

・アビリティでマギアドライブ状態時、自身の奥義ゲージ10自然上昇を持ち、自身のゲージ回りも優秀

・奥義でマギドライブ時間を伸ばせる

桜華一刀流ミラ

(樹属性)

・真奥義は25秒間、味方全体の被ダメを合計4200無効化+HP120自然回復で味方を守れる

・奥義は10秒間、味方の樹属性ユニットのダメージ30%UP+クリティカル率80%UPと樹属性であれば破格の恩恵を受けられる

・自身の火力自体も高く、初心者でも非常に使いやすいキャラ

覚醒リヴィエラ

(樹属性)

・マギアドライブ中の真奥義火力が非常に高く、真奥義使用時には奥義ゲージ100UPするのでゲージ回りも優秀

・アビリティのスタートダッシュでWAVE毎に奥義ゲージが100UPする

・クリティカル100%にするには奥義を5回打つ必要がある

・マギアドライブ中の被ダメアップや防御が低いので耐久面は非常に弱い

覚醒ノルン

(樹属性)

・スキルで敵の状態異常耐性を下げることができ、奥義の高確率麻痺との相性がいい

・アビリティに味方機族の全ステータス15%UPを持ち、真奥義も自身の全ステータス50%UPとなっていて耐久力も高い

・さらに真奥義発動時に味方全体の奥義ゲージ20UP、20秒間ゲージ3UPと味方のゲージ補助もできる

覚醒アッシュ

(闇属性)

・真奥義は敵の奥義ゲージ減少、被ダメ50%UP、行動速度30%UPとかなり優秀なデバフが詰め込まれていて、味方の攻撃面、防御面どちらのサポートができる

・奥義は特に強い点はないので真奥義で回す必要がある

・高難易度にも連れて行きやすい点も優秀

漆黒銃皇フェン

(闇属性)

・真奥義は高火力+高確率で暗闇付与、味方の闇属性ユニットの奥義ゲージ20UP+20秒間、味方全体の奥義ゲージ3UP、命中率30%UPとゲージサポートも優秀

・スキルで闇属性耐性をDOWNさせるので、新奥義の効果も含めて闇属性パーティで使いたいが、闇属性パーティでなくてもゲージサポートキャラとしては優秀

 

Aランク

覚醒ジェラルド

(火属性)

・真奥義は味方全体の奥義ゲージ15UP+自身の状態異常回復、20秒間、味方全体への攻撃を庇い、自身の被ダメを合計15000無効化

・奥義では奥義ゲージ10UP、合計8000無効化

・アビリティに戦闘中、一度だけHP1で生き残り、HP50%、奥義ゲージMAX分自然回復

・セティスに次ぐディフェンダー能力を持つ

蒼氷麗刃メリア

(水属性)

・真奥義は高火力で味方全体のクリティカル率100%UP+味方の水属性ユニットのダメージ60%UPと強力なサポートも持つ

・奥義の氷結耐性DOWNとスキルの確率で氷結の相性相性がいい

・チュートリアルで選べるコルセアとの相性がいい

覚醒ウィーバ

(水属性)

・真奥義は高火力で13秒間、敵の水属性耐性30%DOWN+味方全体のクリティカルダメージ50%UPを効果持つ

・奥義は味方全体の奥義ゲージ20UP+味方全体の被ダメを2000無効化

・火力サポート、ゲージサポート、バリアとやれることの多いキャラ

覚醒フェン

(樹属性)

・真奥義は20秒間、味方全体の奥義ゲージ3UP+装備ダメージ50%UPと優秀なゲージ補助を持つが、火力は低い

・奥義は味方全体の装備CT速度25%UP、スキルは味方全体の奥義ゲージ4UP

・味方のゲージサポートキャラの中ではかなり優秀なキャラだが、限定英雄交換券でも入手できる

覚醒ソニエ

(光属性)

・真奥義の12秒間、味方全体の麻痺、氷結耐性100%UP+奥義ダメージ+30%UPやアビリティの味方全体の命中率30%UP+クリティカルダメージ30%UPで火力補助ができる

・奥義は15秒間、味方全体の奥義ゲージ2UPでゲージサポートができる

・援護5を2つ持てるので、基本的にワンパンパーティのゲージサポートと火力サポート役

限定英雄交換券でも入手できる

 

覚醒メリア

(闇属性)

・真奥義は高火力で奥義ゲージ20吸収+10秒間、味方全体の魔法ダメージ50%UP付き、さらに時止めも入る

・奥義も時止めが入り、決して長い時間ではないが、敵の動きを止められるのは優秀

・2体持っていても強いので、もし被った時にがっかりしないのも嬉しいポイント

限定英雄交換券でも入手できる

 

漆黒剣皇ケイン

(闇属性)

・ 真奥義は非常に高火力で発動するたびに、味方全体のダメージ15%UP+20秒間、闇属性ユニットの攻撃力100%UP

・全体ダメージUPは4回発動しないと上限の60%には届かない

・奥義でも敵の被ダメを上げられるので、火力サポートができる

・闇パーティで使いたいキャラだが、闇属性以外も恩恵は受けられる

まとめ

ここまで紹介してきたことをまとめます。

・キャラ選択は「コルセア」を選ぶ

・始めて最初のガチャは単発で回す

・目当てのキャラが排出対象でないときは錬金ガチャでリセマラする

・筆者的、初心者への一番オススメキャラは「ヴォックス」

以上、まとめでした。

錬金ガチャのリセマラは回せる回数もその回によって左右する上に、狙いキャラが出る確率も相当低いので、錬金ガチャでリセマラをする際には何体か妥協ラインも設定しておくといいと思います

 




コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら