【ラグオリ】ゲームレビュー・序盤の感想や本家RO&ラグマスとの違いを紹介【ラグナロクオリジン】

最終更新日

長年ラグナロクシリーズを遊び倒している筆者が「ラグナロクオリジン(以下「ラグオリ」)」の序盤をプレイしての感想などをご紹介いたします。

基本情報

ラグナロクオンライン(以下「RO」)は、18年続く国内でも代表的な MMORPG(多人数参加型ロールプレイングゲーム)です。そのラグナロクの新シリーズがスマホゲームとして新たに登場しました。

タイトル

Ragnarok ORIGIN ラグナロクオリジン

メーカー

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社

ジャンル

MMORPG

配信日

2021年 6月28日(月)

対応機種・環境

iOS 13.0以降 / Android 6.0以降 ※必要RAM:4.0GB以上

価格

無料

公式サイト

ラグナロクオリジン 公式サイト

https://ragnarokorigin.gungho.jp/

公式Twitter

@ragori_jp

既にラグナロクマスターズというスマホゲームもある中での新シリーズ開始という事もあり、ROユーザーだけではなくラグマスユーザーからもかなりの関心が寄せられています。

公式ムービー

公式サイトではプロモーションビデオ(PV)がいくつか公開されています。その世界観やキャラクターの可愛らしさ、職業ごとのスキルを使う様子等が見れます。

ゲームの内容

ラグオリは 幻想的で広大なフィールドを自由に冒険できる のが最大の特徴です。
可愛らしい見た目に、容姿や服装を自由にカスタマイズできる楽しさもあります。いろんな表情を作って他のプレイヤーとコミュニケーションを楽しむのもまた魅力の一つです。強さを求めていろんな実績を達成し、難関コンテンツに他のプレイヤーと挑み、自分の強さに磨きをかけるためのやり込み要素も多数用意されています。

ゲームにはメインとなるストーリーがあり、クエストを進めて様々な事件に遭遇します。王国の成り立ちから王家に伝わる伝承、王位継承をめぐる陰謀などのストーリーが展開されます。プレイヤーは一冒険者として王国やいろんな人達とかかわっていきます。オリジンというだけあって、ROと同じ時代であるルーンミッドガッツ王国の建国1000年後の話が中心に展開されます。

ストーリーモードではムービーもふんだんに使われており、没入感もしっかりあります。使用されている曲は基本的にROと同じ曲が使われており、RO経験者はなつかしいあの頃が思い出されます。

可愛いキャラクターを自由にカスタマイズして自分を表すアバターを作り、様々な装備品や衣装を集めてお洒落を楽しむこともできます。週に一回おしゃれコンテストもあり、ファッションリーダーのランキングもあります。

▲この衣装はリリース記念として全員に配布されている衣装です。

最大の魅力

可愛い見た目」と「自由に冒険できる」という点や、一人じゃ難しい敵でも 「他のプレイヤーと協力して強い敵を倒す醍醐味」、職業ごとに役割がしっかり分担されている点などラグナロク本来の面白さはしっかりと受け継がれています。
さらにグラフィックがより綺麗になっている点や、スマホゲームとしての自動化や放置の仕組みや機能がだいぶ細かい所まで配慮されている点も大きな魅力です。

他のラグナロクシリーズをプレイした事のある人なら、ROとラグマスのちょうど良いとこどりのゲーム と思っていただいてよいのではないでしょうか。

他のシリーズとどこが違うの??

各町の風景や雰囲気、フィールドの様子や生息するモンスターはROとほぼ同じ作りになっています。そしてスマホ向けゲームとしてのオート狩り機能や放置のしやすさは、ラグマスの良い所を生かしつつデメリットに改良を重ねたというイメージがあります。

少しずつ他のシリーズの良い所を持ってきて新しく作り直したような印象を受けますね。

ラグナロクシリーズ比較表

3つのシリーズを比較してみました。他のシリーズをプレイした事がある方はこちらで違いを確認してみてください。
※多少ラグナロクユーザー向けの省略用語を使用しています。

ラグナロク

オンライン

ラグナロク

オリジン

ラグナロク

マスターズ

サービス開始

2002年12月

2021年6月

2019年6月

費用

月額固定

+アイテム課金

無料

+アイテム課金

無料

+アイテム課金

オート

戦闘機能

×

疲労度

なし

有り

120分+60分/日

有り

150~240分/日

職業

基本6職業

猫・スパノビ

忍者・テコン・ガンスリ

基本6職業

(増える可能性あり)

基本6職業

猫・スパノビ

(2021年夏・忍者実装予定)

上位職

3次職まで

2次職まで

(今後増える予定)

4次職まで

作成可能

キャラ数

15 キャラ

4 キャラ

1 キャラ

別系統の職業

への変更

不可

不可

可能

※3キャラ目から

有料コイン必須

モンスター狩り

ラグオリの 狩りのスタイルは3種類 あります。
上位二つは時間の制約があり、二つの狩りが終わった後は疲弊状態での狩りをいつまででも続けられる仕組みになっています。

  • 通常狩り(120分):経験値有り、ドロップ有り
  • モンスター討伐(60分):経験値無し、ドロップ2倍
  • 疲弊状態での狩り:経験値&ドロップ無し、コレクション用ドロップ有り(討伐数稼ぎ)

この点でも、疲労度があるラグマスと時間制約が一切ない RO の両方の特徴を取り込んだ形のように思えます。

新コンテンツ

大きな違いは新しいコンテンツが多数用意されている事です。

MVPボスは皆で叩けば参加賞が1日に5回もらえますし、曜日別のイベントも毎日用意されています。BaseLvによってどんどん参加できる新コンテンツが増えてきています。

ギルド特有のイベントである「ギルド集会」も、今までにはなかった新しい遊び方の1つです。
曜日・時間限定で、ギルドの人達が集まっていくつかのミニゲームでわいわいと盛り上がります。ギルメンとペアを組んでゲームをクリアしたり、お得に経験値やアイテムをゲットできる楽しいイベントです。

課金要素について

もちろん課金要素もたっぷり用意されています。

ネコの実(有料コイン)を使う事でガチャはもちろん、武器の強化アイテムのパック専用衣装の購入、狩りが楽にある便利アイテムの購入など様々な有料アイテムが用意されています。
お洒落を楽しみたいまったり勢も、装備を超強化して全プレイヤーのトップを走りたい人も、短い時間で効率よく育成したい人にも、それぞれに便利なアイテムが有料コインで買えるようになっています。

職業・ステ&スキル保存機能

ラグオリでは、ステータスと職業のスキルを3つまで保存する事が可能です。
これはBaseLv45から解放される機能で、ここら辺はラグマスの「ユミルの書」と似ていますね。同じ職業でも異なるスタイルの育成が出来るように配慮されています。

課題点・デメリットなど

ROは古いMMORPGの為、その様子を再現した「今まで通りのMMORPG」ではユーザーが満足しないのが現状です。PC向けのゲームをスマホ向けゲームとして再現している為、どうしても画面が小さく情報が読み取りにくい点も気になります。

ROプレイヤーから見たら狩りに制限時間がある点は窮屈な感じがします。課金者優遇なのも当たり前の事なのですが、未課金者からしたらいくら頑張っても課金者を超えられないのは不満の一つになります。

また、2次元的なイラストが好きだったユーザーにとっては、3次元要素が強くなりあまり知っているラグナロクらしさが感じられない、という印象もあります。筆者も3次元より2次元が好きな方ですので、フル3Dのラグオリには少し抵抗も感じます。

そして多くの方が気にしている「露店機能」「取引機能」ですが、自由にプレイヤー間でアイテムやお金の移動は出来ません。取引所で購入したアイテムには「帰属マーク」が付き、再び取引所に出す事はできなくなっているため、転売する事もできません。複数アカウントでの不正な荒稼ぎを防止する為と思われますが、取引所に出せるアイテムの種類を制限したり、プレイヤー間でのアイテム譲渡を20コまでに制限している点も本家ROプレイヤーからみたら窮屈さを感じます。

まとめ

「ラグナロクオリジン」は、ラグナロクの新シリーズとしてまさに 懐かしくも新しい「ラグナロク」だと言えます。それでいて、ラグナロクを知らないユーザーにもぜひ、ラグナロクを楽しむなら是非ここからスタートしてもらいたい、という今までの18年分の思いが詰まった集大成といえるゲームだと思えます。

とはいえ、私はラグナロクオンラインやラグマスより優れている良いゲーム、とは言いません。それぞれのゲームの良い点&悪い点はありますので、どのゲームや遊び方を選んでも良い、ラグオリはもう一つの新しい形のラグナロクだと信じています。今までの歴史を振り返り、プレイしてきた皆さんの不満や満足をしっかり受け止めて新しく作られたゲームではないかと感じています。

今までの世界を大事にしている、ROやラグマスを続ける方に無理にラグオリにおいでとは言いませんが、ラグナロクを題材としたこの新しいゲームを、ちょっとでも興味を持ってもらえたなら是非気軽に遊びに来てください。昔遊んだことのあるプレイヤーさんも、全くのラグナロクを知らないユーザーでも、それなりに楽しんで過ごせる世界だと思います。

最後に、筆者が愛してやまないラグナロクの世界が今もこうして広がっていくことを嬉しく思っています。ぜひ皆さんと新しい世界で会える事を祈っています。



© Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

記事の間違いやご意見・ご要望はこちらへお願いします。

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。

ランキング

  1. 【ゼルダBotW】スクロールできる全画面マップ!試練の祠・コログの実・イワロックが地図上でわかる【ブレスオブザワイルド・ブレワイ】
  2. 【あつまれどうぶつの森】人気が高い住民・レアキャラまとめ【あつ森】
  3. 【ゼルダBotW】試練の祠:全120+DLC16の攻略チャート&完全マップ(改良版)【ブレスオブザワイルド】
  4. 【ゼルダBotW】ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 攻略大百科【ブレスオブザワイルド・ブレワイ】
  5. 【スカウォHD】全ストーリー攻略チャート[完全版]【ゼルダの伝説 スカイウォードソード】

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ