ニーアシリーズ時系列まとめ!DOD〜レプリカント〜オートマタまで小説・舞台も網羅

最終更新日
攻略大百科編集部

本記事では『ニーア レプリカント』『ニーア オートマタ』と『ドラッグオンドラグーン』(以下、DOD)シリーズの時系列をまとめています。

ゲームの時系列を中心に、分岐やループ説など考察の根拠となる書籍や資料とあわせて紹介します。

時系列まとめ

主な作品タイトル一覧

(上から時系列が古い順)

  1. 【漫画】どらっぐ おん どらぐーん ウタヒメファイブ
    … 『DOD3』本編より2年前の話
  2. 【ゲーム】DOD3 「ドラッグ オン ドラグーン3」
    … A分岐開始(物語の一章開始)が西暦1000年ごろ
  3. 【漫画】ドラッグ オン ドラグーン 死ニ至ル赤
    … 西暦1096年、ウタウタイ『ワン』(弟)の話 『DOD3』Aエンドから繋がる
  4. 【小説】ドラッグ オン ドラグーン1.3
    … 『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』に掲載された小説。 西暦1099年の話 『死ニ至ル赤』から繋がる
  5. 【ゲーム】ドラッグ オン ドラグーン
    …時期は『1.3』とほぼ同時期?
  6. 【ゲーム】ドラッグ オン ドラグーン 2
    …『DOD1』Aエンドから繋がる
  7. 【ゲーム】ニーア ゲシュタルト
    … DOD1の新宿エンド→ゲシュタルト計画から繋がる 西暦2049年にニーア(父)がゲシュタルト化
  8. 【ゲーム】ニーア レプリカント
    … 西暦2053年にニーア(兄)がゲシュタルト化
  9. 【舞台】舞台ヨルハ / 【漫画】ヨルハ 真珠湾降下作戦記録 /【小説】少年ヨルハ
    … レプリカントのEエンドからつながる世界、オートマタの前日譚となる物語
  10. 【ゲーム】ニーア オートマタ
    … 西暦11945年、アンドロイド、機械生命体の話
[PR]

大厄災からすべてが始まった

そもそも『DOD』シリーズは全て「西暦856年にイベリア半島で起こった『大災厄』によって分裂した多元世界」という設定があります。

つまり時系列の中で分岐が存在します。

  • 『DOD3』から繋がるのは『死ニ至ル赤』『DOD1.3』『DOD1』 ※この件に関しては後述します
  • 『DOD2』は独立しており、どこにも話が繋がっていない
  • 『DOD1』Eエンドから『ニーア』に繋がる

『DOD3』は西暦900年代後期から1000年ごろの話です。

『DOD2』はおよそ西暦1090年ごろの話で、後に繋がる話が見つからないことから『DOD3』『DOD1』とは時間軸や分岐などが異なっている可能性があります。

『DOD1』は西暦1100年ごろの話です。ここから『ニーア』シリーズへ直接繋がります。

多元世界について

ここで書いている多元世界、とは同じ世界観でありながら描かれることは全く『別の物語』のことを指します。要はパラレルワールドです。

ニーアとDODは元々全く別の物語ですが、世界観は同じ。

DOD1、Eエンドで全く別物だった二つの物語が繋がった、ということになります。

『DOD』と『ニーア』の関係性について

『DOD(ドラッグオン ドラグーン)』は2003年にPS2用ソフトとして発売されたアクションRPGです。

マルチエンディング方式を採用しており、エンディングの分岐によって後の作品に話が繋がってゆきます。

本作のEエンド(新宿エンド)からおよそ1000年後の世界がニーアシリーズ の世界、となります。

『DOD3』から『死ニ至ル赤』や『DOD1』に繋がるのは?

『死ニ至ル赤』はDOD3のAエンドから、その後『DOD1.3』まで繋がることは前項で解説しました。

しかし、『DOD1』に話をつなげるにはDOD3のAエンドのみでは辻褄が合いません。

BエンドやDエンドなど、他のルートにしかない要素も繋がるために必要であるからです。

ですがCエンドからは、確認している中でどの話にも繋がっていません。

※『DOD3』ストーリーサイド(小説)から繋がるという説もあるようです。

あくまで考察の範囲ですが、それぞれのエンディングやルートの要素を踏まえると単純な分岐、ではないように思われます。

複数のエンディングを統合しているのか、あるいは時間軸が異なるのか、はたまた別の理由かは現在のところ不明ですが、おそらく一番濃厚なのは、複数のエンディングを統合した上で『DOD1』が形成されたと見ています。

ディレクター『ヨコオタロウ』氏の話

『DOD』『ニーア』のディレクター『ヨコオタロウ』氏が過去に語ったインタビューによると『DOD』と『ニーア』は「別世界の物語ではなく『同一世界の過去・未来』を描いたもの」とのことです。

※インタビューの出典は不明です。筆者の記憶を元にしています。

『DOD1』のEエンドループ説

時系列に関係する話で、大きな謎になるのが『DOD1』のEエンド(新宿エンド)です。

このエンディングがループしているという説があります。その根拠はいくつかあるので紹介いたします。

Eエンドとニーアの繋がり

Eエンドを見る条件として「作中に出てくる武器を全て集める」必要があります。

そのEエンド終了後に、ニーアシリーズの世界につながることが示唆されています。

詳しくは参考書籍で

商品情報を読み込み中です...

商品情報を読み込み中です...

ニーアの世界で登場する武器は浮遊・瞬間移動をするため、ただの武器ではないと推測されます。

これは、DOD1のEエンド時に新宿で死亡した竜が生み出したエネルギーがまとわりついたためと考えています。

大災厄を複数回経験しているキャラクターがいる

『DOD3』に登場する「アコール」というキャラクターが、大災厄を複数回経験していると思われる記述があります。

アコールについて詳しくは

アコールに関しては『ニーア オートマタ 攻略設定資料集』に詳しい情報が載っているのでそちらをご確認ください。

商品情報を読み込み中です...

スマートフォン用ゲーム『シノアリス』では、アコールのシナリオが公開され、「前回の大災厄」と記述がありました。

以上より「大災厄」を含めて世界がループしている説はかなり濃厚です

どの順番で遊ぶべき?

どの作品から遊んでも、これといった問題が生じることはありません。

現時点で遊びやすいのは間違いなく『NieR/Automata』か『NieR/Replicant』のリメイクです。

この2つは自信を持っておすすめできます。

世界観をしっかりと味わいたいのであれば『DOD』と『ニーア』を分けて遊ぶべきです。

ニーアを遊ぶのなら、ニーアを完走して、その後で『DOD』を遊ぶとよいでしょう。

逆も然りです。

商品情報を読み込み中です...

商品情報を読み込み中です...

『ニーア リンカネーション』について

出典: nierreincarnation.jp

スマートフォン用ゲーム『NieR/Re[in]carnation (ニーア リンカネーション)』は、これらの時系列へどのように関わっているかを考察します。

リンカネーション(通称リンカネ)では、『ニーア オートマタ』『ニーア レプリカント』『DOD3』のコラボイベントがあり、同作のキャラクターや武器が登場しています。

しかしながらこれらが具体的にリンカネのストーリーと関わりがあるかは示されていません。

作中に出てくる「武器」に刻まれた記憶を修復し、その力を手に入れる……という設定があるため、記憶さえ武器に残っていればいくらでも過去作のキャラクターを使役(召喚)可能、ということにもなり得ます。

 

本作のお披露目会で、ディレクターの「ヨコオタロウ」氏は未来という表現を使用しました。

そのため『ニーア オートマタ』よりも先の話であることが考えられますが、現時点(2021年7月)では具体的な関連性は判明していません。

主な参考資料

商品情報を読み込み中です...

商品情報を読み込み中です...

商品情報を読み込み中です...

商品情報を読み込み中です...

ドラッグ​オンドラグーン ワールドインサイド (DRAG-ON DRAGOON 10周年記念BOXに収録)

商品情報を読み込み中です...

商品情報を読み込み中です...

商品情報を読み込み中です...

商品情報を読み込み中です...

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ