鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)の評価レビュー | メタスコア72点、ストーリーや戦闘が高評価

攻略大百科編集部
URLコピー
PR

2019年8月22日にスクウェア・エニックスから発売された「鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)」。

死をテーマにした重厚なストーリーが注目を集めてきた作品です。

本記事では、海外メディアの評価を高評価と低評価に分けてまとめています。購入の際の参考にしてください。


出典: www.jp.square-enix.com

メタスコア72点の評価

世界中のレビューを集めた「Metacritic」のスコアは72点となっており、まずまずの評価を受けています。(2019/8/26時点:レビュー数14件)

現時点で具体的にどのような点が評価されているのか、詳しく紹介します。

評価の高い点

死について考えさせられるストーリー

人間の死、あるいは転生をテーマにした本作は、気軽に楽しめるストーリーかと言われれば、そうではないでしょう。

ただし本作における死は、決してネガティブなものとはとらえられていませんし、登場人物によってさまざまな考え方があることが分かります。

本作をプレイすることは、死について考えるひとつのきっかけになるかもしれません。

「Nintendo Enthusiast」は、「目的のある魅力的なメロドラマの物語。」として、90点をつけています。

戦闘の多様性

本作のバトルは、最大4人のキャラクターを切り替えて戦います。それぞれに特徴があるキャラクターは、レベルアップや武器の強化により、さらに多彩なバトルスタイルを見せてくれます。

「Nintenderos」は、「さまざまな武器と能力のおかげで興味深いゲームプレイになっている。」として、80点をつけています。

評価の低い点

戦闘が反復的

さまざまなキャラクターや武器が用意されている点については高く評価されているものの、結局は一定のリズムで繰り返すだけとの指摘があります。特にレベルアップが作業的になりがちとの評価もありました。

「GameSpot」は、「戦いで使用するデーモンをレベルアップするのは退屈でイライラする。」として、50点をつけています。

評価まとめ

「鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)」は、踏み込みづらい部分である死生観をテーマにし、美しいストーリーを創り上げました。

バトルについては、多彩さを評価する声と、単調さを指摘する声の両方があります。とはいえJRPGに慣れ親しんだプレイヤーであれば、それほど違和感なく受け入れられるのではないでしょうか。

 

購入リンク・最安価格

PS4

商品情報を読み込み中です...

Switch

商品情報を読み込み中です...

 

 

ランキング

  1. 【ぷにぷに】超ごほうび/ごほうびの間(レア)の体力(HP)|ギンガ(火星)【妖怪ウォッチ】
  2. 【ぷにぷに】灼熱の間(レア)の体力(HP)|ギンガ(火星)【妖怪ウォッチ】
  3. 【ぷにぷに】油風呂の間の体力(HP)|ギンガ(火星)【妖怪ウォッチ】
  4. 【ぷにぷに】イベントマップの隠しステージ解放条件|ギンガ(火星)【妖怪ウォッチ】
  5. 【ポケカ】タケルライコオーガポンデッキの強み・優勝デッキレシピを紹介|シナジーのあるカードも紹介【ポケモンカード】

新着記事

新着コメント

次回ニンダイは2024年6月のいつ?予想日と過去の内容紹介【ニンテンドーダイレクト履歴・周期まとめ】
2日前 15
ゲーマー 2日前

== 『ポケットモンスター』【第10世代での変更点】 == ”フォルムチェンジ”と呼ばれる現象によって、別のポケモンに切り替えることができなくなった。 「複数フォルムポケモン」と呼ばれるようになり、それぞれが完全に独立した1種類のポケモンとなった。 フォルムチェンジが廃止された理由は、ポケモン図鑑自体が姿違いではないため。 「1つの図鑑番号ごとに、複数のポケモンを共存させることは無理」と開発者は考えている。 「フォルムチェンジ系のポケモンは、キャラ立ちや攻略が曖昧になる欠点があったので、スッキリしてよくなったと思う」と開発者は考えている。

もっと見る
トップへ