NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 2020開催決定!プロ野球12球団代表の熱いバトルが始まる!

最終更新日

プロ野球12球団の代表として選ばれた選手が、約2ヶ月間のeペナントレースを戦い、スプラトゥーン2日本一の球団を決める日本野球機構(NPB)主催のeスポーツリーグ「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」が今年も開催されます!
記事:chiro

昨年日本一に輝いた横浜DeNAベイスターズ代表「ハイパービーム」

出典: splatoon2020.npb-esports.jp

NPB eスポーツシリーズとは?

NPB eスポーツシリーズは日本野球機構(NPB)主催のeスポーツリーグで、現在は野球をメインに、動画視聴や観覧という新しい形でのスポーツの普及に取り組んでいます。そして昨年、野球コンテンツ以外のゲームタイトルを採用する「NPB eスポーツシリーズ」として初めて採用されたのが「スプラトゥーン2」です。

プロ野球12球団対抗と言っても野球対決をするのではなく、球団代表としてスプラトゥーン2で戦う大会ですのでお間違えのないようお願いいたします!


出典: twitter.com

スプラトゥーン2が選ばれた理由としましては、子どもから大人まで幅広くプレイでき、シンプルなルールと競技性の高さから多くの方々に親しまれているゲームタイトルであることが挙げられます。選手が練習に励んで活躍する姿と、それを応援する人々を通じて文化的教養の向上をはかることが目的とされています。

[PR]

各球団代表選手の選考

各球団の代表となる選手は、のちに行われる「eドラフト会議」にて指名制で決定されます。
ドラフト会議に参加できる候補選手は、2019年10月より開幕している「第5回スプラトゥーン甲子園(予選)」出場者の中から選ばれます。参加を希望する選手はスプラトゥーン甲子園出場者に配布される応募カードに記載されている通り、応募フォームにて出場希望のエントリーをしましょう。(個人でのエントリーになります)

専門のスカウトマンがスプラトゥーン甲子園各地区予選大会の会場を視察し、エントリー情報と合わせて書類選考を行います。書類選考を通過した選手をオフライン選考会(実技)面談にてさらに厳選、最終的にドラフト候補者が選ばれます。

※前回はチーム単位でのエントリーでしたが今大会より個人によるエントリーに変更されました。


出典: twitter.com

大会スケジュール

大会の大まかなスケジュールは以下の通りです。

出典: twitter.com

eドラフト会議・研修会

時期:2020年5月下旬予定

eペナントレース

時期:2020年6月中旬〜8月下旬 毎週土曜または日曜
場所:オンラインまたは球団関連施設
ルール:ナワバリバトル
1チームあたりの稼働日は2〜3日間程度。
セ・リーグとパ・リーグに分かれて総当たり戦を行います。
※東京オリンピック期間中は中断

最終戦

時期:2020年9月上旬
ルール:ナワバリバトル・ガチマッチ混合
最終戦は2日間行われます。

1日目:eペナントレース最終節

各リーグのリーグ優勝チームを決定します。

2日目:リーグ代表決定戦・e日本シリーズ

リーグ順位をもとにリーグ代表決定戦を実施します。
各リーグの代表2チームでe日本シリーズを戦い、日本一の球団を決定します。

前回大会のまとめ

NPB公式HP

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら