【王室姫蜜】リセマラは不要!?王室姫蜜の魅力をプチ紹介!

最終更新日

↓こちらからダウンロード!↓


どうもポニポニです!今回は2019年12月27日にリリースされた新作アプリ「王室姫蜜ー夜に蠢くお姫様たちの禁断大奥」のリセマラについて話していきますよ!

もちろんアカネさんとレンさんも一緒です。

 

さて、普段ならリセマラ手順などを紹介していくんですが……タイトルにもあるように、王室姫蜜ではリセマラ不要!

それだけだとここで話が終わってしまうので、今回は王室姫蜜がどんなゲームなのかの紹介とプチレビューをしていきたいと思います。

どんなゲームなの?

まずは軽く王室姫蜜がどんなゲームなのかをご紹介。

公式ジャンルとしては「人生体験育成RPG」とのことですが、育成シミュレーションの方がイメージに合っているかもしれません。

 

全体的なストーリーとしては、官人となった主人公が100人を超える美女や家臣になる武将などと出会いながら、どんどん昇官していき皇帝を目指す感じ。

 

プレイヤーの性別は男性・女性と選択可能ですが……女性を選んでプレイしてもしっかり美女と出会えますし、跡継ぎも授かります。

まぁ、そこにはあえてツッコみません!

 

資産経営で銀両・食糧・兵士といった資産を増やしていきつつ、家臣を育成し、物語を進めていきながら勢力を大きくしていくのがメイン。

その他にも、跡継ぎの育成や家臣や美女と出逢うための「訪問」といった要素などもあり、ゲームを進めていけばいくほど様々なコンテンツが開放されていきます。

アカネ
アカネ

ふむふむ……育成がメインだけど色んな楽しみ方があるって感じかな?

レン
レン

というよりは、あらゆるコンテンツが育成に繋がっている感じね。全ては育成のためにあると言っても過言ではないわ。

リセマラは不要!ガチャはないの?

事前登録報酬で様々なアイテムは貰えるものの、リセマラ要素・ガチャはありません。

美女や家臣と出会うコンテンツである「訪問」も、ガチャとは少し違うシステム。

 

基本的にランダムで様々な場所を訪問し、その行き先にいた相手と親交を深めていくんです。

一定値まで親密度を満たせば、美女や家臣を獲得できます!

 

そんなわけで、王室姫蜜ではリセマラ不要。

アカネ
アカネ

ガチャなしでもキャラを獲得できるのは嬉しいけど、リセマラなしかぁ……残念。

レン
レン

毎回美女や家臣と会えるわけじゃなく、資産やアイテムを獲得するイベントに遭遇することもかなり多いわ。

王室姫蜜の魅力をプチ紹介!

王室姫蜜の最大の魅力は……なんと言っても育成でしょう!

美女との間に生まれた跡継ぎの育成であったり、家臣の育成であったり……ゲームの大部分は全て育成に繋がっています。

 

家臣は、単純なレベル上げだけではなく「資質」を伸ばしたり「アビリティ」を強化したり、ステータスの数値を直接上げるアイテムを与えるなど、様々な方法で育成可能。

 

育成ゲーが好きな方にはオススメですよ。

ちなみに……跡継ぎが大きくなると、他プレイヤーの跡継ぎと縁談を進めることも可能。

 

こういった部分が人生体験の部分なんでしょうね。

アカネ
アカネ

どっちかって言うとアタシは戦闘メインの方が好きだけど、育成もいいよね!

レン
レン

いくら家臣を育成しても、兵士が全くいなければ物語で勝てないから資産経営が1番大事だけれどね。

最後に

以上、リセマラについてでした!

 

序盤攻略記事本音レビュー記事も作成するので、もしよければご覧ください。※作成しました!下にリンクあり。

 

独特の魅力がある王室姫蜜、広告で見かける内容とは違うものの、育成ゲーとしてはなかなか良質なゲーム。

まだインストールしていない方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてくださいね!

 

新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

↓もしよければフォローしてください!↓

ポニポニツイッターアカウント

 

2人もお疲れ様です、次の記事でもよろしくお願いします。

アカネ
アカネ

お疲れ様!あ、訪問でリセマラするってのはどう!?

レン
レン

序盤は出会える家臣も低レアだし種類も少ないから無意味よ。どれだけリセマラしたいのよ……皆さんもお疲れ様、また会いましょう。

↓王室姫蜜のダウンロードはこちらから!↓


↓序盤攻略・本音レビュー記事はこちら!↓

 

© copyright 2019 www.3syua.com/rlwj All Rights Reserved.




コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら