CoDやフォートナイトでPS4のクロスプレイが解禁!?今後のソニーの方針について

最終更新日

これまで限定的に行われていたPlayStation 4と他のプラットフォームとのクロスプレイについて、今後はあらゆる作品に開放されていくことが明らかになりました。

海外メディア「WIRED」のインタビューに、ソニーインタラクティブエンタテインメント(SIE)のCEOであるジム・ライアン氏が答えています。

PS4クロスプレイの現状

SIEはこれまで、クロスプレイに対して慎重な姿勢を見せてきました。Nintendo SwitchやXboxOne、PC同士ではクロスプレイができても、PS4だけは非対応である事例は少なくありません。

その方針が大きく変わったのが、2018年の9月です。人気バトルロイヤルゲームの「フォートナイト」において、ベータテストの形でクロスプレイがスタートしました。

その後2019年1月には、人気対戦ゲームの「ロケットリーグ」においても、クロスプレイが可能になっています。

そして今回、全面的なクロスプレイの開放をCEOが明言しました。

第1弾はCoD最新作に


出典: www.jp.playstation.com

PS4のクロスプレイに対応する第1弾タイトルは、2019年10月25日に発売される「Call of Duty: Modern Warfare」です。本作はPS4のほか、XboxOne、PC向けに発売を予定しています。

マルチプレイでは、2VS2の接近戦から従来の6VS6、さらに大人数による大規模バトルも楽しめるとのことで、クロスプレイにはうってつけのタイトルと言えるでしょう。

それ以降の具体的な取り組みは明らかになっていませんが、記事中では「これが最後ではない」ともしていることから、今後もクロスプレイ対応の作品は増えていくものと思われます。

PS4のクロスプレイ対応が始まれば、マッチング時間の短縮やプレイヤースキルのばらつき軽減、協力プレイが可能になるなどの効果が期待されます。今後の動きに注目しましょう。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら