【LYN】本音満載レビュー!本格的な育成と豊富なコンテンツを楽しめる良RPG!【リン】

最終更新日

わからないことはオープンチャットで聞いてみよう!

↓こちらからダウンロード!↓


どうもポニポニ(@ponitemaweapon)です!

今回は2020年6月24日にリリースされた新作アプリ「LYN: The Lightbringer」(リン ザ ライトブリンガー)を本音でレビューしていきますよ!

もちろんアカネさんとレンさんも一緒です。

 

「リネージュ2」でアートディレクターをしていた方が創り出した独特なキャラクターデザインや、美麗2Dイラストがそのまま3Dとなって動くという独自の3D技術が注目されていたリン。

 

ですが、その本当の魅力はもっと別なところにあると感じました。

その魅力とは一体なんなのか……それについても、じっくり話したいと思います。

 

それでは、実際にプレイしている私が個人的に感じたリンの良いところや悪いところについて語っていきましょう!

アカネ
アカネ

んー確かに、見た目だけが特徴的ってのも褒めてるんだか貶してるんだかわかんないもんね。

レン
レン

独特な見た目ってのは人を選ぶ要素でもあるしね、他に語る部分は沢山あると思うわ。

ゲームジャンル・公式動画など

ジャンル

公式ジャンルは3Dリアルタイムコマンドバトル。

本格育成×RPGとも言えます。

公式動画



 

まずはこちらの公式トレーラー・コンセプトムービーを見てもらえれば、実際のゲーム内グラフィックを確認しつつゲームの世界観などを掴めますよ。

あとOPで流れるテーマ曲が凄く良い……。

基本的なゲーム内容・ゲームの流れ

王道ストーリー&難度が上がっていく戦闘

ネタバレになるので詳しくは話せませんが、闇と光がテーマに大きく関わってくる王道的なストーリー(エピソード)はなかなか楽しめます。

時々入るシーンでは豪華なフルボイスですし、ゲーム内のグラフィックでそのまま動くのも個人的には好き。

 

そして……エピソードですら戦闘の難度がどんどん上がっていくので、必然的にキャラクターの育成・チーム編成・戦闘中の操作などが大事になっていくバランスも良いですね。

 

どこまでもサクサク進めるゲームも魅力的ですけど、超えるべき壁が段階的にちゃんと用意されているゲームも私は魅力的だと思うんですよ。

 

戦闘中の操作と言っても、通常のスキルはセミオート発動に任せて、究極技だけ手動で連続して発動させるくらいでもいいので複雑じゃありません。

完全オートや2倍速機能もあるので、簡単なところは完全放置でもいいですしね。

※究極技を連続して発動させると威力が上がる

 

戦闘中のカメラワークは3種類用意されていて常に切り替え可能など、細かいところにこだわりが見られます。

アカネ
アカネ

ちょっと壁が高すぎる気もするけど、確かに『難しい』ってのも大事な要素だよね。

レン
レン

そういうところも含めて、好みが分かれるゲームだと思うわ。

とことんキャラクターを育成できる

育成要素の数自体はそこまで多いというわけではありませんが、1つ1つ極めるまではかなり長い道のり。

 

レベル上げ・レアリティ(星)上げ・限界突破・スキル強化と、王道的な育成要素はもちろん、最大レベルまで育てた同ランクキャラを合成して1つ上のレアリティのキャラを獲得する要素もあり。

※LYNではいわゆるレアリティをランクと呼び、キャラのランク(星)をレアリティと呼びます

 

装備は6種類装備可能で、装備自体にもレア度・ランクがあり……こちらも、最大まで強化した装備同士を合成して上位レアリティを狙うことが可能。

 

ここだけ聞いても、どれだけ育成が奥深いものかはわかってもらえるでしょう。

当然、そういった育成の素材集めのために何十回・何百回と同じ戦闘を繰り返す必要があるんですけど、自動周回機能で数十回程度は軽く放置しながら戦闘できるのであまり苦じゃありません。

 

基本的な内容・流れとしては……とことんキャラクターを育成しつつ、エピソードを始め大量のコンテンツを楽しんでいく感じです!

アカネ
アカネ

素材用クエストを数回やってレベルマックスー!ってわけにはいかないってことだね!アタシ的にはこういう方が好き。

レン
レン

一定以上のランクを持った装備にはランダムで追加ステータスもつくから、そういう厳選作業も楽しめるわよ。

LYNの魅力

育成したキャラを活躍させるコンテンツ量が膨大!

さっきはあえて触れませんでしたが、育成素材・装備などを集めるコンテンツ量が凄いんですよ!

挑戦系コンテンツとされているんですけど、その数なんと8種類。※2020年6月27日時点で未実装のコンテンツ含

 

その中にはリアルタイムで他プレイヤーと協力してボスを倒す「レイド」や「ワールドレイド」、ギルドメンバーと共に巨大ボスに挑む「ギルドレイド」も含まれています。

 

もう……なんか、凄くないですか?

下手すると育成要素の種類より育成コンテンツの方が多いんじゃないかってレベル。

 

それだけの育成コンテンツがあるのだから、当然育成したキャラを活躍させるコンテンツも欲しいところですよね。

安心してください、対戦系コンテンツも沢山用意されています。

 

まだ未実装のコンテンツもありますが、他プレイヤーデータと戦う「争奪戦」・リアルタイムで戦う「競争戦」は実装済。

未実装コンテンツは「大戦場」・「ギルド戦」・「ギルド占領戦」と、名前からして熱い戦いを楽しめそうなコンテンツばかり!

 

こういった対人コンテンツが苦手な人にとっては微妙かもしれませんけど、対人コンテンツが好きな人にとっては凄く楽しめるゲームと言えるでしょう。

とことんキャラを育成するのが好きな人なら、無理してコンテンツに参加せずに育成だけ楽しむのもアリですしね。

アカネ
アカネ

ホント、やれることがめちゃくちゃ多いよね!自動戦闘とか周回機能があるから、操作しなきゃいけない時間はそんなに多くないけどさ。

レン
レン

流石にレイドコンテンツとかは手動操作じゃないと他のプレイヤーに迷惑をかけてしまうけれどね。育成好きで対人好きなら魅力たっぷりよ。

低ランクキャラまできっちり3Dモデルが用意されている!

150種類以上いるキャラ全てに、2Dイラスト・3Dキャラモデルがしっかりあるのが良いですね。

正直、キャラによって3Dのクオリティに差を感じましたが、上記画像の「サキュバス」を見ればわかるように低ランクだからダメってことはありません。

 

キャラクターデザイン自体が独特なので人を選ぶとは思いますけど、キャラデザが好みなら……モンスター・戦士系・美少女系まで幅広いキャラを見て楽しめると言えるでしょう。

アカネ
アカネ

難しい技術とかはよくわかんないけど、2Dイラストがそのまま3Dキャラとして動くって不思議な感覚だよねー

レン
レン

好きな人はとことん好きになる……リンはどこまでもそういう感じのゲームと言えるわ。

課金周り・不満なところについて

ここからは少し口調を崩しつつ、より本音で話していきますよ!

無課金でも楽しめるの?

個人的には何の問題もなく楽しめると思います。

 

キャラの限界突破(強化)を最大までしたいだとか、対人コンテンツで上位を目指したいとなると無課金では正直厳しい。

だけど、無課金だから育成ができない・無課金だからガチャが全然引けないってことはありません。

 

有償課金通貨「ブルーダイヤ」限定の装身具(装備の1種)ガチャがあり、無償通貨のレッドダイヤではそのガチャが引けないというのがちょっと残念なくらい。

ブルーダイヤじゃないと手に入らないキャラとかはいないので安心してください。

 

対人コンテンツの争奪戦ではレッドダイヤを「毎日」順位に応じた量が貰えますし、デイリーミッションなども合わせると……。

毎週キャラガチャを10連引く分くらいのレッドダイヤは無課金でも獲得可能なんですよ。

 

毎月ではなく、毎週!

これで楽しめないというのなら、それはむしろゲームをやり込みすぎ&楽しみすぎて物足りないということでしょう。

アカネ
アカネ

ホント、無課金に結構優しい方のゲームだよね!争奪戦だって、無課金でも3桁順位の人とか結構いるしさ。

レン
レン

リセマラで強キャラを獲得しておけばかなり攻略が楽になるけれど、リセマラしていなくてもいずれ引けるって言える程度にはガチャを引けるから問題ないわ。

オススメの課金要素は?

私は無課金でプレイしていますが、課金するなら「週間ダイヤパック」を買っておけば間違いないと思います。

ブルーダイヤをかなりお得に獲得できますからね。

不満なところについて

んー……私としては、特に大きい不満はありません。

さっき話した装身具ガチャくらいで、それも大きな不満というほどではないですし。

 

ただ、ネットのクチコミ・感想・評判などをチェックしていたら「エピソードがいきなり難しくなるのが辛い」といった意見を結構見かけました。

 

確かに、エピソードなどで行き詰まる→育成コンテンツをとことん周回して育成する……みたいな場面は多いので、サクサク進められるのが好きな方だと不満に思うかもしれませんね。

 

他にも様々な意見を見かけましたが、ゲームに対する不満というより個人の好みという感じでした。

 

というわけで、今回の不満点は……

  • レッドダイヤでは引けないガチャがある
  • 少し進めて行き詰まる→しばらく育成するという流れが多くて辛い(ネットの声)

の2点でしょうか。

 

どちらも大きい不満というほどではないでしょう。

育成の周回は基本自動周回で済みますし……。

人を選ぶゲームではあると思いますが、個人的にはかなり好みのゲームですよ。

 

なんて言うか、ひたすら周回して少しずつ装備とかを鍛えて強くなっていく感覚……ああいうの、好き。

こういう感覚がLYNの真の魅力だと思うんです!

アカネ
アカネ

あらら……今回は不満アリかぁ。アタシは全く不満ないけどね!

レン
レン

私もほぼほぼ同じような意見だけれど……1つ追加するなら初期バッグ容量の少なさね。まぁ、レッドダイヤの配布量が多いから拡張できるし、不満ってほどではないけれども。

まとめ

良いところ・悪いところ

ここがオススメ!
  • とことん育成を楽しめる
  • コンテンツ量が豊富で常にやれることがある
  • 全キャラに2Dイラスト・3Dモデルがある
ここがちょっと……
  • 無償通貨では引けないガチャがある
  • 攻略に行き詰まる→育成の流れが多くて必要周回数が多い(ネットの声)

最後に

以上、本音レビューでした!

 

とことん育成するのが好き・熱い対人コンテンツを楽しみたい人にはかなりオススメできるゲーム。

無課金でもキャラガチャは沢山引けるので、気軽にプレイしてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに……ブルーダイヤ限定で引ける装身具ガチャの画面がこれなんですけど。

 

もしこのキャラがツインテではなくポニテであったならば、私はめちゃくちゃ怒っていたでしょう。

こんな可愛いキャラが表示されているガチャ画面に無課金だと行く必要がないなんて酷い!と。

 

まだインストールしていない方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてください!

 

リセマラ記事や序盤攻略記事もあるので、もしよければご覧ください。

ここまで聞いていただきありがとうございました!

 

新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

↓もしよければフォローしてください!↓

ポニポニツイッターアカウント

 

2人もお疲れ様です、他の記事でもよろしくお願いしますね。

アカネ
アカネ

お疲れー!なんか最後の最後に変なこと言ってた気もするけど……今回はまともな長さで安心した。

レン
レン

ポニポニにとっては褒めてるつもりなんでしょう。いや、ただポニテキャラが好きなだけかしら……皆さんもお疲れ様、また会いましょう。

↓LYNのダウンロードはこちらから!↓


↓リセマラ・序盤攻略記事はこちら!↓



© Pulsar Creative. All rights reserved.

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら