【ラスクラ】本音レビュー!育成の可能性は無限大!?爽快なバトルが楽しめる!遊び心満載の本格RPG【ラストクラウディア】

最終更新日

PR


Sponsered by AIDIS Inc.

人と魔獣が暮らす世界が舞台のドットキャラ×アクションRPG「ラストクラウディア」(ラスクラ)。

 

プレイし始めて1週間、気づけば2章クリアまで夢中で進めてしまいました。

一言で表すなら、RPGの楽しさがとことん味わえるゲーム!

 

ドット絵のキャラクターによって紡がれる王道ファンタジーはどこか懐かしく、やり込み甲斐のある育成や周回要素を楽しんでいると、まるで子供の頃に戻ったようです。

 

それでは、実際に遊んでみて感じた良いところも悪いところも、本音でご紹介していきますね。

ラストクラウディアはこんなゲーム

ジャンル

ジャンルはアクションRPG

ドット絵のキャラクターをリアルタイムで操作して、特技や必殺技を繰り出していく爽快なバトルが特長です!

公式動画

こちらのPVで、ストーリーやシステムが確認できますよ。

ゲームの魅力&コンテンツ紹介

ストーリーやマップで味わえる懐かしくも新鮮なゲーム体験!

物語の舞台は、人と魔獣が暮らす世界「グランゼリア」

オルダーナ帝国の若き騎士カイル魔獣のレイは、ある任務をきっかけに世界の存亡を揺るがす危機と立ち向かうことになります。

謎の少女ティリア・帝国を支える十賢臣・敵対組織ブレイズのリルベットなど、序盤から魅力的なキャラクターが続々登場。

熱くまっすぐな主人公カイルを中心に世界が動いていくストーリーに、ぐいぐい引き込まれます。

 

ドット絵で描かれたキャラクターが表情豊かに動き回る画面には、スーファミや初代PSRPGに親しんだ世代なら懐かしくなること間違いなし!

 

ここに3D背景やカメラワークなどの往年のゲームにはない新鮮な演出が加わり、幻想的なBGMも相まってワクワクは最高潮に。

ぜひスキップせずにじっくり見てほしいと思います!!

ラスクラの世界観を味わえるのは、ストーリーだけに限りません。

 

ユニットや古代文明の遺物「アーク」をレベルアップしていくと閲覧できる「図鑑」のエピソード。

ワールドマップで怪しいところをタップしてみると、思わぬ発見があることも!

 

冒険するほど、グランゼリアの広大な世界とその長い歴史が感じられる工夫の数々にうなるばかりです。

なんと、街で買ったグルメガイドが読めます。

 

スマホゲーの感覚でプレイできるのに、寄り道をどっぷり楽しめる満足感はまるでコンシューマゲームのよう。

思わず「基本無料でいいんですか!?」と言いたくなってしまうくらい感動しました。

迫力溢れるリアルタイムバトル!

魔法や必殺技、召喚獣!

ドットキャラクターが活躍する迫力満点のリアルタイムバトルは、ラスクラの大きな魅力です。

 

編成はプレイヤーのユニット3名+サポートユニット1名。

※「アリーナ」ではプレイヤーのユニット4名。

操作したいユニットがいつでも切り替えられて、操作中のユニット以外はオートで行動します。

 

ユニットはバトルフィールドの中で自由に移動が可能。

プレイスキルを磨いていけば、各個撃破や集中攻撃を切り替えたり、敵の背後へ回ったりと、戦術を駆使できちゃうんです!

ちょっと難しそうにも見えますが、アクションが苦手な方でも安心

魔法を使用するときは一時停止になりますし、通常攻撃のみオートフルオートといった設定もできるので、自分に合った操作感覚で爽快なバトルが楽しめますよ。

歯応えがあり自由度の高い育成!

育成要素が盛りだくさんなのも重要なポイント。

 

ユニットのレベルは最大100

ガチャで何枚も同じカードを揃える必要はなく、素材を使用すれば最大レベルまでの「限界突破」が可能です。

パラメータアップや技を解放できる「能力解放」や、特技・必殺技の威力を上げる「潜在覚醒」で、さらにユニットを強化!

またプレイヤーによって個性が出せて面白いのは、多様なスキルを思いどおりに習得できること。

 

「アーク」をユニットに装備して、バトルでAPを貯めていくとスキル獲得!

習得したスキルはSC(スキルコスト)の範囲で装備できます。

 

物理アタッカーにデバフ系の魔法を装備してトリッキーな役割をさせたり、後衛ユニットに自動ガードを装備して防御面を強化したり……アイディア次第でいろいろな組み合わせができ、いくらでも育成を続けることができるんです!

 

アークにもレベルがあり、強化すると習得可能なスキルが増えていきます。

課金要素について

無課金でも楽しめる?

ラスクラは無課金でも十分に楽しめます。

 

特に序盤はクリスタルを集めやすい印象。

クエストを初回クリアするたびに100個前後入手でき、ログインボーナスやミッションなどの報酬も充実しています。

システムを活用しながらメインストーリーを進めるだけである程度ガチャを回せるので、ユニットやアークは入手可能です。

 

それから、ユニット育成の素材はバトル周回が主な入手手段。

より楽しみたいなら、課金よりは時間がたっぷり必要になってくるゲームだと感じました。

 

お目当てのユニットを手に入れたい・極限までユニットを強化していきたいなら、もちろん課金していた方が有利。

ランキング上位を目指す場合も、最新ガチャのユニット入手は欠かせません。

 

購入するなら、無償クリスタルのおまけが付いたお得パックがオススメ。

有償クリスタルで購入できる育成セットブースターもあるため、効率よくゲームが進められますよ。

ここはちょっと残念

モチベーションに関わると思われるのは、ガチャでユニットを入手する機会が少ないこと。

ラスクラのガチャはユニットとアークが排出される仕組みなので、10連でアークしか出ないこともしばしば……。

序盤から強いユニットを揃えておきたい方はもどかしくなるかもしれません。

 

ただし、ユニットは大勢いればいいというものでもないんですね。
ご紹介してきたように、育成要素が豊富なため1人を育てるまでに時間を要するからです。

 

自動で加入するユニットも十分強化していけますし、装備するスキルによって様々なタイプの敵に対応が可能。

ユニットを増やしていくよりは、気に入ったユニットを1人ずつしっかり育てていくのがオススメです。

 

それから育成に時間がかかるのも、忙しいプレイヤーにとっては気になるところ。

バトルの自動周回は可能ですが、1周あたりで敵と当たる回数(Wave)が多いので、倍速機能やスキップができるといいなぁと思ってしまいました。

 

周回はできないけれど育成素材の回収を急ぐときは、ピックアップユニットの強化アイテムセットを活用してみるといいでしょう。

無償クリスタルで購入できるのがうれしいですね!

まとめ

ラスクラのここが最高!
  • 往年のJRPGを彷彿とさせる熱い王道ファンタジー
  • ドットキャラクターによる迫力あふれるリアルタイムバトル
  • プレイヤー次第でどこまでも追求できる自由度の高い育成
ラスクラのここが残念
  • ガチャでユニットを入手できる確率が低い
  • 育成にかなりの時間と根気が必要

 

以上、ラストクラウディアの本音レビューをお届けいたしました!

 

RPGって、目的まで一直線に目指すのではなく、あちこち寄り道するのが楽しかったりしませんでしたか?

次に進む街を忘れてしまうくらいレベル上げに没頭したり、そのうち知らない建物にたどり着いたり、拾ったアイテムの説明をじっくり読んでみたり……そんな体験がスマホゲーでできるのが、他にないラスクラの魅力だと感じます。

 

ドット絵時代のRPGに馴染んだ世代には懐かしく、スマホゲーで育ってきたプレイヤーなら新鮮かつわかりやすいゲームになるはず。

「人と魔獣の絆が世界を変える」熱く前向きなストーリーと爽快なバトルを、ぜひ体感してみてくださいね!

 

↓ラスクラのダウンロードはこちらから!↓


Sponsered by AIDIS Inc.

↓リセマラ・序盤攻略記事はこちら↓



Sponsered by AIDIS Inc.
© 2018 AIDIS Inc.

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら